記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
ヘルパンギーナという病気をご存知でしょうか?
一般的には子どもがかかる夏風邪の一つとして知られています。ただし、まれに大人がかかることもあり、その場合は重症化することがあります。

今回のテーマは「大人のヘルパンギーナ」です。医師に話を聞きました。

ヘルパンギーナってどんな病気?

ヘルパンギーナとは、エンテロウイルスという病原体が感染することによって起こる病気です。
通常、5歳以下の子ども、特に1歳代で多く発症します。

ヘルパンギーナの症状は以下のようなものです。
・39度以上の高熱
・口腔粘膜の水疱
・腫れ
・発疹

口の中の水疱が破れると痛みが出るため、食事をとれなくなることもあります。症状は2~4週間程度で自然に改善します。

エンテロウイルスは、感染者と直接触れ合うことによって起こる接触感染、便などの排泄物や唾液などを介して起こる糞口感染・飛沫感染により広がります。

どうして大人もヘルパンギーナになるのですか?

ヘルパンギーナは子どもの病気です。しかし、感染している子どもと密に接している大人の場合、感染する可能性があります。

一度ヘルパンギーナにかかると免疫がつきます。多くは子どものころに感染しているため大人が発症することは少ないのですが、睡眠不足やストレスなどで体力や免疫力が落ちていると、ヘルパンギーナを発症してしまうことがあります。

大人がヘルパンギーナになると重症化するって本当?

大人がヘルパンギーナにかかると、子どもと同様に、高熱、口腔粘膜の水疱などができます。

症状の出方が子どもよりも重く、改善するまでに長期間かかることがあります。

ヘルパンギーナはウイルス感染なので、大人の場合も抗生物質(細菌感染のときに有効)のような特効薬はなく、安静にして、栄養、睡眠をしっかりとることが最も大切です。

対症療法として、発熱に対しては解熱剤、痛みに対しては鎮痛剤が処方されることがあります。また、口の中の痛みのために食事や水分が十分摂取できず、脱水症になることもあり、重症度によっては点滴が必要になることがあります。

妊婦がヘルパンギーナにかかると胎児に影響あるの?

妊娠中は免疫力が低下しているので、通常の状態よりも感染にかかりやすくなります。妊娠中にヘルパンギーナにかかると、高熱、痛みなどで体力を消耗するほか、食事や水分を十分にとれなくなり、脱水症になりやすくなります。

たとえヘルパンギーナにかかったとしても、妊娠後期まではウイルスは胎盤を通ることができないので、胎児への影響はありませんのでご安心ください。

ただし、出産直前期にヘルパンギーナにかかると、出産のときに赤ちゃんにウイルス感染してしまうことがあります。生まれたばかりの赤ちゃんがヘルパンギーナを発症すると、まれに重症化してしまうことがあるので注意しましょう。

ヘルパンギーナを予防するためにできることは?

まずは手洗い・うがいをしっかりして、ウイルスを体の中に入れないように気をつけましょう。

特に、家族(お子さん)がヘルパンギーナにかかっている場合、お世話や看病した後はしっかり石鹸で手を洗い、汚れた衣類もすぐに洗濯するようにしましょう。

≪手洗い、うがい、しっかりできていますか?≫
毎日風邪予防出来ていますか?【風邪予防】診断

医師からのアドバイス

日ごろから睡眠・栄養をしっかり摂り、免疫力を維持しましょう。またヘルパンギーナの感染のしかたや症状の出かたを知り、流行する前から予防を心がけるといいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス