記事提供:長谷川豊 公式ブログ

や~れやれ…。バカバカしいとはこのこと。

私のコラムの読者の皆様なら、また公式チャンネルの視聴者の方ならだれでも知ってらっしゃる話でしょうが、未だにこんな幼稚で無知な話が記事になるんだからお笑いです。

「親に抱っこしてもらう」宿題が話題「愛情表現の強制」なのか(J‐CASTニュース)

「幼稚」なのはいいとして、人間は知識を得て他の動物と違う進化を遂げてきました。かつて多くのバッシングを受けながら必死に実験を繰り返し、懸命に人類のために、と研究を続けてきた心理学の権威たちをバカにした記事です。

詳しくはこちらのコラムをもう一度読み直してください。

「さみしい思いをさせちゃ子どもの発達上何か問題でもあるんですか?」明確にお答えする。保育園に子供を入れる権利が当然の権利とか言ってる大バカは全文ちゃんと読め!(「本気論・本音論/長谷川豊」)

「子供をただ、抱きしめる」という行為は明確に子供の発達上の効果が認められている行為です。

ジョン・ボウルビィやメアリー・エインワースのアタッチメント理論すら知らないで記事を書いてるのでしょうか?行動心理学の基礎中の基礎です。ハリー・ハーロウのアカゲザルの実験すら知らないのでしょうか?超有名な行動実験です。

ネットでは小学校で出された「親に抱っこしてもらいましょう」という宿題に対して、

「教師のエゴに過ぎない」

「両親居ない子はどうすんの?」

「公私混同しすぎ」

「学校行事やら宿題やらで家庭に愛情表現強いるのはなんか違う」

「家庭に踏み込み過ぎ」

というコメントをする人間多数いるとのこと。

勉強しろ。本を読め。それ以外に何のコメントも浮かばんわ。

「愛着形成」は子供の人格形成に極めて大きな役目を果たします。

言うまでもなく、しっかりとした愛着形成が出来ていない子供は、大人になって集団行動が苦手であったり、データ的に非常に有名なのは「正確な愛情が理解できていないために不倫に走るケースなどが圧倒的に多い」ことが確認されています。

こんなもの、行動心理学では常識中の常識。

上記したような頭の痛いコメントをしてる全員、ネットにカタカタ書き込んでる暇があったりマンガ読んでる時間があるなら、本くらい読め。人間だろうが。

J-CASTさんの記事にもある通りで、

「また、同校では抱っこの対象を「親」とは指定せず、生徒には「近しい人」と伝えるようにしている、とも付け加えた」

っていう部分も大事ね。そうです。愛着形成は親に限定されるものではありません。これもM・ラターが結論付けていますね。

誰でもいいの。とにかく、しっかりと抱きしめてあげることが大事です。

昨今の日本では、ただでさえ、労働時間がバカみたいに長い上に経済上の理由などから働く両親が増えてきているのだから、こうやって無理してでもしっかりと抱きしめてあげることは、子供の豊かな心の形成の上では当然ムチャクチャ大事なことです。

ネットって面白いし勉強になることも多いのだけれど、何にも知らないのに自信満々で変なコメントとする人間が多くてかないません。

少し前にも、私の昔のコラムを「ガセだ」「ガセ川だ」と…訴えられたら確実に名誉棄損に該当する下らない記事を書いたアホがいたそうですが、これも同じね。

ホント、取材くらいしろよ。ちゃんと取材したら私が一つも間違ったことを言ってないことくらい分かるわ!自分で取材くらいしろよ。面倒くさいな。

話がそれました。

子供はたっぷりと抱きしめてあげてください。時間が無ければ、作ってでも抱きしめてあげてください。

子供の「心の成長」には「愛情」という栄養分が必要です。

正確な実験で世界中で認められている「常識」です。もし子育てで悩んでいる親御さんがいたら、今日からたっぷり抱きしめてあげてください。お金なんてなくてもいい。それで十分なのです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス