記事提供:conobie

家族が増えるといろいろな記念日が増えますが、どうも忘れられがちなのが「結婚記念日」。

あなたの家ではどうですか?

目次

・結婚記念日を忘れてしまった、わたし
・会社の先輩に話してみると…
・夫婦で“記念日”をどう考えるのか?

結婚記念日を忘れてしまった、わたし

結婚して4年目。なるべく記念日にはお互いに休みを取り、2人で過ごそうと決めていたのに…。

仕事の休みを取り忘れていた、わたし。

夫はちゃんと覚えていてくれ、休みを取ってくれていました。それがますますショックでした(笑)。

会社の先輩に話してみると…

何気なく、昼食で一緒になった先輩に結婚記念日の話をしました。

さりげなく先輩に話すことで記念日を忘れる妻は一般的にどうなのか!?を、ちょっとリサーチしたかったのです。

結婚して10年目の先輩。「忘れちゃう」のそのセリフに寂しさを感じるわたし。

でも、子どもが生まれたら仕方ないのかな、と1人納得していました。

家に帰ってからさっそくその話を夫にしました。「記念日なんて子ども優先になって、忘れちゃうんだって」すると、夫は、

このセリフを聞いて、ますます夫に惚れ直したのです。

夫婦で“記念日”をどう考えるのか?

子どもが生まれて我慢することが増えた毎日。

もちろん幸せだけど2人で過ごす時間は減ってしまいました。

そんな中、夫が結婚記念日を大切にしてくれている。それが分かっただけで、とても幸せな気分になりました。

特別なことはしなくていい。

お互いがその日を大切に思うだけでそれだけで十分なお祝いになると思います。

とりあえず「1年間ありがとうね」。

そんな気持ちをパートナーに伝えてみませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス