・ロバート秋山にソックリのウエディングプランナー?

Licensed by gettyimages ®

皆様、ウエディングプランナーというお仕事をご存知でしょうか。ウエディングプランナーとは結婚式をプロデュースするお仕事であり、二人にとっての特別な一日の内容を共に考えて提案していく大変やりがいのある仕事です。

そんなウエディングプランナーにロバート秋山にソックリな方がいるということでネットを中心に話題となっています。

・ロバート秋山さんと言えば…

出典 http://search.yoshimoto.co.jp

お笑いトリオ「ロバート」の一人である 秋山竜二さんのことです。(上の写真の中央に写ってらっしゃる方です。)

・ロバートのプロフィール

ロバートは、日本のお笑いトリオ。
吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。1998年結成。吉本総合芸能学院東京校4期生。キングオブコント2011優勝者。

■秋山
- 行動力・判断力・集中力の強いアクティブタイプ(ただし典型的タイプではない)。目力が強く、理性的で意外に二枚目な“ハンター的な目”をしている。ハンターには所有欲が強い人が多い。秋山は様々な特異なキャラクターを演じ、北九州弁でボケる。その個性が特に『はねるのトびら』で活かされている。

出典 https://ja.wikipedia.org

色んな表情を見せて笑わせてくれるロバート秋山さんはとても面白いと若者を中心に人気がある芸人さんです。

・ウエディングプランナーとは

Licensed by gettyimages ®

ウエディングプランナーは、結婚を控えるカップルの結婚式をプロデュースする仕事です。結婚式を開くとなれば、予算や日取り、衣装、招待状の手配など、決めるべきことがたくさんあります。
ウエディングプランナーは、お客さまの意見や要望を聞きながらそれぞれに対して最善の案を提案し、素晴らしい結婚式になるようトータルでサポートしていきます。

出典 http://careergarden.jp

ウエディングプランナーと言えば綺麗な方が多いイメージですが、ロバート秋山さんにソックリな方がいるなんて少し興味がわきます。

・揚江美子さん(47歳)

出典 https://twitter.com

ロバート秋山さんにソックリだと評判なのは揚江美子さん。幼少期は中国大連で過ごされ、18歳で日本に来られたカリスマ・ウェディングプランナーであり、トータルウェディングプロデューサーとのことです。凄い人なのですね!

この時点で確かにロバート秋山さんにシルエットが似ています。ではそのお顔を拝見してみましょう。

・それがこちら

出典 https://twitter.com

えええ!

・こちらも

出典 https://twitter.com

びしっと伸びた右手の角度が出来るプランナーっぽいです…!ですが、これは似すぎていて笑いがこみ上げてきます。

・カリスマ・ウエディングプランナー

出典 http://honto.jp

トータルウェディングプロデューサーとして日々仕事をこなすカリスマ的存在とのこと。

・激似!!!

Licensed by gettyimages ®

これを目にした人は思わず二度見!これ似すぎじゃない?となりました。思わず笑ってしまう人が続出です。

・ネットで大盛り上がり

完全に一致すぎて「本人じゃないの?」と混乱、ビックリですよね。このトータルウェディングプロデューサーについてツイートされた方には7万4千以上のイイネ!が寄せられて大変話題になる結果となりました。

・ついにはYAHOOニュースになる

あまりにも似すぎと話題になり、ついにはYAHOOニュースにも載ってしまう人気に。

・色んなところでニュースに

凄い盛り上がりぶり!ってあれ…?

・これ本人?

これマジで本人なんじゃないのという疑惑が発生。

・本物のロバート秋山

えー!本物のロバート秋山だった…!

・騙されました。

あまりにも完璧にトータルウェディングプロデューサーに扮する秋山さんに一本取られました。

・これはhonto⁺とのコラボ企画

出典 http://honto.jp

実はこれhonto⁺さんとロバート秋山さんとのコラボ企画でした。

・honto⁺とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。
ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

出典 http://honto.jp

honto⁺はフリーマガジンで、honto提携書店にて配布されています。今回そのフリーマガジンの中にこの揚江美子さんのインタビューが載っていて多くの方が思わず「ロバート秋山にそっくりすぎ!」とビックリされたということでした。

・よく見たらロバート秋山さん本人に間違いない

出典 http://honto.jp

改めて見るとロバート秋山さんに間違いないのですが、何故騙されてしまう人が多かったのでしょうか。

・名前やプロフィールが異なる、そして秋山さんの演技力

出典 http://honto.jp

おそらく名前やプロフィールが異なるため、「ロバート秋山さんなはずがない」と脳が勝手に思い込んでしまったのでしょう。そして完全にウエディングプロデューサーになりきっている秋山さんの演技力のせいですね!思わず騙されてしまいました。

・常識をはるかに超えたアイディア

出典 https://youtu.be

そんな揚江美子さんはいったいどんなウエディングプランを立ててくれるのでしょうか。少しだけ覗いてみます。

「まずは奥様がウエディングドレスを着るのか着ないのか」そんなちょっとビックリな質問を新郎新婦に投げかける揚江美子さん。普通の結婚式にはしない!とカリスマ性をアピールしています。確かにロバート秋山さんに結婚式をプロデュースしてもらったら普通の結婚式にはならなさそうですね。

・揚江美子さんのインタビューの内容

まず、お召し物のイメージは固まっていますか? 先日もお話しましたが、ありきたりのものにしないのが、私のMWP、マイ・ウェディング・ポリシーです。
 こないだの式はドレスを着用せず、新郎新婦、家族、スタッフ全員が、背中に平和の象徴である白いハトがデザインされたウィンドブレーカーを着用するというプランもありました。
新婦「えー、すごい。私もできるものならやりたいかも」
 できるものなら、じゃない。できるんです。自分の結婚式なんだから。ほかにも、ガウチョ・パンツとドレスを合わせたり、タキシードの上にパーカーを羽織ったり。ほかにも、バンドメンバー同士で結婚されたカップルは、ウェディングドレスにダメージ加工を加えてあげたり、ドラムや音符の模様を刺繍してあげたり。個人的に好きだったのは、新郎が養蜂場に勤めるカップルは、奥様にベールの代わりに蜂避けネットを使ってみたりもしました。

出典 http://honto.jp

えええ…!凄いプランニング力。楽しそうですが色々ぶっ飛んでいます。

・ちょっと怪しい

さすがロバート秋山さん!と面白くて笑ってしまいます。

・動画はこちら

出典 YouTube

動画も公開されていますのでご興味のある方はご覧ください。

・honto+のバックナンバーを見ると…

なんと、よくみたら全部ロバート秋山さんなのです。

・「クリエイターズ・ファイル」というコーナー

出典 http://honto.jp

秋山さんが色んなカリスマに扮してインタビューを受けるこのコーナーはhonto+でも大人気!そして今回はウエディングプロデューサーの回だったのですね。

・このシリーズ大好き

このシリーズのファンの方も多いようです。バックナンバーも全部目を通してみたくなりました。

・いかがでしたか?

出典 http://honto.jp

揚江美子さんの私服姿。カリスマオーラ抜群!現実に本当にいそうに見えてきました。一瞬騙されてしまうような素晴らしい芸を見せてくれるロバート秋山さんのこのシリーズ、次回もとても楽しみですね♪

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス