「どうぞこちらです」の案内だけの仕事は楽勝だと思った私

Licensed by gettyimages ®

口下手だけど営業がしたい。

20代後半の時、「チラシを見たお客様を案内する簡単な営業です」と書かれた会社の求人を見つけました。

賃貸不動産の営業の会社でした。「こ・・・これなら口下手な私でも出来そうだ」「だって『どうぞこちらです』と案内するだけだもんな」単純な考えの持ち主である私は善は急げとばかりに面接希望の電話を入れました。

パンチパーマの眼光鋭い社長の面接


面接は社長自らして下さいました。50代後半と思われる社長はとにかくガタイが大きく、迫力満点の男性でした。

だた者ではなさそうな社長のオーラに飲みこまれながらも必死で面接の受け答えをする私に、「いつから働ける?」社長のただならぬオーラを気にするよりも、とにかく無職の期間を1日でも短くしたい私は・・・・

「ハイ、いつでも大丈夫です。明日からでも働きたいです」

そう答えた私は次の日からその会社に勤めることになりました。

「電柱にこれを貼ってこい」

Licensed by gettyimages ®

最初に与えられた仕事らしい仕事は電柱にチラシを貼りに行くことでした。都会の人通りが多い地域でこれをするのは勇気がいりました。

「あまり人に見られないように貼れよ」

先輩からそう言われていましたが、電柱には色々な会社のチラシが貼られていたために、別に悪いことではないんだと勘違いしてしまい堂々と人目を気にせずに貼って行きました。

「オイ!何してるんだ?」

ある日、警察官に声をかけられ、やっと私はその行為がやってはいけないことだと知ったのでした。

このチラシの部屋ってむちゃくちゃ家賃が安くないか?

Licensed by gettyimages ®

そんな疑問を持ち、先輩に聞くと、「そんなの嘘にきまってるだろ」と返され、お客様に来て頂くための嘘のチラシだと知りました。

社長独自の善意の嘘という理論

チラシを見てお客様は来店されます。「このチラシの部屋ってまだ空いてますか?」私たちは、「大丈夫です。空いてます」と答えることを義務付けられました。

社長の話によるとお客様はチラシを見て、「こんなに良い条件の部屋があればいいよな」と夢を描いて来店してくるから、「空いてます」というのは、その夢を壊してお客様をがっかりさせないための善意の行為ということでした。

まずはお客様が嫌がる部屋の条件を探れ

Licensed by gettyimages ®

チラシを見られたお客様に、「さすがお目が高いですね」「この部屋はとってもお勧めなんですよ」と期待をもたせることを義務付けられた私たちが次にすることは・・・

「簡単なアンケートだけご記入お願いします」

こう言ってアンケートをとることでした。そのアンケート内容はお客様が部屋探しに重視している点を詳しく探るようなものでした。その真の目的はお客様の嫌がる条件を探ることでした。

そのアンケートを見ながらお客様に簡単な質問を投げかけてその後、どう話をもっていくかを決めるのです。

「この仕事にマニュアルなんてないから先輩の話を盗め」

そう言われて私は必死で先輩の話の持って行き方をちょっと離れた所から聞きました。その中でも、印象に残っている話です。

嘘のチラシで来店された若い女性客

Licensed by gettyimages ®

初めての一人暮らしをする予定である若い女性客でした。

親元を離れる不安な気持ちから出来るだけ明るい感じの部屋で、周囲の環境も良く、それでいて家賃もできるだけ安い方がいいということでした。

嘘のチラシを見て夢を描いて来てくれた女性の夢をさらに膨らます先輩

「それなら大丈夫ですよ。この部屋は日当たりもいいですし、周囲の環境も悪くないですよ」と言う先輩の言葉に、「わー!嬉しいです」と女性は言いました。

「でも、言いにくいことなんですが・・・」

Licensed by gettyimages ®

先輩 「実は、部屋は一つだけ問題がありまして・・・あのう。お化けって信じますか?」

女性客 「え?どういうことですか?」

先輩 「と言うのも私が見たわけではないので本当のところどうなのか分からないのですが出るそうなんですよ」

女性客 「それって幽霊ですか?」

先輩 「以前にその部屋で自殺がありましてね。あっ!でも、部屋は完全に綺麗になっているから大丈夫なんですけどその後に入居した人二人とも同じものを見たと言ってるんです」

女性客 「えーー怖いですそれって・・・」

先輩 「でもですね。それが自殺と関係ないかもしれないんですよ。というのも自殺をしたのは男性なのですが、幽霊は女性で片目がないのが特徴なんですよ」

女性客 「そんな部屋チラシに載せていいんですか?」

先輩 「というのも大家さんに泣きつかれましてね。一回目に見たと言う人の時にお祓いをしてもらったのに全然効果がありませんで、しかも先月は横の部屋の人も、「隣りから変な音が聞こえる」と言うことで出て行かれたんです」

女性客 「それってヤバくないですか?」

先輩 「だから、大家さんとしても部屋を空きにしておきたくないと言う気持ちから相場よりもかなり家賃を下げて入居者の募集をしているんです」

女性客 「本当の話ですか?」

先輩 「本当かどうかは住んでみないとこればかりは分からないのですが、もし、気にしないし幽霊なんて絶対に居る訳ないと言う人にはこれ以上家賃が安い物件はないということでお勧めなんですよ」

女性客・・・

「そんなのを勧められても嫌です」

Licensed by gettyimages ®

先輩は「そうですか。せっかくこれ以上は安い物件はないので残念です」とわざと残念な表情をしてこう言ったのです。

「相場よりも安すぎる物件は全て問題のあるものなのです」

ここでこの決め台詞が女性客の気持ちを変えてしまったのです。「あーーそうか世の中そんなに美味い話はないんだ」「安い家賃の裏には何かがあるんだな」と思わせたのです。

そして、「他にちゃんとしたご希望に添える部屋をご紹介します」と先輩から別の部屋を紹介され、女性客は感謝の気持ちで契約をして帰ったのでした。

巧妙に仕組まれた手口

Licensed by gettyimages ®

相場よりも明らかに条件の良過ぎる物件のチラシ

そのチラシを見て来店されたお客さんに、「申し訳ございません。もうその部屋は決まっちゃいました。それよりもこちらの部屋が・・・」と言う業者は私が勤めていた会社よりはまだ悪質の度合いが低いのです。

賃貸不動産の世界では、お客さんに来てもらうための嘘の条件の物件をオトリ物件、もしくはサクラ物件と言います。

嘘であるために業者は何かと理由をつけて絶対にその部屋を貸すことはないのですが、その手口次第で悪質の度合いが変わってくるのです。

1 「その部屋はもう決まりました」と言う業者

2 「空いてますけど、問題がありまして」とお勧めできない理由を先にいう業者


3 「さすがお目が高いです」と夢を膨らましてからその夢を崩していく業者


1→2→3となるに連れて手口としては巧妙になっていきます。最終的にお客様が納得出来るいい部屋が見つかれば、実害はないとしても、そのやり方に心が痛む経験をしました。

今回は、これからから部屋を借りると言う方に少しでも参考になれればと言う気持ちで以前に勤めていた会社の手口を紹介しました。

この記事を書いたユーザー

ロバート・熊 このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライター。食品スーパーの店員ならではの記事を楽しんでいただければと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス