■インターネットの便利な仕組み「クラウド」

出典 https://support.office.com

こんな雲のマークで表現される「クラウド」。パソコンやスマホ、タブレットを使っている方なら耳にしたことがあると思いますが、その詳細はご存じですか?

クラウドとは…

出典 https://www.fujixerox.co.jp

「クラウド」とは、クラウドコンピューティングを略したもの。その詳細は次の通り。

簡単にいうと、データを自分のパソコンや携帯端末などではなく、インターネット上に保存する使い方、サービスのことです。自宅、会社、ネットカフェ、学校、図書館、外出先など、さまざまな環境のパソコンや携帯電話(主にスマートフォン)からでもデータを閲覧、編集、アップロードすることができます

出典 https://www.fujixerox.co.jp

要するに、自分が保有しているデータを「インターネット上」に保存しておくことで、パソコンやスマホ、タブレットなど様々な端末でどこでも使用できるようにするシステムのこと。すごく便利!

そんな中、この「クラウド」の概念を利用して、ある物事の説明をしたお話がTwitterで話題になっています。

その一連のお話をTwitterに投稿されたのは「元鈴木さん」。お母様に「仏壇」と「お墓」の違いについて聞いた際に帰ってきた言葉が、あまりにも納得できたというのですが…。

■そのツイートがこちら

仏壇はタブレット、墓はデスクトップ、おじいちゃんはクラウドに保存されている。今からデスクトップをアップデートしに行く」

恐らくお墓参りに行く前に交わされたであろう会話。なるほど、なんだか納得できますね。

■この絶妙の例えに感心の声

なるほど!

出典 https://conobie.jp

ストンときました。

うまい!

とっさにこんな表現が出てくるのはスゴイですよね。

すごいセンス

罰当たりと言われる方も居るかもしれませんが、なんだかオシャレでウィットに富んだ表現ですね。

実際そんな感じ

そう考えると、仏壇とかお墓のシステムって凄い!

きっとそのうち…

そんな未来はちょっと嫌かも…

だとしたらこんな悲しい事が…

おじいちゃん!!!?やはり強制アップデートはダメですね。

お墓と仏壇はリンクしているから…

毎日手を合わす為の仏壇です。

■この例えに触発された方々も

ちょっと違うと思う。

出典 http://koushou-ji.com

自宅よりもお寺や墓地の方が太い回線が通っている。確かにこの表現もわかりますね。

坊主はSE

出典 http://poor-nobleman.com

なるほど…。

宗教により互換性が違うんですね。ふむふむ。

■色々なご意見はあると思いますが…

確かに、亡くなった方は「クラウド的な天国」に居ると考えると、わざわざ毎回「デスクトップ的なお墓」に行って手を合わすような時間は無くとも、「簡易端末であるスマホやタブレット的な仏壇」に手を合わすというスタイルは、クラウドのシステムそのものですよね。


なんとも理にかなったわかりやすい表現でした。お母様凄い!

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス