記事提供:いいモノ調査隊

あまり自分で料理をしない私が、自宅で作ってもハズレることの少ないジャンル…それは中華料理です。なぜハズレが少ないか。それは「中華料理用の調味料」という、とっても心強くて頼りになる絶対的な存在がいるからです。

筆者にとってなじみのある調味料、それは「味覇(ウェイパァー)」。赤い缶に黒くて強い主張の文字。そしてほほ笑むおじさんの絵。

これを使うことで、なんでもないような野菜炒めが一気にお店で食べるようなおいしい野菜炒めになります。

さて、この中華料理用の「味覇」。もう1つ有名な中華料理用の調味料「創味シャンタンDX」と中身が同じ…という噂が湧き上がったのはご存じでしょうか。

先日ふとそれを思い出した筆者。

さっそく自分でも確かめてみるべく、調査してみました。

味覇とシャンタンDXを比較!

そもそも「創味シャンタンDX」をご存じないという方もいらっしゃるかと思うので、簡単に解説します。

実は元々は「創味シャンタンDX」のほうが本家で、創味食品が1961年から業務用として製造・販売していた調味料です。

その20年後に家庭用としてパッケージデザインを変えて、卸売業者である廣記商行と契約を結んで販売開始されたものが「味覇」。

要するに中身は同じで、いずれも創味食品が製造していたのです。

こうして、業務用は「創味シャンタンDX」、家庭用は「味覇」とすみ分けられていましたが、2015年3月に両社の契約は終了。

それに伴い、廣記商行は4月から製造メーカーを変更して「味覇」の販売を継続。

そして創味食品は、業務用として販売していた「創味シャンタンDX」を、家庭用としてもスーパーなどで販売開始しました。

つまり、新しい「味覇」と、昔の味覇と同じ味のはずの「創味シャンタンDX」が存在するのです。

昔は同じだったこの2つの商品、味はどうなっているのでしょうか?

前置きが長くなりましたが、いよいよ検証してみましょう。

創味シャンタンには「55年目の新発売」。味覇には「さらに美味しくなりました」とそれぞれ書かれているのがおもしろいですね。

中身はそれぞれこんな感じです。

どちらもクリーム色ですが、「味覇」(写真上)のほうが少し濃い?

同じ分量を使って、スープ、野菜炒め、チャーハンを作ってみました。

中華料理は短時間で作れて、何より簡単ですね。

スープはお湯に調味料を入れ、ワカメとネギ、ゴマを入れて完成。野菜炒めは肉と切った野菜、調味料を入れたらできあがり。チャーハンはご飯と卵にチャーシュー、ネギを入れ炒めて、調味料で味付け。

はい。それぞれの調味料を使った料理の完成です。どちらかというと、調理よりも味見が主担当の私。さっそく食べ比べをしてみました。

調味料以外はすべて同じ材料を使っているので、見た目はもちろん同じ。

さてさて、肝心のどちらがおいしいか。

本当に個人的な感想なのですが、味覇のほうが筆者の舌には合うような…安心感があるというか、食べ慣れた感じというか、通い慣れた中華料理店でオーダーしたような感覚を覚えました。

シャンタンのほうももちろんおいしく、正直言われなかったらどちらで作った料理なのか、区別がつかないかもしれません…。

うん、わからない自信がある。

原材料もほとんど同じ。

味はほぼ変わらないことがわかりましたが、お値段はどうでしょうか?消費者にとってはかなり大事なポイントですよね!

■創味シャンタンDX(公式HP参考小売価格)
500g:1,150円(税込1,242円)
250g:760円(税込821円)

■味覇(公式通販販売価格)
500g:1,200円(税込1,296円)
250g:800円(税込864円)

わずかに「創味シャンタンDX」のほうが安いようです。中身がほぼ同じで値段が違うとなると、もしかしたらこれからは「中華料理調味料=味覇」という常識が変わっていくかもしれません。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス