老若男女、幅広い世代に愛され続ける国民的RPG『ドラゴンクエスト』

出典 http://www.dragonquest.jp

記念すべき第1作の発売から30周年目となる今年、ドラクエの世界観をリアルに実体験できる“観客参加型”エンターテインメントショーが開催されます。

その名も「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」

出典 http://dragonquestlive.jp

この夏、横浜アリーナやさいたまスーパーアリーナほか計5大アリーナにて、40万人を動員する超大型ライブエンターテイメントショーです。

【ストーリー紹介】

かつて、世界の南にあるアリアハン国にオルテガという勇者がいた。オルテガは初子を授かった直後、世界を闇に包み込もうとする魔王バラモスの存在に気づき、討伐に挑むが、火山の火口でモンスターとの戦いにあえなく敗れてしまう。

世界に不穏な空気が漂い始める中、オルテガの子である新たなる勇者が成長し、父の意志を継ごうと決意。母に旅立ちを宣言した勇者は、アリアハンの城下町にあるルイーダの酒場で4人の旅人と出会う。

最強の剣を求めて世界をさすらう剣士テリー、武術に長けたアリーナ、一発芸の達人だという旅芸人のパノン、そして義理堅く人情に厚いヤンガスだ。

4人はそれぞれ事情があってこの世界に迷い込み、勇者を助けることで自分の世界に帰ることができるという。

それを聞いた勇者と4人は仲間となり、魔王バラモスを倒そうと広大な世界へと旅立つ。

出典 http://dragonquestlive.jp

ストーリーのベースは不朽の名作『ドラゴンクエストⅢ』

出典 http://www.jp.square-enix.com

1988年に発売された『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』は、シリーズの第3作目にあたり、脚本を堀井雄二氏、キャラクターデザインに鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏が担当。

爆発的な人気を博し、発売日には量販店の前に数キロメートルの行列ができるなどの社会現象を巻き起こしました。

第1作につながる勇者ロトの誕生を描いたこの作品をベースにショーとして表現するだけではなく、シリーズのキャラクターたちも多く登場するというのだから胸アツ!

すごい気になる!

純粋な気持ちでドラクエを楽しめそう

ゲームしないけど、これだけは何度もやった!

出典 https://twitter.com

ドラクエそんな知らないのに行きたい

自由自在に動く世界最大級のスクリーン!

出典 https://www.youtube.com

ステージデザインを手掛けるのは、ロンドンを拠点に活動する「Stufish」(ストゥフィッシュ)。

巨大空間におけるライブ装置デザインの世界最高峰である彼らが作り出したのは、“みんなが一緒に冒険できる”ステージセット。

巨大なアリーナ会場全体を冒険に巻き込むファンタジー空間が広がります。

天井から吊られた短冊のように見えるのは、映像を映し出すスクリーン。1枚1枚コンピューター制御で自在にその形状を変えられることで、さまざまな表情をつくり出します。

映像は、その鮮やかなビデオマッピングで、世界中でその実力を認められているバート・クレサ・スタジオ、そして「ドラゴンクエスト」の映像を数多く制作してきた神風動画が手掛けます。

出典 http://dragonquestlive.jp

国内外から最上級のクリエイターたちが集結し、まるでテーマパークが飛び出してきたような空間を表現しています。

客席にいながら観客が勇者たちと一緒に世界中を旅できるよう、縦横無尽に形を変え動き回るスクリーンが張り巡らされ、あなたを冒険の世界へと誘います。

出典 https://www.youtube.com

ドラクエで心をときめかさないヤツは男じゃねぇ…!

出典 https://www.youtube.com

ドラクエは今年で30歳なので、コア層はアラサー、アラフォー以上と言えます。が、リアルタイムのドラクエを知らない世代、ドラクエをプレイしたことがない人だって、いつの間にか夢中になってしまうんですね…。

勇者と旅のパーティーの顔ぶれは?

出典 https://www.youtube.com

大魔王ゾーマに挑む5人のパーティーは、それぞれが事情を抱え、時空を超えて勇者の元に集ったという設定だそうです。

勇者役:松浦司さん

個性豊かな仲間達を率いる勇者役に、応募者700名の中から選ばれたのは、大阪を拠点にテーマパークなどでダンサーとして活躍する松浦司さん。

本ショーの人物像はドラゴンクエストⅢにおける主人公で、南東部の丸い大陸アリアハンの勇者といわれるオルテガの子。16歳の誕生日を迎えた朝、父の遺志を継いで魔王を倒すべく、アリアハンを発つという設定です。

松浦司さん:「大役を任されてプレッシャーもありますが、オーディションでは全身全霊で嘘なく自分をさらけ出せたのでそれが評価いただけたのは光栄です。

この公演は来てくださる皆さんが勇者ですので、ステージの自分を見て勇者だと思えるように演じたいと思っています。来ていただいた方全員が最高と思える夏になるように、全力で頑張っていきたいと思っています!」

出典 http://www.4gamer.net

アリーナ役:中川翔子さん

この日のためにスクエニ様がアリーナ装備をこしらえてくださいました( ;∀;)!歓喜!ジャストサイズなとんがり帽子!

しょこたん、さすがのアリーナ姫クオリティ!

かねてからドラゴンクエストの大ファンであることを公言している彼女なら、ドラクエファンも納得でしょう。自身のTwitter、アメブロでも熱く語る本ショーにかける意気込みは生半可なものではありません。

テリー役:風間俊介さん

出典 http://www.jp.square-enix.com

風間俊介さん「テリーはその素早さをいかに演じるかと同時に,普段は孤高の剣士なので,ほかの仲間といるときも少し違った行動をとる場面が多々あります。

そういうところから生まれるキャラクターの面白さを,皆さんに楽しんでいただければと思います」

出典 http://www.4gamer.net

ドラクエシリーズきってのイケメンキャラであるテリーには風間俊介さん。残念ながら本記事ではあまりフォーカスして取り上げられませんが、めちゃくちゃハマってますし、カッコイイですよ♡

風間くんとしょこたんが出てる!

他の旅の仲間たちには、武器屋の商人・トルネコ役に芋洗坂係長さん、天才的話術を持つ謎多き旅芸人パノン役に田中精さん、強面の元山賊ながら義理人情に厚いヤンガス役に田尻茂一さん。

なお特設サイトでは、ショーに登場して欲しいキャラクター、モンスターたちの投票を受け付けているそうなので、ぜひ投票加してみては?

人間ばなれしたワザの連続にドキドキしっぱなし!

出典 https://www.youtube.com

こ、これはまさか『ギガディン』!?

ステージ上で、空中で、そして客席で繰り広げられる驚異のパフォーマンスに興奮はとまりません!

出典 https://www.youtube.com

ショーを、よりエキサイティングにに盛り上げるのは世界で活躍する超一流レベルのダンサーやエアリアルアーティストたち。

さらに全国屈指の強豪校として名を馳せるマーチングバンドや、EXPGからキッズダンサーが圧巻の大編成で登場するんです。

出典 https://www.youtube.com

大ボスは『ドラゴンクエストⅢ』の大魔王ゾーマ。『ひかりのたま』がないと倒せない…!

ドラクエの醍醐味のひとつが個性的なモンスターとのバトルですが、このショーでも、「スライム」や「しりょうのきし」など、おなじみのモンスター達が続々登場します。

ライブスペクタクルツアー公式PVはコチラ

出典 YouTube

そしてドラゴンクエストの世界観を再現するのに、絶対に忘れてはならないのが…

すぎやまこういち氏が紡ぎ出す名曲も、大空間で鳴り響く!

出典 http://sugimania.com

「ドラゴンクエスト」の大きな魅力のひとつが、すぎやまこういち氏が紡ぎ出す音楽。

これまでにドラクエで使われてきた名曲の数々を、東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団による演奏で新たにレコーディング。すぎやま氏の楽曲が、広大なアリーナ空間に大迫力で鳴り響くのは初めての体験です。

気になるセットリストは…!

【東京都交響楽団】セットリスト
♪広野を行く(DQI) ♪遥かなる旅路(DQII)
♪王宮のロンド(DQIII) ♪そして伝説へ(DQIII)
♪ジプシー・ダンス(DQIV) ♪戦火を交えて(DQV)
♪勇気ある戦い(DQVI) ♪哀しみの日々(DQVII)
♪空と海と大地(DQVIII) ♪負けるものか(DQIX)ほか

【新日本フィルハーモニー交響楽団】セットリスト
♪冒険の旅(DQIII) ♪戦いのとき(DQIII)
♪おおぞらをとぶ(DQIII) ♪そして伝説へ(DQIII) ほか

出典 http://www.4gamer.net

ドラクエを散々プレイしてきた方なら、タイトルを聞いただけでそのメロディーが脳裏に浮かんでくるのではないでしょうか。

演出、演者、ステージ、音楽…どれをとってもドラクエの本気度が半端じゃないのがわかりますよね…。

さらに、ファンの間では永遠の論争とされる花嫁問題が!

Licensed by gettyimages ®

本ショーにおいて『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』の人気ヒロインキャラクターであるビアンカとフローラも登場することが発表されています。

『ドラゴンクエストⅤ』の主人公と幼い頃に旅を共にしたビアンカと、青年期に交流を持つ深窓の令嬢フローラ、という対照的な2人。

ゲーム中盤において、どちらか一方をパートナーに選ばなければならないという重要な場面があるのですが、発売から20年以上経過した今でも、「どちらを選ぶべきか」という熱い議論が交わされるほど。

ビアンカは富田麻帆さんが、フローラは杉本朝陽さんが演じます。

出典 http://www.famitsu.com

筆者はプレイするたびに、「今回こそはフローラを選ぼう!」と思って始めるのですが、結局ビアンカを選んでしまっています(笑)

本公演の物語のベースとなる「ドラゴンクエストⅢ」の世界に舞い降りた彼女たちが、一体どんな形で物語に関わってくるのでしょうか?この演出にも大注目です!

実際にツアーに参加した人たちの声は?

・ドラクエファンならいって損ない

・見てからまだ興奮してる。眠くならない

・親がドラクエ好きでよかったー

・最初からガチ泣きしたよ!

来場者の満足度は120%!会場の熱気、楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。

準備はいいか?いざ、冒険の旅へ!

出典 https://www.youtube.com

「ドラゴンクエスト」はプレイヤー自身が主人公に名前をつけ、その想いを託します。

主人公である勇者は、あなたがつけた名前を掲げ、仲間たちと共に冒険の旅へと出発します。

そんなゲームのコンセプトを忠実に、今回のショーも「ボク/ワタシが主人公なんだ!」と感じられる演出が施されているそうです。想像しただけでも震えてきますよね?

共に歓喜し、共に涙し、共に戦う

出典 https://www.youtube.com

どんな構成、演出に仕上がっているのか、あなたの目で確かめるしかありません。

さいたまを皮切りに、5大アリーナで開催中!

出典 https://www.youtube.com

【公演日程/会場】
■さいたま公演(※既に終了)
7月22日(金)~31日(日) さいたまスーパーアリーナ
※7月25日~27日休演
■福岡公演 8月5日(金)~7日(日) マリンメッセ福岡
■名古屋公演 8月12日(金)~14日(日) 名古屋 日本ガイシホール
■大阪公演 8月18日(木)~22日(月) 大阪城ホール
■横浜公演 8月26日(金)~31日(水) 横浜アリーナ
※8月29日休演

【チケット料金】
S席 大人9500円(税込)/子ども7500円(税込)
A席 大人7500円(税込)/子ども5500円(税込)

※子ども料金は3歳~小学生まで。3歳未満でも席が必要な場合は有料。
※機材やステージ・客席の構造等により、舞台の一部が見えにくい場合があり。

出典 http://dragonquestlive.jp

上記ツアー日程、チケット料金は公式サイトより抜粋しておりますが、変更になる可能性もありますので、詳細は公式サイトにてご確認くださいね。

(※追記)本記事で掲載しているツアー日程は既に公開を終了しておりますのでご了承ください。

この記事を書いたユーザー

hiraku このユーザーの他の記事を見る

ヘタクソながら執筆してます。読み手の発見、驚き、笑顔につながるような内容を心がけています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス