記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「リンパ」という言葉、聞いたことある方は多いと思います。
リンパの流れが悪いとよくないと老廃物が流れない、ということは聞いたことがあるのですが、そもそもリンパとはどういうものなのでしょうか。

今回のテーマ「リンパ」についてです。医師に話を聞きました。

リンパとはどんなものですか?

リンパとは「リンパ管」という脈管に乗って、全身をリンパ液がめぐっている仕組み全般を指します。リンパ管は基本的には血管に沿うように、全身に、網目のように張り巡らされています。

人体では、さまざまな組織の細胞まで血液がめぐり「組織液」を通じて、栄養分が使用されています。その結果、今度は細胞で不要となった不純物が組織液に流れ、さらに組織液がリンパ管に流れ込み「リンパ液」となります。このように不要となった不純物を体の抹消から中枢部分まで運び込むといった形態をとっているのがリンパ液です。

また、リンパ液内のリンパ球という成分は、免疫機構を担う大切な役割も持っています。

「リンパの流れをよくする」とはどういうことですか?

「リンパの流れが良い」とは、身体の中の不純物が順調に運ばれていることです。

反対に「リンパの流れが悪い」とは、体内の末梢でいらなくなった不純物とされる組織液を末梢から中枢まで運ぶことができなくなった状態です。
また、リンパの流れが悪くなると、不純物が回収できないというだけでなく余分な液体成分も回収できなくなります。「リンパ浮腫」と呼ばれる、足や顔などのむくみにつながります。他にも免疫機構が崩れることにつながるので、感染にかかりやすくなってしまいます。

リンパの流れは大人になるにつれ、滞ってしまうものなのでしょうか?

大人になるほど、老廃物が蓄積していくと考えられますが、どちらかというと子どものときよりも慢性的に有酸素運動をしている時間が少ないためではないでしょうか。
大人がリンパの流れが悪くなっているのは、単純に年齢的な問題だけでなく、個人の生活習慣の衰えにも起因するのではないかと考えられます。

≪なんだか不調が続く…それ運動不足かも!?≫
運動量足りていますか?【運動不足】診断

最後に医師からアドバイス

リンパの流れは、周囲の筋肉などの収縮運動によって行われています。リンパの流れをよくするためには、健康的な運動が必要です。
中でも有酸素運動が効果的なので、リンパの流れが滞っていると思う方は継続的な散歩などから始めてみてはいかがでしょうか。

加えて、リンパが滞りやすいあごや首のライン、鼠径部(太もも、足の付け根など)のマッサージも有用だと思われます。美と健康のためにも、リンパの流れを良くすることを意識するのはよいことと思います。運動もマッサージも、どちらも継続が大切なので日々生活の中で気にかけてみましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス