アメリカ・ペンシルベニア州にあるナショナル・ウォッチ・アンド・クロック・ミュージアム(時計博物館)。館内に設置されたカメラがとらえたものは、驚きの光景でした。

木製の時計に興味津々な老齢のカップル

出典 https://www.youtube.com

これは どうなってるのかな?

出典 https://www.youtube.com

少し触って、造りを確かめている様子。

「いったいどうなってるのかしらね?」

出典 https://www.youtube.com

2人は実にこの時計に興味があるようで・・・・

横からもぺたぺた触ってみる・・・

出典 https://www.youtube.com

「ほら、ここ、見てごらん」とでも言ってる風で、あちこち触り始めた男性。女性は、腕組みして展示品を見ていました。

あっ!!!

出典 https://www.youtube.com

なんと展示物が落下!!!

手で受け止めようとしますが、あえなく床に落ちて壊れてしまいます。

あのね、戻そうとしても無理よ

出典 https://www.youtube.com

壊れた部品が床に落ちているのが見えます。
慌てて壁に戻そうとしたって、それは無理。女性が狼狽している様子がうかがえます。

こうなったら どうしようもなく・・・

出典 https://www.youtube.com

泣きたい気分だったに違いありません。とりあえず壊れたパーツを女性が拾い、男性は時計をそっと床に立てかけました。

そして慌てて立ち去る男性

出典 https://www.youtube.com

この動画は美術館が設置した監視カメラがとらえたもので、のちに男性は逃げたのではなく、係員に知らせるために急いでその場を去ったのだということがわかりました。結局、修理が可能であることもわかり、一切おとがめなしだったそうです。

このカップルの行動に対し、ネットでは喧々囂々。呆れたという声や怒りの声などが多数コメント投稿されています。

「規則があるのはわかっていても、自分たちだけは関係ないって思うものなのさ。だからいくら『展示物に触るな』と言われたって、触ってしまうんだよな。」
「この2人、結構いい歳してるのに何してるの?バカじゃないの!」
「カップルっていうけど、女性は全く触っていないですよ。ニュースのタイトル間違ってる。」(全米のニュースではカップルが展示物を触って壊した、と報道されたことに対し)
「刑罰を与えるべき。それが無理なら修理代を払わせるか罰金を科すべきです。」

また、2人を擁護する声もちらほら。
「直せるものだったんなら、こんなに大げさに報道するな!大したことじゃないだろう」
「博物館側は、もっとしっかり時計を壁面に固定させておくべきだった。そうすれば防げた事故だ。」

出典 https://www.facebook.com

出典 http://www.yorkdispatch.com

1994年から展示されていたこの木製の壁時計はくるみの木で作られています。

今回の事故を博物館側は改めて一般に注意喚起をうながす機会になると思い、動画を公開したと話しています。

とにもかくにも、博物館や美術館には「展示品に手を触れないでください」とはっきり注意喚起されています。

皆さんも決して展示物には手を触れないようにしましょうね!

こちらが その監視カメラがとらえた動画

出典 YouTube

見ているだけではらはらします。良い子のみなさんは決して真似しないように!展示品に手を触れないようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス