誕生日。子供の頃はプレゼントは何をもらえるかな?と想像したり、学生の時は友達に「おめでとう」と言ってもらったり楽しいことばかりでした。

しかし社会人になるとそういったお祝いごとから遠くなりいつも通りに過ごすなんて方も多いでしょう。

その誕生日に近づくと憂鬱になる人がいるそうです。

誕生日に自殺する人が・・・

大阪大学で厚生労働省の人口動態調査を元に研究をした結果が発表されました。

誕生日に自殺する人は他の日の約1.5倍になることを、大阪大の松林哲也准教授(公衆衛生学)らのチームが、厚生労働省の人口動態調査データの分析で明らかにし、1日発表した。

出典 http://www.sanspo.com

なんと誕生日に自殺をする人は他の日と比べて高いという発表です。松林准教授によると

欧米では、記念日を期待通りに過ごせず孤独感などの心的ストレスが増え、自殺が増加するとする「誕生日ブルー」という仮説がある。

松林准教授は「文化が違う日本でも同じ傾向が示された。自殺の恐れがある人の誕生日が近づいたら、周囲がいっそう注意、サポートをする必要がある」と話した。

出典 http://www.sankei.com

欧米と同じように日本でも「誕生日ブルー」といって記念日を期待通り過ごせずに心的ストレスから自殺に至るというデータが取れたそうです。

誕生日ブルーとは

誕生日ブルーとは一体何なのかと言いますと

誕生日に自殺や事故で死亡する人数は他の日に死亡する人数と比べて大幅に多いことがわかった。

死因別に見ると誕生日の影響が最も強く見られるのは自殺で、誕生日に自殺で亡くなる人々の数はそれ以外の日に亡くなる人の数より50%多い

出典 http://japan.cnet.com

こうした統計結果を見て上述したように

アメリカの心理学者デビット・リスター氏によれば、自殺者の中でも、自分の誕生日の前後28日以内に自殺している人の数が飛び抜けて多いのだとか。

誕生日が近づくと「それなりに生きたし、もう終わってもいいかな……」などと生きる気力が弱まり、衝動的な自殺を起こしてしまうのだろうと推測されていますが、このように、人が自分の誕生日前後にブルーな気持ちになる現象は、「バースデーブルー」と名付けられています。

出典 http://www.excite.co.jp

誕生日に自殺をしてしまうという仮説を誕生日ブルー、別名バースデーブルーというそうです。

統計の内容は

松林准教授が発表した研究の結果によると

1974年から2014年にかけての人口動態調査データを分析した。この調査データには当該期間中に自殺や事故を原因として死亡した全ての人々が含まれる。統計分析の結果、誕生日に自殺や事故で死亡する人数は他の日に死亡する人数と比べて大幅に多い

死因別に見ると誕生日の影響が最も強く見られるのは自殺で、誕生日に自殺で亡くなる人々の数はそれ以外の日に亡くなる人の数より50%多いことを明らかにした。誕生日に死亡する人が多い傾向は他国における研究で確認されているが、日本でもそのような傾向が見られるかについては明らかになっていなかった。

出典 http://japan.cnet.com

厚生労働省が発表する人口動態調査の結果を元に分析を進めた結果が欧米に見られたバースデーブルーが日本でも確認されたということです。更に細かく分析を進めたところ

死因別に、誕生日からの日数と死亡者数の関係をポアソン回帰分析という統計手法を用いて分析したところ、誕生日の影響が最も強く見られるのは自殺で、自分の誕生日に自殺で亡くなる人々の数はそれ以外の日に比べて50%ほど多いことがわかった(95%信頼区間:46−55%)。

さらに、乗用車やバイクによる交通事故死、また溺死や転落死などの数も、誕生日には20%から40%ほど上昇する。

出典 http://japan.cnet.com

車やバイクによる交通事故死、溺死なども誕生日は他の日と比べて2割から4割上がるそうです。

ネット民の反応は?

この結果を見た人は反応をTwitterでしてくれています。

中には経験したという人もいます。

こうしたつぶやきも見られます。

バースデーブルーの対策は?

バースデーブルーに対する対策を研究結果を発表した松林准教授は

自殺念慮を持つ人や自殺リスクの高い人が誕生日を迎える際には、医療関係者や家族・友人が格段の注意を払ったり、普段以上のサポートを提供したりすることの必要性

出典 http://japan.cnet.com

こうした呼びかけを提言していまして具体的には

こちらから積極的に声をかけてみて。

「きっと誰かとお祝いしているはず」と思っていたら、意外と予定がなく寂しく思っていた……なんてこともあるでしょうし、もし予定があったとしても、「気にかけているよ」という気持ちを伝えてあげることは、とてもいい循環を生むはず。

中には煩わしがる人もいるようですが、SNSの誕生日通知機能なども上手に利用するといいかもしれません。

出典 http://www.excite.co.jp

気にかけてることを伝えてあげるのがいいのかもしれません。

こうした気持ちになれればいいでしょうね。

この記事を書いたユーザー

篁五郎 このユーザーの他の記事を見る

政治・経済、思想・哲学、文学を学びつつ地元を中心にラーメンを食べ歩くフリーの物書きおじさんです。
spotlight公式/プラチナライターでもあります。仕事は随時受け付けしてますのでブログなどを参考に依頼待ってます。
ブログ:http://ameblo.jp/komi1114/
メールアドレス:komi1114@gmail.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス