記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
夏になると、強い日差しや蒸し暑さばかりがクロースアップされがちですが、特に冷え性の女性の中には何よりも室内の冷房が辛い、という方もいるのではないでしょうか。

 30度を超える暑さの屋外から、キーンと冷えたオフィスへ急に入ると頭が痛くなったり、肩が凝ったりするということが多々起こります。

今回は、そんな冷房による体へのダメージについて見ていきましょう。

冷房に当たりすぎると、自律神経が乱れる!?

冷房による体の冷えが続くと、自律神経の働きが乱れて、体がうまく温度変化に適応できず様々な体調不良を引き起こします。

このことを俗に「冷房病」と呼んでいますが、医学的な病名ではありません。

冷房病の症状

・体のむくみや冷え
・食欲の低下
・肩こり
・慢性的な疲労感
・頭痛
・便秘や下痢といったお腹の不調
・不眠

……といった症状が出やすくなります。

このように冷房による温度変化が体に対するストレスとなって、女性の場合は月経周期が狂ってしまうことすらあります。

また、いわゆる夏バテの時期とも重なって、体力が急激に落ちてしまいやすいことも冷房病を深刻化させる原因と考えられます。

体は5℃前後の温度しか調節できない

冷房病が起こる原因は、体温の調節機能が5℃前後であり、夏の屋内と屋外ではそれを大幅に超える温度差があることにあります。

対策方法としては、この温度差を縮めることです。
具体的には外気温からマイナス5℃以内に室内の冷房を設定すること

また、職場や学校など、自分で温度調節ができない場合にはカーディガンやひざ掛け、厚手の靴下などで体を十分保温することが有効です。

≪自覚がないだけで、実は内臓が冷えているかも…!?≫
自分で冷え性だと思っていない人も【隠れ冷え性】診断

医師からのアドバイス

冷房病は自律神経のコントロールがうまくいっていない状態です
生活リズムの乱れや心配事などのストレスは状態を悪化させてしまいますので、できるだけバランスの良い食事や十分な睡眠をとるようにし、休息を心がけるようにしましょう。

また、スポーツなど体を動かすことはストレス解消になる上、汗をかくことで自律神経の体温調節機能を高めてくれる効果も期待できますので、冷房病には特に効果的といえるでしょう。 

近年猛暑が続いていますが、今年の夏は冷房病に負けずアクティブに過ごしたいですね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら