京都市中京区、二条城の近くにカフェ、店、宿からなる「ウサギノネドコ」という町家づくりの建物があります。外観は黒い板張り。最近よくある町家を改装した和風の雑貨屋さんかな、という雰囲気です。

”カフェ”ではスィーツ、ディナーが楽しめる!

1階にはカフェがありますが、ガラスのテーブルと椅子、そして壁や棚に並べられた、なにやら標本めいたオブジェが並んでいます。これは同じく1階の「ミセ」で売られている「ウニの骨」や「鉱石」の写真。普段親しみがないものだからこそ、なにやら不思議な感覚に陥りますが、眺めているうちに心が落ち着きます。

出典 http://usaginonedoko.net

ディルチーズオムレツ トマトとドライフルーツのソース
980 円

出典 http://usaginonedoko.net

ブラックココアのケーキ
590 円

「カフェ」で出される料理やスィーツはやっぱりお洒落。その上、リーズナブルなので嬉しくなってしまいます。

営業時間:11:30-22:00 木曜休み

「ミセ」で売られている「sola cube」とは?

1階の「ミセ」では、写真の4センチ四方に植物の種子や果実をとじこめた、sola cubeを販売しています。ただ生きぬくために削ぎ落されたその規則的でストイックなフォルムは、自然が生み出した究極の機能美です。ありきたりでない、京都のお土産にもおススメ。各2,980円+税 タンポポのみ4,980円+税

古い町家を改装した「ミセ」店内には、世界中から集めた木の実や、鉱物、動物の骨などの標本をところ狭しと展示販売しています。”町家には和のもの”という既成観念が根底から崩れそうな違和感!でもしばらくするとこのミスマッチが居心地よくなってきます。

2階は”1日1組限定 素泊まりの宿”

ミセとカフェの2階は1日1組限定の”素泊まりの宿”になっています。浴衣などの寝間着
洗面用具/ひげ剃は持参しなければならいですが、歯ブラシはあります。寝具はなんと、”エアウィーヴの特別な敷き布団”。レンタサイクルも無料です。京都ステイを存分に満喫できそう。大人2名23,500円から

1階の離れにはお風呂もあります。ステキな坪庭を通って中に入ると、丸窓にシックなタイル張りのモダンなお風呂があり、自動でお湯張りもできるそうです。旅の疲れをさっぱり洗い流せそうです。どこまでも「小技」が効いたデザインを採用しています。

ヤドにはレストランがありませんが、1階の共用スペースのキッチンを使うことが出来ます。冷蔵庫、電子レンジ、簡単な調理器具がそろっています。その他、別棟1階のカフェは22時まで営業しています。木曜休み

出典 http://usaginonedoko.net

1階の「火袋」といわれる吹き抜けになった空間。伝統的な京都の町家建築をそのまま残している部分もあります。

「ウサギノネドコ」のネーミングにちなんで、床にはうさぎの足跡をつけています。とっても粋ですね。

こちらもレアそうなお菓子!くわしくはHPまで!

ウサギノネドコ
京都市中京区西ノ京南原町37

地下鉄東西線「西大路御池駅」より徒歩2分
地下鉄東西線・JR山陰本線「二条駅」より徒歩8分
京福電気鉄道嵐山本線「西大路三条駅」より徒歩5分
阪急電鉄・京福電気鉄道嵐山本線「西院駅」より徒歩15分

いかがでしたか?東京にはない町家タイプのカフェ+雑貨+宿の「ウサギノネドコ」をご紹介しました。なんだか、がぜん行きたくなってきませんか?

この記事を書いたユーザー

zuenmei このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。食べること、踊ること、アジア大好きです。わかりやすい記事を目指します!よろしくお願い致します。instagram: https://www.instagram.com/zuenmei/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス