記事提供:カラパイア

日々、わたしたちは不可解なものと接する機会はある。だが世界は広いもので、世の中にはもっと奇妙なものがあり、多くの謎めいた不思議な場所があるのだ。

ここであげる不気味スポットは、その不可解さが世界中の人々を惹きつけ、謎が謎を呼んでいる人気のスポットである。自分探しをする前に、この世の不思議を一通り見てからでも遅くはないのかもしれない。

15. 米オハイオ州シンシナティの廃地下鉄駅

シンシナティの町のにぎやかな通りの下に、地下鉄建設のために掘られた廃トンネルが残されている。資金不足のために、工事は中止になり、トンネルだけが地下にそのまま放置された。

曲がりくねった迷路のようなトンネルに入り込んだ人は迷ってしまうほどで、ここが忘れ去られた不気味な場所であることは間違いない。完全取り潰しの決定はいまだなされていない。

14. メキシコ、ソチミルコ島 人形の島

不気味と言えば、この島はダントツだろう。メキシコにあるこの島にはたくさんの興味深い話が伝わっている。完全な無人島なのだが、人の代わりに、何千という人形が島のいたるところに吊るされている。

言い伝えによると、ひとりの少女がこの島の入り江で死に、それ以降、なぜかどこからともなく人形が流れ着くようになった。当時、島にただひとり住んでいた男性が供養の意味で流れ着いた人形を島のあちこちに吊るすようになったという。

彼は亡くなったが、人形だけがいまだにそのまま残されている。

13. 米ペンシルバニア州のセントラリア

ホラー映画『サイレント・ヒル』のモデルになった炭鉱の町。かつては大勢の人でにぎわう活気あふれる町だった。

だが、坑内火災にみまわれてから、ほとんどの人が町を去り、残っているのは10人だけ。1960年代から今日に至るまでなお、地下ではまだ石炭が燃えていて、まだこれからも燃え続けるだろうと言われている。

12. 台湾、三芝リゾート

台湾のこの建造物群は、休暇を楽しむためのリゾートとして作られた。莢のようなデザインがおもしろい建物と景色の美しい場所で、現実逃避にはうってつけだが、建設にあたって不可解な死亡事故があまりにも多く、ついに建設計画自体が頓挫してしまった。

今日でもなお、当時のままの姿で打ち捨てられている。

11. キブロスのヴァロシャ

キプロスの沿岸にあるこの島は、まったくの無人だ。遠くから見るとわからないが、近づくと、かなり長い間人が住んでいないことがわかる。

トルコがこの町に侵攻してきたとき、ギリシャ系住民が逃げ出し、二度と戻ってこなかったため、1974年以降、ゴーストタウン化したままになっている。無人のビル、人っ子ひとりいない通り、重苦しい静けさに背筋が凍る。

10. イギリス、マンセル要塞

イギリスの北海にある奇妙な形の構造物。そびえたち、窓から防衛用の兵器が外を狙っているように見える。第二次大戦中、ナチの侵略からイギリスを守るために作られた。

現在でもなお、幽霊のようにそのまま残っていて、当時のイギリスのナチへの抵抗を思い起こさせる。

9. 十字架の丘

リトアニアの地の奥深い場所にあるこの十字架の丘は、昔から戦争で亡くなった人たちを偲ぶ場所。ソ連がかつて二度、ここをブルドーザーで完全に更地にしたが、リトアニア人たちは屈することなくさらに拡張していった。

現在、10万以上の十字架が立っている。多くの人が訪れるリトアニアの重要な観光名所にもなっている。

8. カバヤンのミイラ洞窟

わたしたちの多くは死者は地中に埋葬するのが彼らへの敬意だと思っているが、フィリピンのこの知られざる地域では違うようだ。

遺体はミイラにして、人工の洞窟に安置する。ここのミイラは世界の中でもかなり保存状態がいいものと考えられていて、発見されるまで完全に社会とは隔離されていた。

7. フランス、オラドゥール・シュル・グラヌ

第二次大戦中、ナチスに徹底的に破壊され、住民のほとんどが虐殺されたフランスの町。その蛮行を記憶にとどめるように、町は当時のままの姿で幽霊のようにたたずんでいる。現在は誰も住んでいない荒れ果てた廃墟になっている。

6. トルクメニスタン 地獄の門

トルクメニスタン、タルヴァザにある天然ガス田が1971年に崩落して、巨大な穴があいてできたもの。

ソ連は、ガスがなくなればいずれ燃え尽きるだろうと考え、そのままにしておくことにしたが、あれから40年以上たった今もまだ地獄の業火のように燃え続けている。世界中から人が旅行者が訪れる、人気の観光名所になっている。

5. 米テキサス州、ヤコブの井戸

テキサス州にある水深30メートル以上ある天然の水中洞窟。地元の人は遊びで飛び込み、世界中のダイバーたちが井戸の中を探険しようと押し寄せる。

しかし、壁面からは鋭いぎざぎざした岩が飛び出していてかなり危険だ。それでも飛び込む者は後を絶たず、残念ながら、命を落とした者もいる。

4. アイルランド、リープ城

アイルランドはもっとも謎めいていて美しい場所。どこを歩いても歴史が深く刻み込まれている。この不気味な古いリープ城にも数多くの曰くがあり、たくさんの幽霊が住んでいて夜な夜な歩き回り、奇妙な怪現象が起こるという。

不可解な現象の原因は、この城はかつて大虐殺が行われた場所に建てられていて、城自身が虐殺の歴史にかかわっているせいだとする噂もある。

3. アフリカ、トーゴ ブードゥー教の呪物市場

アフリカ、トーゴにあるブードゥー教最大の呪物用マーケットAdodessewaには、儀式に使う異様なグッズがたくさん並んでいる。

動物の干からびた頭部や頭蓋骨などの不気味なものを求めて、アフリカ中から人々がここへやってくる。ブードゥー教は西アフリカから始まったため、市場にこうした呪物が並ぶのも不思議ではない。

2. パリのカタコンベ

パリの地下深くにはたくさんのトンネルがはりめぐらされていて、そこによく知られた地下墓地がある。一般の人は一部のトンネルにしか入れないが、パリの地下深くをひと目見ようと自分で勝手に未知の領域に入り込む人が後を絶たない。

迷路のような曲がりくねったトンネルは300キロ以上にもなると言われ、まさに死へまっしぐらなのかもしれない。

1. ルーマニア、ホイア・バキュー(Hoia Baciu)の森

ルーマニアの美しい風景の中にたたずむ、不気味な恐ろしい森。ここに入り込んだ多くの人がそのまま帰らず行方不明になっていて、異様な雰囲気のたれこめたこの森全体がルーマニアのバミューダトライアングルと考えられている。

ここでは、UFOの目撃や奇妙な電気現象も多発しているという。幽霊や幻影に遭遇したり、ここに足を踏み入れた多くの人が、不安を感じ、なんとも嫌な気分になるらしい。

ここの木々や植物の様子がおとぎ話でよく言われるような雰囲気に似ているというところが、この森をよけいに不気味にしているようだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス