後続車に煽られない方法があまりにも衝撃的だと話題になっています。

▼運転中の煽り行為

Licensed by gettyimages ®

ドライバーの皆さん、後続車に煽られたことはありますか?

車の煽り運転には様々な種類があり、車間距離をつめられたりクラクションを鳴らされたりパッシングをされるなど、どれも危険なものばかり。

急ブレーキを踏んでビビらせ、車間距離をあけさせるというドライバーもいますが相手の怒りを買ってしまった場合さらに激しく煽られる可能性も出てきてしまいます。

今回はそんな危険な煽り行為の対策法をTwitterユーザーのずーみん@やみのま@IwaizurmiNさんが教えてくださいました。
この方法を試してから、なんと1度も煽られなくなったそうなんです!

その方法がこちら。

▼能面を後ろに!

なんと能面がバックドアガラスからこちらを見ている!!

これは怖い…。
心霊写真と勘違いしてしまうくらいの怖さですね。

こんな車が前を走っていたら、必要以上に車間距離をあけたくなってしまいます。
というよりも違う道を走りたくなってしまいます。

こちらのツイートは大きな話題となり、たくさんのコメントが寄せられました。

「いいアイディア」

発想がすごいですよね。

「ぜひやろっと」

今日から能面カーが街中に増える!?

「SAWの仮面でこれやってる」

出典 http://www.amazon.co.jp

能面よりさらに怖い…!

「クッソワロタ」

画像で見ると笑えますが深夜の運転中に出会ったら笑えなさそう…!

「山道でこの車に追いついたらヤバイ」

Uターン以外の選択肢はないです。

多くの人から絶賛されているこの煽り運転対策方法ですが、1つ欠点があるそうです。

それがこちら。

▼能面がバックミラーに…

なんと能面がバックミラーに映ってしまい、自分まで怖い思いをするハメに!

常に追いかけて来てる感があるなんて、後続車よりも怖い状況です。
慣れるまではバックミラーを見るたびに自分で驚いてしまいそうですね。

▼煽り運転はダメ、絶対!

この煽り運転対策の記事を読んでいるみなさんなら大丈夫だと思いますが、煽り運転は道交法違反です。

高速道路での車間距離不保持については、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科され(同法119条1項1号の4)、一般道での車間距離不保持については、5万円以下の罰金が科される(同法120条1項2号)。

出典 https://ja.wikipedia.org

相手を事故・死傷などに追いやった場合は危険運転致死傷罪が適用され最長で20年以下の懲役(加重により最長30年以下)に処され、また運転免許は基礎点数45 - 62点により免許取消・欠格期間5~8年の行政処分を受ける可能性がある。

出典 https://ja.wikipedia.org

ゆっくり余裕を持って楽しい運転ライフを!

▽人気の記事

この記事を書いたユーザー

sena このユーザーの他の記事を見る

芸能・スポーツ・ネットの話題などを中心に書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • スポーツ
  • インターネット
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス