記事提供:まぐまぐニュース!

働く者にとってお給料は1円でも多くもらえた方が良いのは当然ですが、果たしてお金で従業員の「心」を買うことはできるのでしょうか?

無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』では、牛たんの人気店「ねぎし」の社長のエピソードを紹介しつつ、「経営者としての考え方」について論じています。

その時、経営者はどう考えるか

お金で「やる気」は買えるかと言えば、恐らく90%の割合で「そうだ」と返事が返ってきそうです。そんな中で、少し苦い顔して肯定しない経営者がいるはずです。

私の勝手な予想ではそんな経営者が経営している企業は、おそらく少しの波はあるもののいたって良好な業績を続けていることでしょう。

ある中国通の専門家に話をする機会がありました。中国の従業員にきっちり仕事をしてもらうにはどうしたらよいか聞きました。

「中国の人は、処遇と仕事を明確に規定して約束をまもればきっちりと働いてくれる」ということです。

しかし、隣接企業での報酬が1元でもよければそちらに移っていくそうです。

「中国人なら、そんなところがある」と納得される経営者が多くおられると思います。特に早くから進取の気持ちで低賃金が魅力で生産基地をつくられた経営者の方は、「生な」かたちで実体験されなおさらでしょう。

しかし、そんな中でもうまく事業継続している会社もあるのですが。

先の話に戻しますが、事業を行う上で経営者は、多くの失敗と経験を重ねながら経営の核心をつかんでゆかれます。

ヤリ手の創業者が最初によく躓くのは、給料さえ払っておけば人は働くだろうと考えて人格を軽視しておこる思わぬ破綻です。ある日気が付けば、誰もいなくなっていたということも起こります。

そんな時に経営者は、2通りの考えを持つことでしょう。1つは「給料をきっちり払っていたのに何で裏切られなければならないんや」と思う経営者と、もう1つは「何が悪かったのか、どうすれば一生懸命に働いてくれるのか」と。

ここで2番目の「何故かを考えて、答えを見つける経営者」が勝ち組になります。

一番最初の「お金でやる気は買えるか」の問いに、黙って苦笑いした人こそが「やる気のマネジメント」の「コツ」に出会った人です。

やる気と行動力があり身を粉にして寝る間を惜しんで働く人は、どんな事業に進出してもある程度成功を手に入れられることでしょう。

しかし、従業員を雇用し規模が大きくなると少し事情が違ってきます。

牛たん屋「ねぎし」の社長が失敗で悟った「大切な事」

東京・横浜に34店舗を有し「牛たん とろろ 麦めし」で繁盛している「ねぎしの経営者根岸榮治さんも、創業時にヤリ手であったがために苦い経験をされた一人です。

これは、ヤリ手であればあるほど一度はくぐらねばならない洗礼体験のようなもので、その時に何を思い悟るかが今後の繁栄を左右する機会となります。

そのエピソードは、以前も紹介させていただいたのですが。

創業当時の経営手法は「東京の流行を地方に持ってくる」でしたが、ある時店へ顔を出すと報酬にひかれたスタッフが全員逃亡し、同業態の新規開業ライバル店に引き抜かれるという事態に直面しました。

ここで経営者はつくづく考えて、新たな経営方針を確立されていきました。

「ねぎし」は経営の目的を「働く仲間の幸せ」とし「人の成長100年企業」を目標に「共に学び、共に築き、共に進もう、そして、共に幸せになろう」の「共にの誓い」のもとに現場が決める企業に変身させました。

店の現場スタッフのアイデアにより運営の全ての仕組みを作り上げ、毎年の目標や経営方針も店長たちが決定する仕組みがとられることになりました。

このような企業の経営転換は「ねぎし」だけの特殊なものではありません。ほぼ全ての経営者に起こり得ることで、そんな中で何故かと自問して「企業は人なり」と気付いた時にこそ「普遍の経営手法」に行き着くと言えます。

あの大経営者である「京セラの稲盛さんも、なるべくして同じような事態に遭遇して「あるべき経営理念」を構築することになりました。

決して愉快でない失敗であり経験ですが、この時の経営者の「気付き」こそが「人とは何か」「どうすれば人のやる気を引き出すか」という経営の根本課題を悟る契機となります。

「悟れば」名経営者になり「悟らなければ」悩める経営者で、最も悟られた松下幸之助さんは私の会社は、人をつくっています」と言われています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス