出典 https://www.rosei.jp

記事提供:Up to you!

芸能界一の仲良し親子として有名な関根勉&愛娘・麻里さん。今年4月には待望の初孫が誕生し、イクメンを超えた「イクじい」への意気込みを語る幸せそうな会見が印象的でした。

じつは、とても理論家の関根さん。娘さんが誕生された際、いかに父親としての役割を果たすか考え抜いたそうです。

【1】お笑い界の元祖イクメン・関根勉さんとは?

出典 https://www.instagram.com

現在62歳になられた関根さん。実父は消防士であったそうで、厳格な家庭で育った幼少期。ご本人も真面目で、頭脳明晰だったようです。

芸能界デビュー後は、お笑い番組を中心にキャリアを積み、今やクイズやバラエティー番組には欠かせない存在となりましたね。特ディープでマニアックな物まねという芸風は、多くのファンを魅了しています。

■親子二代で大活躍!好感度抜群の娘・麻里さん

出典 http://www.oricon.co.jp

タレントである娘・麻里(31歳)さん、配偶者は歌手のKさんと芸能ファミリーとして有名ですね。頭脳明晰として有名な、麻里さんのキャリアを簡単にご紹介。

西町インターナショナルスクールから聖心インターナショナルスクールに進学、卒業後はマーケティング、コミュニケーション学を勉強するため、アメリカのエマーソン大学に進学。

飛び級かつ優秀な成績にて卒業された頭脳明晰な才女なんです。知能面だけでなく、社交的で笑顔を欠かさないコミュニケーション能力の高さにも注目が集まり、朝の情報番組「ZIP」の司会に抜擢され約3年半、司会を務め上げました。

「鳶が鷹を生んだ!?」とささやかれるほど、自慢の娘に育て上げた関根さんの育児方針が気になりますよね。

英語を初めとする実用的な語学やマナーをしっかりと会得し、多くの好奇心を満たす知識や感性を蓄えなければと考え、インターナショナルスクールへの転入を両親に懇願した。そして言葉通り熱心に勉強に励み、優秀な成績を修めた。

スペイン語も堪能で、2007年度の『スペイン語会話』に生徒役としてレギュラー出演した。

出典 https://ja.wikipedia.org

周囲の空気を読む力、予期せぬアクシデントにも対応できる臨機応変さ等、バランス感覚が求められますよ。父譲りの表現力、外国人相手でも臆さないコミュニケーション能力の高さで司会業、コメンテーターと活躍の場を広げていかれましたね。

■芸能界の大物にも可愛がられる「人なつっこさと愛嬌」

【2】実は戦略家。関根さんが考えた「父としての役割」

娘さんが生まれた時、父親として何が出来るかを考え、本もずいぶん読まれたそうです。そして以下3つを関根家の子育て方針にしました。

【1】「生きていることはすばらしい」という事を徹底的に教え込んだ
【2】両親である自分たちは、君の一生の味方。どんな事も相談してほしい
【3】お互いを尊敬し、決してけなすことはしない

子供の性格は父親で決まるという、研究報告もあるようです。父親にしか引き出せない、その子の個性や才能といった宝物がきっとあるはず。関根さんは、小学校位までは娘さんとできる限り一緒に過ごすよう努められたそう。

太陽の様なお父様に育てられた麻里さん。その後の着実に「自分の夢」を実現するため邁進し、芸能界でも才能を開花させられ、多くのファンを魅了してきました。

■自身のエッセイ本で「父親から受けた影響」を存分に語る

父親である関根勤の、「人生楽しいことが必ずあるよ」といった、やさしいやさしい子育ての姿勢がすごく好き。

麻里さんの、自分で人生に楽しみを見いだせることだったり、ひとに変に気を遣わないところだったり、すごくいい育ちをしている印象を受けた。

出典 http://bookmeter.com

関根勤、まり親子の生活がわかる本。誰にでも好かれそうなまりちゃんでも学校行きたくない時期があった事にびっくり。その時の関根さんさんの対応、安心するだろうな。

出典 http://bookmeter.com

■TVでもおなじみ物真似も“父からの英才教育”?!

麻里オリジナルのモノマネ第1号は、「自宅でTVを見ながらモノマネの練習をしている父・関根勤」。ちなみに、その時父が練習していたモノマネは、阿部寛であった。

出典 https://ja.wikipedia.org

芸能人の父という位置づけにならず、「七光り以上のものを持っている」と高い評価を受ける麻里さん。

「父親への絶対的な愛情と尊敬」は溢れんばかりに伝わってきますね。彼女が老若男女に愛される理由は、穏やかで広大な家族愛が育んだギフト=才能のかもしれませんね。

【3】「孫もバイリンガルにしたい」次は“じいじ”として育児参戦!

「子育てに関しては、僕はやり切った。後悔はない」そう断言する関根さん。昨年4月に初孫が誕生した彼ですが、既にイクじいとしての次なる希望を語る姿がとっても印象的なんです。

先日、心臓疾患のため緊急手術をされましたが、「初孫の成人を見るまでは死ねない」という思いから緊急手術に踏み切ったと語られています。

「(孫も)バイリンガルにしたいんで、麻里に発音を習って、単語の英語教育は僕がしたい」と意欲的だった。

出典 http://www.oricon.co.jp

テレビで見せる表情とは違い、育児に関して真摯に参戦されていた関根さん。最後に、彼の格言をご紹介します。とても心に響く素敵な言葉です…。

《子育ては子どもとかかわった分だけ結果が出るもの。子どもが悩み、ドロップアウトしそうになった時、親と過ごした時間が歯止めをかける。僕はそう信じている》

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス