唐突ですが、あなたは「太刀魚」って食べたことがありますか?ほとんどなじみがない魚で、おそらく食べたことがない人が大半かも知れません。でも、その身は柔らかく、蒲焼にしても、「むしろウナギよりも美味しいかも!」と絶賛の嵐。そんな太刀魚に魅せられた店主が経営する、大阪の太刀魚の専門店「たちじゅう園(その)」をご紹介します。

「うな重」ならぬ、太刀魚の蒲焼のお重だから「たちじゅう」。その専門店「たちじゅう園」とは?

大阪・阿倍野にある太刀魚の専門店。お重をはじめ、焼き物、刺身など「太刀魚づくし」の料理を提供してくれる国内唯一の専門店です。うな重ならぬ「たち重」のお味は、「柔らかくてむしろウナギよりも美味しいかも!」と評判を呼んでいるのです。

「太刀魚」ってどんな魚?!

生息域は北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋、瀬戸内海。東シナ海大陸棚、渤海、黄海、と日本の近海ほぼ全域に生息しています。体長は1.5メートルほどになる細長い魚。甲殻類などをエサとしていますが、成魚は小魚、イカなどを襲って食べる肉食魚。熱を通すと適度に締まりますので、液体を使った料理よりも焼く、ソテーなどに向いています。「たちじゅう」では、和歌山県の有田箕島漁港から直送される太刀魚を使っています。

看板メニュー、うな重ならぬ「たち重」とは?

うな重ならぬ「たち重」(並920円+税)が「たちじゅう園」のランチタイムにも提供される、目玉メニューとなっています。太刀魚の蒲焼きは、まず包丁でおろしてから、秘伝のタレをつけて炭火にて焼き上げます。そして「たちじゅう園」オリジナルの生七味をつけていただくと一層風味が良く、美味しくいただけます。

どうしても比べる鰻のホワホワ感とは違いd( ̄、  ̄)ホロホロと崩れる感じのシッカリ身‼︎ アッサリと〜鰻とは又違った味わいでオイシー♡

さらに~自家製生七味⁉︎ を投入したり〜(^ν.^)ノお出汁をかけたりして~楽しみ倍増‼︎ ココでしか味わえない太刀魚重に納得しました*・.。.:*・゜゚・*

出典 http://tabelog.com

まずはお吸い物と太刀魚の骨せんべい?がのったサラダが来ます。そして、たちじゅうとお出汁の到着!!別のお茶碗によそって食べます。
一杯目はそのまま。ふわふわの白身が絶妙な焼き加減で焼かれており、また甘口のタレがやみつき!これはクセになりそうです!
二杯目は薬味をのせて。自分は辛い方の薬味が好きでしたね。辛味が甘いタレのいいアクセントになってました‼︎三杯目はお出汁をかけてお茶漬け風に。これもまたうまいっす!

出典 http://tabelog.com

もちろん鰻とはまったく違います。きれいに骨が抜かれているので、食感に違和感はまったくありません。骨を抜いた鱧がちょっと似ているでしょうか。太刀魚の美味しさは充分残ってふっくらとした肉感が口の中でご機嫌です。これと類似の食べ物はちょっと考え付きません。ひさしぶりに感動しました。

出典 http://gichancat.blog.fc2.com

うな重とは全く別物、これはこれとして完成した丼ないしお重なので、
その切り口から評価すべきなのかなというのが最初に思ったことでしょうかね。

出典 http://tabelog.com

薬味として出される「生七味」とは?

七味と山椒の混合物である、店オリジナルの「生七味」がびっくりするくらい「たち重」に合うそうです。わざわざ薬味まで手作りしてしまうとは、その熱意が伺えますね。

お次は自家製練り七味をのっけてパクッ。
程良い七味の辛さと、柚子のほの香なアクセントが絶妙でいいねぇ〜これも。

出典 http://tabelog.com

でも、もっと美味しいのがひつまぶし風!!ご飯の上に蒲焼乗せて、七味(練り七味みたいなやつ)のせて、出汁をかけて頂きます。
これが、ものすごーーーーく、美味しかった!
ついてくる七味の香りがたまらなくよかったです。凄く高そうな七味で、これがあるのとないのでは味が全然変わります。

出典 http://tabelog.com

その他の”おススメメニュー”は?!

たち丼

こちらはランチにも提供される「たち丼」(1020円+税)。いわば、生シラス丼の太刀魚版ですね。みょうがやのり、かいわれなどの薬味をかけて頂きます。蒲焼にした太刀魚を味わう「たち重」とは全く違った表情で、衝撃の美味しさだそうです。

生のたち丼とたちじゅうがセットになった、蒲なまセット/980円というメニューも出来ています。
白ご飯と太刀魚は別皿で提供されます。
僕はタレがご飯にかかっていると辛く感じるので、これは歓迎です。

出典 http://tabelog.com

そうカンタンには行けない「行列店」なので、蒲焼が乗ったお重と生太刀魚の刺身丼が半々のメニューは嬉しいですね!(1110円+税)

たち中華

そう滅多には来れない「行列店」ゆえ、ほとんどの人が看板メニューである「たち重」か「コース」を頼む中、リピーターなどにも人気でメニューに載ってる「裏メニュー」的存在のランチ限定「たち中華」(ラーメン)650円+税があります。これもまた絶品。行列店なのに、地元の中学生が部活帰りにラーメンを食べている光景などはほほえましいものがあります。

場所は大阪市営地下鉄の阿倍野駅から徒歩5分程度、お店はまだ新しいようで綺麗です。
平日の13時前に訪問しましたが、店頭に「『たちじゅう』は限定40食です」と書いてあり、ちょっと焦りました。
メニューは『たちじゅう』(太刀魚のお重)が3グレード、白焼き、その他ですが、ランチ限定の中華(ラーメン)があるのは驚きです。

出典 http://tabelog.com

たちじゅう園
住所 大阪府大阪市阿倍野区松崎町3-17-4
電話 06-6623-3483 予約可
交通手段 大阪市営地下鉄谷町線阿倍野駅より、東へ徒歩3分各線天王寺駅より、南へ徒歩10分阿倍野駅から372m 阿倍野駅から372m
営業時間 11:30~14:0017:30~22:00(L.O.21:30) ランチ営業
定休日 日曜 祝日 第2・4月曜日

いかがでしたか、TVのグルメ番組でもよく紹介される「たちじゅう園」をご紹介しました。美味しい上に、日本唯一の太刀魚専門店とのことで、いっそう注目を浴びていますね。機会があれば是非、行ってみて下さい!

この記事を書いたユーザー

zuenmei このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。食べること、踊ること、アジア大好きです。わかりやすい記事を目指します!よろしくお願い致します。instagram: https://www.instagram.com/zuenmei/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス