日本人は欧米人ほどパーティー好きとしては知られてはいませんが、欧米人のパーティー好きは半端なく、何かにつけてワイワイとパーティーをするのがもはや文化といってもいいぐらい。

イギリスでは大学生になるとパーティーを頻繁にします。そのため同じマンションに住んでいる筆者は騒音が迷惑だと感じることもしばしば。お酒を飲んで、みんなで騒いでどんちゃん騒ぎをして夜中まで、というのは試験が終われば学生にとっては日常茶飯事。

翌朝、頭痛と共に荒れた部屋で目覚める

Pinned from mashable.com

筆者には未経験ですが、海外では翌朝二日酔いで目覚めるとあちこちにビール瓶が転がり、たくさんのワイングラスやビール缶、そして食べかけのピザなどがテーブルの上に溢れているといった状況。

飲み過ぎで頭が痛いために、荒れた部屋を片付ける気力もなくうんざりしてしまう人というのは決して少なくないようです。「あー、こんな時、誰かが掃除してくれたら…」そう思う人たちのためにニュージーランドのオークランドで、美女二人が「二日酔いメイド」のビジネスを設立しました。

フラットメイトのレベッカさんとキャサリンさん

Pinned from gu.com

これまでごく普通に仕事をして買い物に行って…という生活を送って来た二人ですが心のどこかに「もっと大きく広げられる何かをしたい」という野心があったそう。そこで「グローバルにやるならこれだ!」と思いついたのが、このビジネスというわけです。

世の中には、お酒好きの人たちがいて頻繁にパーティーが行われていることに目を付けたレベッカさんとキャサリンさんは「お金を払ってでも掃除してもらいたいほど飲んでしまった人たち」をターゲットに「Morning-After Maids」というビジネスを展開したのが約一ケ月前だそう。

基本料金は1時間20豪ドル~80豪ドル(約1,500円~6,300円)。散らかっている範囲や程度が酷い場合は追加料金は1時間30豪ドル(約2,400円)。交通費も別途請求。ゴミ箱がいっぱいで、二人にゴミの処理も頼む時は45豪ドル(約3,500円)の追加料金。嘔吐処理はエリア別で10豪ドル(約800円)を徴収という、結構なお値段。

実際に出張した先の散らかり具合、ビフォー&アフター

Pinned from gu.com

ここまで飲むのってただただ凄いなぁと感心してしまいますが、欧米ではごく普通のパーティーなのでしょう。でもこれだけボトルが増えてゴミが散らかっていると、確かに翌日の掃除はうんざりしますよね。

お金を払うことに躊躇がない人たちは、レベッカさんとキャサリンさんのビジネスを大変有難く思ってる様子。

綺麗にしてもらって喜びながら…まだ飲んでいる若者

Pinned from gu.com

ゴミもちゃんと一まとめにしてくれて、見違えるように綺麗な家になりました。ビジネスで掃除をするからには、やはり徹底的にやるのがプロ。筆者の友人も元弁護士で現在クリーナーとしてビジネスをしていますが、結構需要があるんだそう。みんな自分で掃除するのがそんなに嫌なのかと不思議です。

基本、パーティーの前に事前予約が必要だそうですが、緊急要請を受ける場合は基本料金プラス緊急用料金が別途50豪ドル(約4,000円)かかってくるのだとか。そして二日酔いのため、料理するのが面倒な人には料理も運んでくれるそう。もちろんこちらも別途請求が来ます。

「決して安くはないから、自分で掃除するということを身に着けようと思う人が多いのではないか」というレベッカさんとキャサリンさん。確かにできれば自分の家は自分で掃除するべきではないかなとも。

例えば、50人ほどのパーティーとなると最低でも基本料金150豪ドル(約1,2000円)からとなるので、お金を出す方がいいか自分たちで掃除する方がいいかを考えると…どちらがお得かは言うまでもないことですよね。

ビフォア―

出典 https://www.facebook.com

すごいボトルの数ですね…!

二日酔いの皆さんと…アフター

出典 https://www.facebook.com

大人数でのパーティーはそれだけ派手に飲むだろうし、何人いても全員が二日酔いでは片付けも大変のよう。先週片付けに行った家は、床が泥だらけで酷い有り様だったとか。泥をこすり落とすのに掃除のモップが折れてしまったほどだったそう。

これまで最悪だと思うほどの家にはまだ訪れたことがないというレベッカさんとキャサリンさんですが「私たちは普通のクリーナーとは違う」と主張。「掃除だけではなくオプションで料理も作るし、小型犬を連れて行くので癒しにしてもらえる」そうで、この小型犬を抱っこするのはもちろん無料だとか。

「私たちが掃除をしている間、依頼主にリラックスした雰囲気を提供するようにしているので、ついまた飲み始めるという人達もいますよ。」

海外進出を目指して頑張る美女2人

出典 https://www.instagram.com

元々ビジネスの経験があるので、この仕事をやろうと決めた時もさほど苦労はなかったという2人。将来は口コミで広がって世界中の二日酔いの人たちのお宅を掃除に訪れることが目標だそうです。

まだまだ始めたばかりのビジネスですが好調なようで、これからもパーティーの後に、是非痛み止めと笑顔持参の訪問でみんなの二日酔いの癒しになってほしいですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス