記事提供:favclip

恋人のメールアドレスを知らない、ということが珍しくなくなった昨今。恋人同士はもちろん、男女の連絡、友人との連絡は主にLINEで行われます。

そんなLINEでの連絡において、ときどきこんなシチュエーションがありませんか?

既読前に複数メッセージ

仕事中や寝ているとき、そして単純にスマホをいじっていないとき。つまり、一定時間LINEを見られないあいだ、ある人からのメッセージが複数個溜まっているというシチュエーションです。

女性から男性へ、という場合、以下のようなやり取りですね。(※左側は女性からのメッセージ、右側が男性から送る返信メッセージです)

スケジュールに関するやり取りをしながらも、途中に女性がそれとは関係のない内容のメッセージを2通入れ、最後に本題であるスケジュールの決定事項について送っています。

男性は、日中仕事で忙しかったのか、返信できていません。“既読”にするまでにずいぶん時間をかけてしまったようですね。

さて、男性のみなさん。このようなシチュエーションにおいて、どのように返信しますか?

はあちゅうも言ってる!

巷ではよく、「マメな男はモテる」と言われますが、まさにこのシチュエーションでの返信において“マメかどうか?”の人間性が表れるようです。

たとえば、マメではない男性の返信が、これ。

【パターン1】

この状態では、女性が送った最後のメッセージにだけ返信しており、途中の「オススメ映画」や「ひとり焼肉」についてはスルーしてしまっていますね。

時間が経っていたり忙しかったりすると、ついついこのような淡泊な返信の仕方をしてしまいがちですが、マメな男性は以下のように返すのです。

【パターン2】

すべての話題にしっかりと触れ、最後には「休日楽しんで!」の一言。時間をかけて丁寧に返信していることがメッセージを読むだけで伝わってきて、自然とマメな人間性もわかります。

20代女性5名に話を聞くと、パターン1とパターン2では、男性への好感度において「雲泥の差がある」という意見がほとんど全員から聞かれました。パターン1の場合、「今後LINEを送る気なくす」(24歳、Mさん)とまで思うそうです。

そして、これについて自著の中で触れているのが、20代・30代の女性たちから絶大な支持を集めるブロガーで作家のはあちゅうさん。

2016年5月に発売したつぶやきエッセイ集『疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記』(マガジンハウス)の中で、次のような言葉を記しています。(以下、同書50ページより引用)

LINEで、相手が既読にしないうちに、2つか3つくらいの全然違う話題を振ったとして、既読になった後、

全部の話題に対してそれぞれ返事くれる男の人超好き!(最後の話題にしか反応しない人とか全然いる)

出典 https://www.favclip.com

多くの女性の共感を得るはあちゅうさんの言葉ということで、「パターン2のような返信を心がけるべき」という説にさらに説得力が増します。

そしてこれは、男性のみならず、女性でも当てはまる話といえそうですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス