ーー地下アイドル“海”を潜行する、姫乃たまがつづる…アイドル界を取り巻くココロのお話

記事提供:おたぽる

世の中には、話の通じない人間が存在している。

話の通じない人間は、大きくふたつにわけられる。なんらかの身体的、精神的事情により会話が困難、あるいは単に先入観を持たれていて話が通じないと思い込まれている人々。そして、相手の気持ちを考えられない人間である。

言うまでもなく、前者は話の通じない人間ではない。

たとえば、地下アイドルとして活動していると、知的障害や発達障害を抱えた方、躁鬱病や、吃音の方などと物販で会話をすることがある。

前回記したように、私が相手の気持ちを汲み取りきれず失敗してしまうこともあるが、彼らからは会話をしたい気持ちが伝わってくる。

会話が進む速度はゆっくりだが、自分の話を伝えたい気持ちと、私の話を知りたいと思ってくれている気持ちによって、確実に進んでいく。

そして、偏った見方をされがちな地下アイドルのファンも、犯罪者予備軍ではない。普通の人間である。

問題なのは一定数、確実に存在している“後者の人間”だ。

相手のことを好きだと思っているが、実のところ相手を好きな自分が好きなので、相手が思い通りにならないと癇癪を起こしてしまうような人が、後者の人間に当てはまる。

2016年5月21日、小金井市で20歳の女性が、男に刺傷された。私はこの日を一生忘れないだろう。

世間に課されたストーカー問題、マスコミによる偏向報道、地下アイドルに残された警備の課題等々…複雑に入り組んでいるように思われた今回の事件をめぐる問題は、実はごくシンプルで、この“後者の人間”に対する恐怖心だった。

事件後からの数日間、私は朝から晩までテレビ局や新聞、週刊誌からの取材を受け続けた。

地下アイドルとファンの距離感の近さや、ファンの危険性を執拗に聞き出そうとする報道陣。

アイドル業界を危険視する世間の声はしばらくやまなかった。

本質のストーカー問題から逸れて、地下アイドルとファンについて騒ぎ立てる人々を見て、“後者の人間”が自分の周りにも存在している恐怖心から逃れるために、自分とは関係のない狭い地下アイドル業界のこととして片付けておきたいのだろうと私は感じた。

そして“前者の人間”が“後者の人間”と一緒くたにして語られ、被害者の女性がアイドルではないことが判明した後も、地下アイドル業界の危険性を指摘するような報道や記事は制作され続けた。

■いま、偏見から地下アイドルを守りたい

事件の翌日、3社のテレビ局から情報番組の取材依頼が届いた。

きちんとしたメールを送ってきたのは1社のみで、1社は文面にほとんど改行がなく、私の名前が間違っていて、もう1社にいたってはほかのアイドル評論家宛のメールがそのまま送られてきていた。

普段の仕事であれば、絶対に受けない杜撰さだが、思うところがあってすべて引き受けた。当日はCDのリリース日で、夜に主催のライブイベントがあったので、会場と共演者に許可を取って、取材しに来てもらった。

覚悟はしていたが、取材は辛辣なものだった。

吉田豪さんは、テレビ局からの取材に関して、連載記事で以下のように記している。

某テレビ局からボクがこの事件について電話取材されることになって、「大手アイドルと地下アイドルの違いについて教えて欲しいんですけど、やっぱり距離感が近いと危ないんですよね?」と聞かれたから、

「そもそも彼女はシンガーソングライターで、犯人もアイドルヲタとかじゃないから、地下アイドルの問題とはまた別」と説明。

しかし、何度説明してもピンとこないのか「でも、やっぱり地下アイドルの世界はファンとの距離が近くて危ないんですよね?」と聞いてくる某テレビ局スタッフ。

出典 http://n-knuckles.com

(「アイドルでもないしヲタでもない!小金井刺傷事件の報道に感じるモヤモヤ」|ほぼ週刊吉田豪より)

テレビ局の取材は、彼が書いている会話と本当に寸分違わず行われた。

「地下アイドルをしていて危険だと思ったことは?」

「ファンを怖いと思った瞬間は?」

「メジャーなアイドルと違って守ってもらえないんですよね?」

等々。これが3社繰り返された。

その日もイベントは滞りなく終わったし、報道のカメラもそれを見ていた。周囲には遊びに来てくれたファンの人たちが、今夜のライブの感想などを楽しげに談笑している。

目の前のそんな光景が、テレビ局の人たちには見えないようであった。

述べ2時間ほどの取材を受けながら、私自身もひとりの人間として、事件の悲惨さと衝撃に精神を追い詰められていた。

「今回の事件についてどう思われますか?」「被害者の方を思うと、どんな気持ちですか?」という質問には、冷静さを欠いて、思わず喉が詰まった。

きちんとしたメールを送ってくれたテレビ局だけが、落ち着いた状態で取材をしてくれた。

取材後には私の精神状態を案じて、忙しい中わざわざ電話をかけてくれた。

しかし、その翌朝に放送されたのは、強引に編集されたファンの危険性を煽る内容だった。

取材で、ファンが危険だということは話していない。説明の途中で話した部分が切り抜かれたのだ。

たとえば雑誌の取材で、記者の人がこちらの意図を汲んだ記事を書いてくれても、取材には同行していなかった編集者の判断で、面白おかしく話してもいない内容に改変されることがある。

それと同じだ(ただし雑誌の場合は原稿チェックがあって、訂正できる)。放送を見た知人から、「ファンの人に気をつけてね」というメールが届いたのを見て、私は、報道も“後者の人間”であると思った。

視聴率が取れそうな報道をしたいテレビ局と、恐怖心を“地下アイドル業界のこと”として片付けたい視聴者。

取材に協力しても地下アイドル側にメリットがないことは明らかで、そもそも事件の凄惨さから取材を拒否する関係者がほとんどだった。

周囲の関係者から聞いただけでなく、取材依頼メールの誤字や、実際に顔を合わせた報道陣の焦りから、取材を引き受ける人がなかなかいなかったのであろうことは充分に伺えたし、

ニュースサイトで働いている知人からも、取材拒否が相次いでいることは聞かされていた。

しかし、私が取材を受けたのには、個人的な思いがあった。

私は、必死に自己主張して、有名になりたい、愛されたい、見返したい、願望を叶えるために活動している地下アイドルが好きだ。

その魅力を、地下アイドルを知らない人にも伝えたくて、自身も地下アイドルとして活動しながら文章を書いてきた。

しかし、文章を広く伝えるためには、地下アイドル業界を俯瞰する必要がある。

そして、地下アイドル業界を俯瞰していると、自己主張や自身の願望を叶えることは二の次になり、自分自身は地下アイドルらしさから遠ざかっていった。

それでも地下アイドルとして文章を書いていると、私の発言が地下アイドルの総意であるかのようにメディアに取り上げられることも増えてきた。私はずっと、自分が地下アイドルの総意だと思われることが怖かった。

私と考えの違う地下アイドルの子に迷惑じゃないか、地下アイドルらしからぬ態度が見知らぬファンの人に嫌われるんじゃないか。そういうことを、事件以前もずっと考えていた。

自分の発言をいちいち気にするなんて、自意識過剰だと思われるかもしれない。

しかし、地下アイドル業界は思っているよりも小さく、偏見の目で見られやすい。さして有名でない私の発言でも、どう影響するかはわからない。

取材で何度も繰り返されたように、危険な仕事だと思われているし、「アイドルがファンの男性から一方的に消費されている」という見方や、「若い女の子の性を売りにしていて嫌悪感がある」という意見もよく投げかけられる。

人の嫌悪感とは、なかなか拭いきれないものだ。

それでも最近では、過酷なドキュメンタリーや、過激な一面を報じる以外にも、バラエティ番組に地下アイドルの女の子が出演していたり、少しだけ盛り上がりを見せていた。

取材依頼が届いた時、私が立ち向かうのは今だと思った。

ワイドショーの視聴率のために、地下アイドルの文化を潰されたくなかった。地下アイドルのことをよく知らない人たちの当たり障りないコメントで、偏見を助長されるのは避けたかった。

みんなが取材拒否している今、地下アイドルとして発言することで少しでも誤解が解けるなら、私は取材を受けるべきだと思った。

そして、その翌日からも新聞や雑誌の電話取材や、テレビ局の取材を可能な限り受け続けて、耐え忍んだ。

そのうちに取材依頼を受けた段階で説明していると、地下アイドルとファンの距離感は事件と関係ないということで、取材を取りやめて、企画自体を変える雑誌やテレビ番組もでてきた。

しかし、事件翌日の取材だけは、受けたのが正しかったのか未だにわからない。当日巻き込んでしまったファンの人には、非常に申し訳なく思っている。

■地下アイドル文化を守り続けたい

まだ私が未成年だった頃、数回しか面識がなく、ほとんど会話したことのない地下アイドルの女の子が、交通事故で亡くなった。

顔見知りの人間に不幸があるのは初めてではなかったが、これまで経験したことのない衝撃に襲われて、しばらくの間、癇癪を起こした子供のように泣き出すことが何度もあった。

そのたびに私は、地下アイドルを狭い村だと思った。本当に生まれた頃から苦楽を共にしてきた仲間が亡くなった気分だった。

そうして私は初めて、自分が地下アイドルの世界に身を置いていること、自分が思っているよりもこの文化が大切で、同じ業界にいる女の子やファンに不幸になってほしくない自分の気持ちに気がついた。

今回の事件は人前に立つ女性だけでなく、すべての人に関係する問題である。女性からのストーカー被害に悩む男性もいる。

そして、地下アイドル業界も、その実態が報道されているより危険でないとはいえ、ファントラブルはゼロではないし、“後者の人間”だって紛れ込んでくる可能性はある。

偏見からだけでなく、実際の被害にも対策を立てないといけない。今後は警備の課題も残されている。

残念ながら、これまでにファントラブルで怖い思いをしたことがある地下アイドルも少なくない。

何もなくても、ファンへの嫌悪感が拭えないまま、地下アイドルとして活動していた子もいるだろう。

事件以降、「女として見ないでほしい」「独占しようと思わないでほしい」という旨のツイートをする女の子も見受けられる。私自身も最近妙なメールが増えていて、気をつけなければいけないと思っていたところだった。

彼女たちの気持ちもわかる。私も地下アイドル以前に、ひとりの女性としてひどく恐怖心があり、報道の取材を受けたことによって、今回の事件に感化された犯罪の被害に遭うことも危惧している。

しかし、女として見てもらうことも、独占したいと思われることも、地下アイドルの仕事であり、魅力的な地下アイドルの基本であることに変わりはない。

事件以降、急に活動を休止した地下アイドルもいる。一方で、イベントに出演すると、ファンや地下アイドル同士の絆や連携が深まったようにも感じる。

私の身の危険を案じて連絡をくれた、ライブハウスのスタッフさんや、ほかの事務所のマネジャーさんもいた。

果たして地下アイドルは、こんなに怖い思いをしてまで続けることなのだろうか。

正解はわからないが、いま地下アイドルが試されているのは確かである。

私は地下アイドルを長く続けたいと願う一方で、いつでも辞められる人間だと思っていた。

しかし、何度も何度も取材に応えているうち、私の中に覚悟のようなものが生まれた。

私はこの楽園を守りたい。私が歌ったり、喋ったりして、ファンの人が遊びに来てくれて、私と話して存在を肯定されていることに気がついたり、時には私を置いてけぼりにしてファンの人同士で仲良くなる空間を守りたい。

事件の翌日、報道のカメラに見つめられながら、私は客席に向かって、「私と恋をしましょう」と言った。

私は歌も踊りもうまくないけど、なんとなくこの人好きだなって思ってもらえたらいいなと思っている。

地下アイドルはそういう存在だと思う。それでお金をもらう。

金銭の授受によって犯罪が生まれるという推測はわからなくもないけど、タダで好意をやりとりしていたら、それこそ秩序が保たれなくなる。

お金を払わないと、どこまで喋りかけたらいいのかわからないけど、チェキ1枚分のお金を払えば、撮影している間は確実に会話ができる。そうやって、秩序は保たれてきた。

金銭が発生したからといって、私のファンの人への気持ちは急に偽物になったりしない。

ファンに、「私と恋をしましょう」と言うのは怖くない。きちんとした恋なら、大丈夫。刺しても、殴っても、私たちは仲良くなれないし、ファンの人もそんなことはよくわかっている。そうやって、私たちの楽園は守られてきた。

同時に、ひとりの人間として、被害者の女性が重態である時に、地下アイドルとファンの居場所を守るという、高次的欲求を叶えようとしている行為が辛い数日間でもあった。

私はこの数日間で、生まれて初めて祈りという行為を知った。被害者の女性は地下アイドルではないけれど、彼女も同じようにライブハウスで人前に立っていたのだ。

どうしようもないことに、“後者の人間”は一定数確実に存在する。

本当に話が通じない人への対処は専門家でないと難しく、この場では「刺激しないように」ということしか書けない。

私にできるのは、“後者の人間”の見極めと、そうでない大多数の人にきちんと接することだけだ。

地下アイドルとファンの関係は一方通行ではなく、対人関係にある。

ファンの人、ひとりひとりと丁寧に接するのはもちろん、ファンの人同士を繋げることも大切な役割だ。

人にわかってもらえない、寂しい気持ちは減らしたほうが生きやすいと思うし、地下アイドルの現場ではそれが叶えられると思う。ひとりでいたほうが気楽で居心地がいい人もいる。そういう人はこれからもそっと見守る。

そうして、足を運んでくれた人が存在を許される空間を作り続けるのが、私の仕事だと思っている。

姫乃たま

1993年2月12日、下北沢生まれ、エロ本育ち。地下アイドル/ライター。

アイドルファンよりも、生きるのが苦手な人へ向けて活動している、地下アイドル界の隙間産業。

16才よりフリーランスで地下アイドル活動を始め、ライブイベントへの出演を軸足に置きながら、文筆業も営む。そのほか司会、DJとしても活動。

フルアルバムに『僕とジョルジュ』、著書に『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)がある。

公式サイト
Twitter

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス