記事提供:てぃ先生 オフィシャルブログ

今日のテーマは『子どもが喜ぶ叱り方』です。

この話の前提として、

「叱る」というのは子どものためにするもの。

「怒る」というのは大人のためにするもの。

僕はこう考えています。

子どものために「叱る」のであれば、必要なことだけを伝えてあげれば十分ですよね!長々とお説教する必要はありません。

例えば、子どもが走ってはいけないところで走っていたら…、

「危ないから走らないようにしようね。先生ね、前に転んだことあるんだけど痛かったよ」

これでいい訳です。

でも、これが「怒る」になると…、

「走ったらダメ!さっきも言ったよね!?何でわかんないの!」

こんな感じかな。たまに見ますよね。公共の場とかでも。特に「さっきも言ったよね!?」というのがナンセンス。

叱りたいのは《走っていたこと》ですよね?

なのに、いつの間にか《さっきも言ったのに》ということで怒ろうとしています。これがよくある叱り方の悪い例。叱るではなく、怒るになっちゃってます。

1番いいのは、子どもが何回同じ間違いをしようとも、

「そのことについて初めて叱るように」

そんな風に声をかけてあげることです。

3秒前に同じ間違いをしていたとしても、子どもにとっては「今、その時にしたこと」なんですよね。3秒前は関係ないんです。

少し話が逸れましたが、とにかく、

・短く必要なことだけを伝える。
・過去の話を出さない。

これが大切だと思います。

逆に褒める時!

この時はもう長々と褒めてあげましょう。

例えば、お手伝いをしてくれた時とか。

「うわー!助かるなー!本当にありがとう!とっても嬉しい!お手伝いしてくれて本当にありがとう!」

と、こんな具合でとことん褒めましょう!

この時、笑顔が重要!嬉しいなら嬉しそうに笑うべきです!子どもが恥ずかしくなって顔を背けるくらいまで!笑

褒める時は過去の話を出していいと思います。

「そういえばさっきもお手伝いしてくれたよね?さっきも嬉しかったけど、今もとっても嬉しいな!ありがとうね!」

こんな風に。

叱る時は一瞬!褒める時は長々と!

褒められる方が嬉しいですからね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス