下の子、まだ制限で乗れないんだよなあ・・・

Licensed by gettyimages ®

子連れディズニーは、子供たちにとってもステキな思い出をあげられる、特別な時間ですよね。でも、お母さんやお父さんはとにかく<並ぶ><待つ><席を取る>が役目だったり・・・

妊娠中から足掛け7年、わたしも絶叫系乗りたいなあ・・・なんてお母さんも珍しくないのでは!?

激しいライド系には、身長・年齢制限があります

Licensed by gettyimages ®

■身長制限(年齢制限があるライドも含まれます)
ビッグサンダー・マウンテン、スプラッシュ・マウンテン、スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー、スペース・マウンテン、タワー・オブ・テラー、インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮、レイジング・スピリッツ、センター・オブ・ジ・アース

 ■年齢制限
ガジェットのゴーコースター、フランダーのフライングフィッシュコースター

これらのライドを楽しむとき「子供が大きくなったら乗ろうね」とガマンするか、どちらかが乗って、どちらかは待って・・・

さらに「お姉ちゃんは102cm以上だけど、弟は100cmに満たない」なんていうとき。どちらかの親が付き添って乗って、どちらかは下の子を遊ばせて・・・って感じですよね。実は、どちらも効率的に楽しめる方法があるんです!

それが、チャイルドスイッチです!

チャイルドスイッチとは、保護者のどちらかが子供を預かって、帰ってきたらもう1人が乗車できるというチケットです。

これがとてもうれしいのは「スイッチ後の乗車は待ち時間ゼロで楽しめる」ということなんです!

やり方はコチラ

1. 身長・年齢制限のあるライドの入り口で「チャイルドスイッチを使いたいんですが」と声をかけます

2. 専用のチケットを書いてくれるので、受け取ります

3. 先発組が並びます(ファストパス・スタンバイに限らず)乗らない人は別で待機(待機できる部屋が用意されている場合と、外で待つ場合とあります)

4. 降りてきたらバトンタッチ

5. チケットをキャストに渡すと、特別な入り口から案内してもらって乗ります

以上です!

ママじゃなきゃ・・・の年齢でも、待ち時間が短い!

Licensed by gettyimages ®

実質、乗っている時間だけ待っていればいいのですから「ママじゃないと泣いちゃうんだよね」っていう年齢の子でも、さびしい時間が短くて済むんです!

と書くと「子供にそんな思いさせてまで乗るもんじゃないだろ」といわれそうですが・・・実はこのスイッチ時に<上の子ももう一度一緒に乗ることが出来る>場合が多いんです。

チケット発行時に、今回、私は「ぜひお子さんとご一緒にどうぞ!」と言ってもらいました。これは混雑具合や、キャストさんによって違うらしいので「最近上の子にさびしい思いをさせていて・・・」と気になっている場合は相談してみるのもいいかもしれませんね。

上の子だってママとベッタリしたいですよね。
ママを独り占めする時間、短くてもとってもいい思い出になるのではないでしょうか。

※注意してほしいのは、ファストパス入り口を利用する場合、かならず全員分のファストパスが必要ということです。(たぶん、悪用防止のため)

私も、初めてスターウォーズバージョンに乗れたんです!きゃっほう!!

USJもこのチャイルド・スイッチ、できるんですね!

そうなんですよー、やっぱり、どうしてもおかあさんガマン・・・になりがちですもんね!これがまた、1人っ子なら来年には・・・とかなりますけど、3人目・・・4人目・・・・一体いつ乗れるの?20年後?とか、なっちゃいますもんね。

チャイルドスイッチ、ぜひ活用して楽しい一日を!

チャイルドスイッチは・・・
・身長・年齢が満たないお子さんがいる場合、保護者が預かりをスイッチして待たずに乗れる
上の子がいる場合、一緒に二回乗れることもある
ファストパスは全員分必要

これを覚えて、ぜひ素晴らしい思い出を作ってくださいね!

私は、どうしてもママと下の子、パパと上の子・・・という組み合わせになってしまっているここ最近の定番を崩せて、とてもうれしかったです。

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス