記事提供:バズプラスニュース

このアイテムは、ノルウェーのガレージメーカーAmok Equipmentが開発したキャンプ用ハンモックDraumr

主流のもののように頭側とつま先側で吊るすのではなく、体の両サイドから吊るす構造になっています。

・しっかりした安定性を確保

この両脇のストラップを締めることでハンモックの角度を調整し、寝転がって使ったり、座って使ったりすることができるのです。

写真で見る限りでは、クルッとひっくり返ってしまいそうですが、しっかりした安定性を確保しているようです。

・背中の冷えも回避できる

全体を蓋う虫よけのネットが取り付けられているほか、雨天の場合などで使用する専用のタープも用意されています。

また、スリーピングパッドを入れられる仕様なので、ハンモックのネックでもある背中の冷えも回避できるでしょう。

・野営も問題なさそう?

本体の重量が1.36kgで、タープとペグが0.64kg、総重量は2kgです。

宙に浮かせるハンモックの機能を取り入れつつ、全体的な作りや仕様はビビィサックなどのシェルター寄りに仕上げているよう。

冬山や荒天でなければ、これひとつでの野営も問題なさそうです。

残念ながら、ノルウェーと米国以外の地域への出荷分は完売。次シーズンの生産を待ちましょう。

出典 YouTube

出典:Geared(Facebook)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス