出典 http://www.carsensor.net

▲車選び、ましてや中古車となると、マーケットは幅広く選択肢がいっぱい! 選ぶ基準で迷う方もいらっしゃるのでは?

売ることまで考えてみよう

車を買う際、ボディタイプくらいのザックリした希望しかなく、正直どれにすれば良いのかお困りの方。あるいは、機能・装備や価格に大きな差がないいくつかのモデルで、どれを選ぼうか悩んでいる方。判断材料に「売却価格」を見据えてみるのはいかがでしょうか?

車を資産価値がなくなるまで乗りつぶす方もいますが、手放す際に売却する方も多いはず。もしアナタが後者であればなおさら、売り値まで視野に入れた車選びは合理的です。

しかし、売値を完璧に予測することは難しいというのが現実。というのも、お店で売られている中古車の価格と売却時の査定でつく価格にはどうしても差が生じるからです。また、車種やグレードだけでなく、その車のコンディションも関わってくるため、同モデルの事例が参考にならないこともあります。

もちろん、単純に『人気のモデル』であれば、ベースの査定価格は新車により近いはず。これはシンプルで当たり前のことですが、新車の需要が高ければ高いほど、中古車の需要も高まり相場も上がります。その時期に新車の販売台数が伸びている人気の車種であれば、たとえコンディションにマイナスポイントがあったとしても、他車種に比べれば「いい値」になり得るでしょう。

もうひとつ、『代わりがないモデル』にも高値がつく傾向にあります。例えば特別仕様車であったり、販売台数の限られているモデルであったり。これも当然ですが価値が上がるため、売値が下がる可能性は低くなります。場合によっては新車より高い値がつくことも……。

選択に迷ったら、販売台数ランキングや新車情報などからこのような要素が含まれているか考え、売値まで予測してみましょう。

ちなみに以下でご紹介するのは、この条件外にも関わらず期待できそうな車。もちろん予測ですが、日々、中古車相場とトレンドをウオッチしている編集部が選んだ車たちです。今回は軽自動車でピックアップしてみました。「軽を買うのは決まってるけれど、これといって決断のキッカケがない……」なんて方は、ぜひご参考に。

もちろん、信じるか信じないかは、あなた次第です。

何年乗っても価値が残る!? スズキ ジムニー(現行型)

出典 http://www.carsensor.net

▲ラダーフレームを備えた、軽らしからぬタフな作りがジムニーの魅力

長年中古車相場をウオッチしている者こそ分かる! もはや中古車界の奇跡と言っても過言ではないのがジムニー。中でも特別仕様車は価値を担保しており、2013年式の「クロスアドベンチャー」の中古車平均価格(車両本体)は130.8万円(2016年5月現在・カーセンサーnet調べ)。新車当時の価格が152.5万円ですから、売却時にもなかなか「いい値」が予測できます。

軽自動車なのに、本格オフロード走行を前提としたタフな作り、モデルチェンジが極端に少ないためにデザインが古くさくならない、などが要因でしょうか。近年のSUV人気を見ると、今後さらに期待が持てるモデルかもしれません。

中古車だからこその選択 スズキ ワゴンR(現行型)

出典 http://www.carsensor.net

▲ライバル車よりも値落ちが少ないワゴンR。現行型は5代目

新車の販売台数ランキングでは、部門でも5位以下のワゴンRですが(社団法人全国軽自動車協会連合会 調べ)、実は中古車販売台数は1位! ちなみに、部門別ではなく全車種を対象にしても堂々の2位なんです(カーセンサーnet調べ)。そのため、相場も安定した横ばい傾向。

ただ、モデルが古くなると中古車価格がガクンと下がりがちです。売却する際は、現行モデルのうち(フルモデルチェンジ前)をオススメします。

今後需要が高まるかも……!? ダイハツ ミライース

出典 http://www.carsensor.net

▲燃費がいいだけでなく、中古車としての価値も高いミライース

第三のエコカー(ハイブリッド車並の低燃費性能を持つガソリン・ディーゼルエンジンの自動車)といわれる新ジャンルの車なので比較事例も少ないのですが、現在の中古車相場だけ見ても大健闘。高年式車だけ見ても平均価格76万円前後と、スタンダードな軽自動車としては良好な相場を示しています。需要の高い軽自動車の中でも、燃費のいいエコカーはより求められているのでしょう。売値にも期待が持てそう。

独特のキャラクターには大いに期待! ホンダ S660

出典 http://www.carsensor.net

▲ミッドシップ、ピュアスポーツという特異性がS660の価値なのです

これは、『代わりがないモデル』に近いところになります。同ジャンルのスズキ カプチーノやダイハツ コペン(旧型)などに10~20年経った現在でも高いプライスタグがついているところを見ると、昨年リリースされたばかりのピュアスポーツ、S660も当然、将来高い価格で売買されると期待できるでしょう。少量生産ゆえバックオーダーを抱えている状況も、希少価値的には好材料です。

あわせて読みたい

この記事を書いたユーザー

日刊カーセンサー このユーザーの他の記事を見る

日刊カーセンサーは、中古車だけでなく新型車やドライブ、カーグッズ、レース&イベントなど幅広いジャンルの情報・ニュースをお届けするエンタメ系自動車サイトです。面白くて役に立つネタを全力で配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス