梅雨のバスマットって乾かない・・・

Licensed by gettyimages ®

洗って干しておいても、乾かないまま悪臭を放つはめにになることまで!とにかく、バスマットの扱いって面倒くさい。そこで、最近大注目なのが珪藻土のバスマット。

さらりとした陶器のような素材で、何人使ってもビショビショにならないから、これからの時期にぴったり!

とはいえ、結構お高いんですよね~

そこで、お値段以上、ニトリの出番ですよ!

珪藻土バスマット(カイテキバスマット L) 1,843円(税別) 1,990円(税込)

出典 https://www.nitori-net.jp

なんと、珪藻土のバスマットが2000円以内で買えちゃうなんて!

2000円とは思えないお値段ですよね!

べしょべしょのバスマットは世界で最悪の足元です

追加で!バスマット、玄関マット、ベランダマット・・・とか?

びしょびしょになったバスマットには雑菌がいっぱい!

Licensed by gettyimages ®

濡れたバスマットを放置すると、驚愕の雑菌数が・・・

「新品には菌はほとんど付着していません。単位グラム当たり数百程度です。使用する状況や環境等の影響で増殖する菌数は異なりますが、バスタオルを1日使用すると、菌は10万個、バスマットは3週間使い続けると100万個付着していたという結果も得られています」(山縣さん)

出典 http://news.livedoor.com

ライオン株式会社のお洗濯マイスター・山縣義文さんによると、これだけの・・・ウウウウ・・・・・私、バスマットは三日に一回とかの洗濯でした・・・

吸収が早くて、乾きも早い!

出典 https://www.nitori-net.jp

さらっと速乾燥の上に、抑臭効果があるとのこと。梅雨時にはうれしいですよね。

そう、すっごく欲しいけど、けっこう気合いのいるお値段なのですよね~・・・とってもイイ!という感想の中に「お高いモノと比べると、やっぱり吸収力はそんなにない」というものもありました。

でも、濡れたバスマットとさよならできる、デビューとしてなら!!!!!

【吸水・乾燥】
珪藻土は多気孔質からなる無数の微細な「孔」(穴)がマットに付いた水分を瞬時に吸収、そして吸収した水分が一定量に達すると、自立呼吸により水分を放出します。
これにより乾燥させなくても、表面はいつもサラサラな状態を保つことができます。

出典 https://www.nitori-net.jp

要は、表面にぼこぼこあいている孔に水が吸い込まれていって、そのうち水蒸気にして放出すると。

水がうっすら見えるような・・・?

でも、だんだん水を吸わなくなってしまうのでは?

出典 https://www.nitori-net.jp

干しても水を吸わなくなってきたなあ・・・こんなものかな?なんて思わないで!ちゃんとお手入れ用のサンドペーパーがついてきます。

【お手入れカンタン】
使用回数が増えてきますと表面の「孔」(穴)が目づまりを起こし、吸収力が落ちてきます。
吸水力が落ちたと思われる場合、紙やすり(400番程度)で表面を薄く削ることで本来の吸水性が回復します。削ったあとは、表面の削り粉を乾いた布でかるく拭き取ってください。
気持ち良くお使いいただくために、1週間に1~2回は陰干しすることをおすすめします。
目安として夏場は1週間に1回、冬場は3日に1回がおすすめです。天日干しや暖房機での乾燥はしないでください。使わないこときは、立てかけておくことをおすすめいたします。
※界面活性剤を含んだ洗剤は絶対に使用しないでください。目づまりや破損の原因となります。

出典 https://www.nitori-net.jp

ほんとにさっと削るだけでいいそうです。家族全員が使った後、洗濯機と壁の間かなにかにすっと立てて差し込んでおけばいいようです。

コースターも

滑らない&柄を選べるのはいいですね!

これでバスマットも快適、清潔!

Licensed by gettyimages ®

バスマットに雑菌が増えるのはもうイヤだ・・・せっかくオフロに入ったのだから、きれいなままで上がりたいですよね。

ニトリの珪藻土バスマットは、高級品と比べると・・・という意見もチラホラあります。しかし、いままでタオル地を使っていた方からの感動の声がたくさんアガっていました。珪藻土デビューに、ぜひいくつかお買い求めになってはいかがでしょうか!?

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス