記事提供:おたぽる

『セーラームーン』を天文学的に見ると…!?

2006年、冥王星が惑星の定義から外れたとき、「『美少女戦士セーラームーン』(以下、『セーラームーン』)のセーラープルートはどうなる?」と思った人は少なくなかったはずだ。

それから10年。

『セーラームーン』の舞台となった東京・麻布十番を見下ろす六本木ヒルズ展望台東京シティビュー内スカイギャラリーで開催されている「美少女戦士セーラームーン展」を記念し、

六本木天文クラブによるスペシャルトークショー「セーラームーンの宇宙」が、5月22日に行われた。

『Crystal』のシリーズ構成&脚本の小林雄次氏と天文学者の松本尚子氏。

『セーラームーン』に見られる宇宙に関する設定について語り合うこのイベントに登壇したのは、テレビアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』(以下、『Crystal』)でシリーズ構成と脚本を手掛ける小林雄次氏と、女性天文学者の松本尚子氏。

モチーフになった天体の実際と『セーラームーン』は、どのような関係なのか。「へ~」が盛りだくさんだったイベントをレポートする。

■火野レイが飼っているカラスの元ネタは?

セーラームーンは月がモチーフ。

まず語られたのは、キャラクターとそのモチーフになった“惑星の現実”について。『セーラームーン』といえば、まず「月」だ。

松本氏によれば、最近の月のトピックスのひとつは、月周回衛星「かぐや」で月の表面の詳細が明らかにされてきたことだ。

そして、今では月の中心にも地球と同じくマントルがあり、まだ冷めきっていないというのが分かってきているという。

また、月と地球の距離は、昔は約2万キロメートルだったが、今は38万キロメートルだそうだ。

「数十億年前ですけど、月は地球のすぐそばにあって、当然その頃は生物はいませんが、地場衛が地上から月を見上げたら、ものすごく巨大な月が見えたはずなんですよね」と思いを馳せる小林氏。

セーラーヴィーナスは金星がモチーフ。

そして惑星の中でも、地球と内部が似ているといわれているのが、「金星」だという。

地球と同じ構造になっているらしい。「昔は大気も地球と似ていたと考えられているのですが、今はすっかり変わってしまい、大気は二酸化炭素で、硫酸の雨が降ります。

太陽からの距離も地球と金星は近いのですが、どうしてこんなに違いが出ているのかはまだよくわかっていません」と松本氏は話す。

なお、金星の地表温度はおおよそ400度もあるため、雨が降っても地表に落ちるまでに気体になってしまうそうだ。

火星の衛星は実は…。

その中で、元ネタが分かりやすかったのが「火星」。

セーラーマーズこと火野レイが飼っている2匹のカラスの名前は、火星が持つ2つの衛星フォボスとダイモスに由来する。

しかし、この2つの衛星は、将来的には火星に落ちるという。

■セーラージュピターの必殺技がトロピカルな理由

まこちゃんも木星も大きめ。

「これ、デカイですよね。まこちゃん(木野まこと)もデカイですが、ほかの惑星よりかなり大きいと思います」と小林氏が話すのは「木星」だ。

セーラージュピターは、松本氏が好きなキャラクターだそうで、そのモチーフとなった木星の説明には、心無しか力が入っていた。

松本氏によれば、「木星の特徴なのですが、木星にはまるで台風のような渦があります。大赤斑というもので、300年以上、形を維持しています。

で、セーラージュピターの必殺技が、ジュピター・ココナッツ・サイクロンなど、けっこうトロピカルな感じがすると思うのですが、そういうのが関係しているのかなと、思いながら観ていました」ということだ。

セーラーサターンは土星がモチーフ。

土星については、小林氏が「土星は環が一番印象的ですが、環は何故あるのでしょうか?」と質問。

写真ではのっぺりとしている環だが、粒子が集まったもので、土星ができた時の残りかすが周りを回って、このような形になっているそうだ。

また、土星に近づいた彗星や小天体が土星の重力でバラバラになり、それが環のあたりにたくさん残っているという別の説もあるようだ。

なお、土星は60個以上の衛星を持っており、その中のひとつであるエンケラドゥスには液体の水、有機物、エネルギーという生命が存在する上で必要な三大要素が存在しており、地球以外で生命が存在する可能性がある天体とされているらしい。

冥王星。

そして、地球からかなり離れている「冥王星」。

冥王星があるあたりは、天体には氷成分が多いそうだ。地球から遠いわりに写真が鮮明なのは、探査機「ニューホライズンズ」が2015年に撮影した“撮れたてほやほや”の写真だからだという。

■外部太陽系戦士たちの“想いの強さ”が明らかに

惑星のサイズを比べると…。

興味深かったのは、各惑星のサイズ比較と位置関係だ。圧倒的に大きな木星と土星。

それを見た小林氏は、「ネット上で見たことがあるのですが、セーラー戦士を実際の惑星サイズに置き換えた画像があるんです。それで見ると、まこちゃんが超巨人で、セーラームーンが足下にちょこっといる感じで、とても面白いんですよ」と話す。

また、それぞれの位置関係についても、天王星、海王星、冥王星がかなり離れている。

「原作や『Crystal』でもあったシーンなのですが、外部太陽系戦士のセーラーウラヌス、セーラーネプチューン、セーラープルートの3戦士が、前世において、それぞれの管轄で月を見守っていましたという回想が入るんですね。

つまり、それぞれの惑星が存在する軌道上で、月を見守っていましたというシーンなのですが、これ、月は見えるんですかね?見えないですよね。

ずっと、月の王国のシルバー・ミレニアムを見守っていましたとサラッと言って終えるのですが、よく考えると距離感が全然違いますよね。

…ということが、現実を見ると分かってしまう。見えるくらいの想いの強さということじゃないですかね」と小林氏はツッコミをいれていた。

■武内直子は太陽の黒点の姿を予見していた!?

そして、トークショーでは、実際に宇宙はどのように見えるのか、4次元デジタル宇宙ビューワー「Mitaka」を使って、観て行くことに。

早速、月を映し出し、シルバー・ミレニアムがある晴れの海が見つかると、会場から「わー、すごい!」と歓声が上がった。つねに地球に同じ部分を見せている月。

晴れの海は地球に向いた部分にあるため、月はいつもシルバー・ミレニアムを見せてくれているそうだ。

また、“海”というのは、月の内部が今よりも温かかった昔、隕石が衝突してできた穴からマグマが出てきて、平らになった部分のことだと松本氏は説明した。

一方、太陽の黒点については、「クイン・メタリアは、太陽の暗黒点から地球に降り注ぎ、地球で生まれると言う話でしたが、当時の観測技術では太陽の表面はぼやっとした感じにしか見えなかったんです。

でも、『ひので』で見た画像は鮮明で、とても渦巻いているという表現がピッタリですし、クイン・メタリアが出てきそうですよね」と松本氏。当時の原作の絵が、「ひので」が撮った写真にとても近いのでびっくりしたという。

また、惑星の公転をシミュレーションさせた松本氏は、「太陽のまわりを惑星はまわっていますが、特に水野亜美(水星)は速いです」とコメント。

「一番太陽に近いところにいるから回転が速い。やっぱり頭の回転も速いですし」と話す小林氏に、「そういうことなんだろうと思います」と答えた。

■セーラープルート「私はもうセーラー戦士ではない」

そして、いよいよ(?)話題は「冥王星」に。

「冥王星のまわりには、ハウメア【編注:2003年に発見】、マケマケ【編注:2005年に発見】という天体があります。

こうした冥王星と似たような大きさで、似たような起動を持っている天体が見つかってきていて、冥王星が特別な天体ではないということが分かってきました。

そこで、惑星の定義を考え直しましょうということで、2006年に天文研究者が集まる国際会議で、冥王星は惑星ではなく、準惑星になりました」と説明する松本氏。

原作連載中にはまだ発見されていなかったこれらの準惑星に対し、

小林氏も「ショックですね。だって、セーラーハウメアやセーラーマケマケとかがいることになっちゃいますよ。これから新シリーズをやるときは、ハウメアやマケマケが出てきちゃうわけですね」と話す。

松本氏によれば、今年中にも準惑星に分類されそうな天体があるらしく、望遠鏡の精度が上がってきた昨今では、これからもどんどん発見されていくそうだ。

そんな話が飛び交う中、小林氏はファンが素朴に思ったであろう疑問の答えを教えてくれた。

「僕、冥王星の扱いはどうなるんだろうと思って、1度、プロデューサーに相談したんですよね。もう惑星でないというなら、それを案に設定に盛り込むと面白いと一瞬思ったんです。

でも、ちょっと無理があったので、やめました。

つまり、セーラープルートが、『私はもうセーラー戦士ではない』というような台詞を言ったりと、現実を逆手に取って上手くいかしたいと思ったら、余計なことでした。

でも、最新の天体の情報や新しい天体を、今後の『セーラームーン』に生かせたら面白いなと思ったりしています」。

今は、セーラームーンと敵対するブラックムーンが本拠地としている太陽系第10惑星(冥王星が惑星でなくなったので、実際には第9惑星)のネメシスも、理論的にあるとする研究もあるそうだ。

原作者の武内直子氏は、天文学者の間で天文学に明るい人物として知られているとのこと。

小林氏は「おそらく、武内先生が今描かれたら、もっと違うモチーフや設定で、物語が展開されるのかなと思います」と締めくくった。

今、六本木ヒルズでは、『セーラームーン』の歴史に触れられる「美少女戦士セーラームーン展」が開催されている。実在の天体に想いを馳せながら、展示を観てみるのも面白いかもしれない。

美少女戦士セーラームーン展

2016年4月16日(土)~6月19日(日)
10:00~22:00(最終入館は21:30)※会期中無休
六本木ヒルズ展望台東京シティビュー内スカイギャラリー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス