日中の最高気温が40度をゆうに超えるにも関わらず、約70%の家に電気が引かれていないというバングラデシュで、現在、話題沸騰中の

電気を使わないエコクーラー

これが『凄い!』『賢すぎる!』と、海外を中心に話題となっていたので紹介したいと思います。

バングラデシュの広告会社『Gray Dhaka』が主導するソーシャルプロジェクト(社会的課題の解決を目的とする活動)から生まれた…このエコクーラー。

なお、作り方は非常に簡単でして、ペットボトルを半分にカットし、

ペットボトルの蓋と同じほどの穴を開けた板に

ペットボトルを差し込み

穴を開けた蓋(キャップ)をして固定。

そして、同じモノを板に隙間なく設置し

窓枠に取り付ければ…

エコクーラーの完成です!

ちなみに、『Gray Dhaka』スタッフによると、エコクーラーがあるとないとでは、室内の温度が

平均“5度”

も違ったのだそうで、このエコクーラーの開発によって、熱中症等の患者も著しく減ったとのこと。

これは画期的すぎますよね!

なぜ、室温が下がるの!?

実はコレ!手に息を吹きかける際、口を大きく開けて息を吐けば暖かく感じ

口を小さくして息を吐けば冷たく感じるという…あの現象を応用したモノでして、この現象は諸説あるものの、流れる空気のスピードの違い、また、空気が狭い場所を通り抜ける際、気圧が変わり温度が下がるという理由等で…室温が冷えるのだそうです。

では、バングラデシュだけでなく、現在、世界中で話題となっている究極のエコクーラー。動画にてご覧ください!

出典 YouTube

これは素晴らしい!

電気のない家々に、急ピッチで取り付けが行われているという…ペットボトル製エコクーラー。これはバングラデシュだけでなく、今後、世界中に拡散、大活躍するに違いありませんね。

体育館など、足元に小さな窓しかないような場所でも活躍しそうな…エコクーラー。興味を持った方は是非一度、制作してみてはいかがでしょうか?

こちらも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス