出典 https://www.instagram.com

 J・K・ローリングの人気小説「ハリー・ポッター」シリーズ。映画にもなりクリティカルヒットを連発。もう説明が必要がないくらい世界的に有名な魔法使い達。

そのハリーポッターシリーズ。初の舞台「ハリー・ポッターと呪われた子供」のビジュアルが解禁されました。「ハリポタ」シリーズ第8作として前作から19年後を描く本作。すっかり大人になった登場人物のビジュアルが続々と公開されています。今回は大人になったハリーポッターの各登場人物、そして世界が騒然としているハーマイオニーのビジュアルをお届けします。

ハリーポッターファミリー

出典 https://www.instagram.com

ハリーと彼の妻ジニー、2人の息子アルバス。トレードマークの額の傷に丸眼鏡はいつも通り。このビジュアルには「テンションぶち上がる!」「もう泣きそう!」多くのコメントが殺到しています。

出典 https://www.instagram.com

19年後のハリーは魔法省で激務に追われちょっとお疲れ気味かな?でも、なんだか色っぽくないですか?ポッケからチラリと覗く杖がまたカッコイイ!ハリーを演じるはジェイミー・パーカーさん。

出典 https://www.instagram.com

ハリーと結婚し三つ子のお母さんになったジニー。肝っ玉かあちゃんの雰囲気も…(笑)ジニーを演じるのはポピー・ミラーさんです。

マルフォイ親子

出典 https://www.instagram.com

大人になったマルフォイ、息子とともに登場。息子さんちょっと気の弱い感じがしますね。ドラコ・マルフォイを演じるのは、ドラマ「ドクター・フー」などに出演のアレックス・プライスさん。息子スコーピアス・マルフォイを演じるのはアンソニー・ボイルさん。原作者でもある、J・K・ローリングさんも「血縁関係にあるみたい」と大満足のご様子です。

出典 https://www.instagram.com

マルフォイはヒゲを生やしチョイ悪オヤジ風。ちょっと渋くて素敵な大人に成長してますね♪

そして…

出典 https://www.instagram.com

グレンジャー=ウィーズリーファミリー。ハリーの親友、ロンとハーマイオニーが結婚しましたよね。2人は母親譲りの才能を持つ、上から目線だけど可愛い娘が一人います。そして、今回公開されたこのビジュアルが世界を騒然とさせたのです。では、早速ご覧下さい。

出典 https://www.instagram.com

ロン、優しそうなお父さんの雰囲気です。ハーマイオニー…あれ?わたし達の知ってるハーマイオニーの面影が…別人になってるーーーーー!

そう、今回の舞台では映画でエマ・ワトソンが演じたことで知られるハーマイオニー役をアフリカ系女優のノーマ・ドゥメズウェニさんが演じることになりました。

ハーマイオニーはエマ・ワトソンの印象が強かっただけに世界中がびっくり!この配役は予想の斜め上をいきますね。

出典 https://www.instagram.com

ロンを演じるのはポール・ソーンリーさん。落ち着いた雰囲気のダンディおじ様風ですが、表情を見る限りまたおっちょこちょいな所は治ってないような?(笑)

出典 https://www.instagram.com

ハーマイオニーを演じるのはノーマ・ドゥメズウェニさん。ハーマイオニーらしい知性と芯の強さを感じさせますね。

今回、ハーマイオニーのキャスティングに対して様々な意見が飛び交っているのですが、原作者のJ・K・ローリングさんはTwitterでこのようにコメントしています。

「茶色の目、縮れた髪、とっても賢い。"白い肌"と書いたことはありません。ローリングは黒人のハーマイオニー好きです」

出典 https://twitter.com

エマ・ワトソン=ハーマイオニーのイメージが定着しているのは事実ですが、それはあくまでわたし達のイメージであって原作者のJ・K・ローリングさんには拘りがないようです。

原作の中で主人公の人種が変わることもあるのだから…

たとえば、アメリカの人気コミック「キャプテン・アメリカ」のヒーローは、2014年に白人スティーブ・ロジャースから黒人のファルコンに変更された。また、日本でも公開された映画「オデッセイ」にしても、原作の小説「火星の人」では主役級の俳優の人種が違うし、「銀河ヒッチハイクガイド」もしかり。
登場人物の人種が変わったくらい、とるに足らないこと。人種や肌の色などよりも演技や表情を見ようじゃないか。

出典 http://www.sinkan.jp

ハーマイオニーのキャスティングに対し様々な意見が寄せられる中に人種差別に繫がる発言もあります。そのような発言に対し、スペインの日刊紙「El País」は批判する一部の人達へこのような記事を掲載しました。

出典 https://www.instagram.com

2016年7月にロンドンでスタートする予定の「ハリー・ポッターシリーズ」初の舞台、「Harry Potter and the Cursed Child」(日本語訳:ハリー・ポッターと呪われた子供)舞台を見に行くことができない人達の為に書籍化が決定1

日本では、ハリーポッターと呪いの子の日本語版発売日が、2016年11月に決定しています。日本語版予約開始日は、2016年8月中旬となっています。約8年ぶり待望の新作ということで、ネット上でも期待する声が多く、早めの予約をオススメします♪

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス