記事提供:カラパイア

これはフクロウの仲間、アメリカワシミミズクと獣医の感動の再会である。

ワシミミズクは翼を広げ、人間がそうするように獣医をギュっと抱きしめる。再会といっても獣医はちょっとの間旅行で出かけていただけなのだが、それでもたまらなく恋しかったのだろう。

このアメリカワシミミズクの名はジジという。ジジは今年5月下旬、瀕死の重傷を負っていたところ、保護施設に運ばれた。「猛禽類のささやき声を聞き分ける男」との異名を持つダグラス獣医師だからこそジジの命を救うことができたのである。

献身的治療で死の淵から這い上がることができたジジ

ジジが運ばれたのは、アメリカ、ミシシッピ州にある「ワイルド・アト・ハートレスキュー」である。頭蓋骨に大きな損傷が見られ激しい脳震とうを起こしていた。救助員たちは車に衝突した可能性があると話していた。

それだけではない。ジジの体は寄生虫にむしばまれていて、アスペルギルス症も患っていた。これは人間でいうところの肺炎である。

施設の創設者のミッシー・デュビュイソン氏は当時を振り返ってこう語る。

「ジジは衰弱しきっていたため、治療中に500グラムも体重を落としてしまいました。通常のミミズクの体重は約1キロから2キロなので、それを考えると500グラムは深刻な状態です。

これまで私たちが治療してきた動物の中でも最悪のコンディションだったと言えます。こんな状態で生き延びているということが信じられません」

そんなジジを助けたのがダグラス獣医である。ダグラス氏はこの施設の所長でもある。彼は猛禽類を愛し、猛禽類の心を聞くことができるという。そして彼らと固い絆を築き上げることができる人物なのだ。

ダグラス氏の手厚い治療により、ジジは死の淵から這い上がることができた。手で与えていた餌も、自分でつまんで食べることができるまで回復した。

ジジがダグラス氏を信頼しているのは誰の目から見ても明らかだった。ジジが氏に見せる愛情表現は驚くほど人間的スキンシップであったのだ。

ほんの少しの別れもかなしい。全身で再会を喜ぶジジ

ダグラス氏が休暇を取り家族に会うためミシガンに行き、帰ってきた時のことだ。ダグラス氏がいない間、ジジは独りぼっちで相当寂しかったのだろう。ダグラス氏がジジの診察を始めると、ジジは嬉しそうに首を上下に振り、腕の上で踊り始めたのである。

さらにダグラス氏の胸元にそっと寄り添い、頭を肩にもたれかけた。そして彼を包むように翼を広げたのだ。まさに抱きしめるという表現がぴったりの行動だった。

ジジがダグラス氏を抱きしめる直前に見せた表情から、どれだけダグラス氏を恋しがっていたのかが分かったとスタッフは話してくれた。自分を救ってくれた人と再会できて、心底うれしかったのだろう。

出典 YouTube

ダグラス氏の猛禽エピソード

ダグラス氏もジジに抱きしめられた時は特別な瞬間だったと語ってくれた。

ダグラス氏は子供の頃こんなことがあったそうだ。ダグラス氏が育った家には納屋があり、そこの屋根にはいつもアメリカワシミミズクが来てちょこんと座っていた。

ダグラス氏の父親はそのミミズクをしょっちゅう見ることができたそうだが、ダグラス氏や他の家族の者は滅多に見ることができなかったそうだ。

そんなある日、ダグラス氏の父親が亡くなった。ふと外をみると、そのワシミミズクが家をじっと見つめていたという。

その目線の先は、ダグラス氏の父親が亡くなった場所だったのだ。そしてしばらくすると森へ飛び立っていったという。

「ジジが私に抱きついていきた時、私は父親のことで頭が一杯になりました」

そう語るダグラス氏。

ジジは完全に回復したあとに野生に戻される予定だが、それまではダグラスさんにべったりくっついていることとなるだろう。

「ダグラスとジジを見ていたら自然に涙が出てきました。ジジは心からダグラスのことを信用しています。それがジジの表情にはっきりと出ていました」とデュビュイソン氏は最後に話してくれた。

出典:yahoo
出典:thezilla

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス