記事提供:カラパイア

たいていの大人は本当の笑顔と偽の笑顔を持っている。偽善とは知りつつも、誰かを傷つけない為、良い人と思われたい為、あるいはビジネス上、「白い嘘」をつくのだ。

だがその作り笑い、子供には通用しないということは覚えておいたほうがいい。

最新の研究で、乳幼児は本物か作り笑いなのか見抜く能力があることが判明した。この能力は社会生活を送る上で必須の能力となり、成長期の早い時期に形成されるという。

研究チームによると、本物の笑顔か偽物の笑顔か判別することはとても大切で、社会に出たときに適切な相手を選ぶ能力に繋がるという。本物の笑顔を見せてくれる人はより自分に協力的で、自分をだまそうとしない人だと認識するためである。

子供たちは口元で笑顔を見抜く

イギリスとドイツの発達心理学者チームは2歳から5歳の170人近くの子供を対象に5つの研究を行った。

その結果、子供は成長するにつれいろんなタイプの笑顔を見分けることができるようになり、ソーシャルスキル(社会的能力)と結びつくということが判明した。

最初の実験では3歳と4歳の子供を対象とし、2枚の写真を見せ、どちらの写真が本当の笑顔か、どうしてそう思うのか理由を述べてもらった。

その結果、年齢が上にいくにつれ、75%の確率で本物の笑顔を見分けることができた。

3歳児でも笑顔の差別化はできるが、4歳から5歳になると、本物の笑顔を見せる人とより社会的なつながりを持とうとする傾向が見られた。

子供たちが注目したのは口元周辺だった。彼らは本物の笑顔を選んだ理由として、口が大きく開いていたから、笑っていたから、と答えている。

子供は本物の笑顔を見せる人に好意を覚える

次の実験では、3歳児がどうやって本物の笑顔と捉えているのかその方法に注目した。

実験中に視線を追跡する装置を使用したところ、彼らは本物の笑顔を見せている人を長く注視していることが判明した。

これは彼らが無意識のうちに行っていることで、その理由は本人にも説明できないが本物と偽物の笑顔を見分けることができることを示している。

2歳児にも同様のシンプルな実験を行った。幼い子供ほど、2枚の写真を同じくらい見つめていたが、本物の笑顔を見分ける能力が表れ始めていることを示していた。

最後の実験では4歳から5歳の年長者が対象だった。写真を見せ、どちらの人物がより優しそうで、物を分けてくれそうか聞いた。

写真の人物は本物の笑顔と作り笑いをした双子だった。外見は同じように見えるが、子供たちは、2人は性格は異なると答えた。1人(本物の笑顔)は自分の持っているシールを分けてくれそうだが、もう1人(偽の笑顔)は分けてくれなそう、と答えた。

本物の笑顔を見分けることの有用性

子供は本物の笑顔を見分けることができるだけでなく、社会的意味も見出すことができている。

ライプツィヒにある進化人類学のマックス・プランク学会の心理学者で、この研究の第一人者であるルイティング・ソング氏は述べている。

「子供たちは本物の笑顔と社会性能力を結びつけ、このようなわずかなシグナルで、どのような相手と付き合うべきなのかその潜在的可能性を判断しているようです」さらにソング氏はこう続ける。

「人間は協力的な意図を示すシグナルを進化させてきました。それが笑顔なのです」

「簡単な実験を行うと、小さな子供でさえ本物と偽物の笑顔を見分けることができます。さらに、その知識をソーシャルスキルに結びつけています。つまり、交流するのに好ましい人物かどうかを適切に判断する材料に使っているのです」

ニコニコしているけどあの大人の人怪しそう。子供の頃そんな直感が働いたことはないだろうか?周囲の評判は良くても、理由はわからないが苦手というタイプの大人が私のまわりにも存在した。

その人が本当に悪い人なのかどうかは今となってはわからないが、あれもある意味私の自己防衛本能が発動されていたということになるのだろうか?

悲しいことに大人なった今では、毎日がライアーゲーム過ぎて、全てに嘘判定を下すことでしか身を守れないとかポイズン。

出典:dailymail

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス