記事提供:てぃ先生オフィシャルブログ

今回のテーマは…『気にしすぎかも?子どもにとっての「社会性」「協調性」って?』

保護者の方からはもちろん、同じ保育士からもよく聞かれる言葉があります。

それは「社会性」「協調性」です。

「社会性のある子どもになってほしい」

「うちの子、協調性がなくて…」

では、そもそも子どもにとっての社会性や協調性ってなんでしょうか?

誰にでもきちんと挨拶ができること?

お友達と仲良く遊ぶこと?

人と協力して何かをすること?

それぞれの人がその言葉に対して何を思っているのか、望んでいるのかは定かでありませんが、子どもたちはきちんとやっていると思います。

例えば!

ずっと、「せんせい!みて!せんせい!みてー!」と言っていた子が…

ある日突然、「○○くん!みて!」に変わった時!

僕はこれとっても感動します。お友達にも目が向いたんだなって。

これも立派な社会性だと思います。

他にも!

何も気にせずご飯を食べていた子が…「ねぇ、○○ちゃん!おとなりで、ごはんたべよ!」と言った時!

これも感動するし、驚きます。お友達と一緒にご飯が食べたいって思ったんだなって。

まだあります!お片づけに困っているお友達へ…「おかたづけ、てつだってあげよっか?」と言った時!

これはもう立派な協調性だと思いませんか?

こんな風に子どもは、自然と社会性や協調性を身につけています。

ケンカしたっていい。それによって育つものもある。

「やだよ~だ!」とイジワル言ったっていい。それで人の気持ちがわかる時もある。

初めから完璧な人間なんていません。特に子どもはいろんな失敗や苦い思い出から、たくさんのことを学びます。

無理に「お友達と遊びなさい!」と言ったり、強引に「人には優しくしなさい!」と言っても、それが何に結びつくのでしょうか?

『お友達と遊ぶのって楽しいな』と感じることができれば、放っておいてもお友達とたくさん遊ぶようになるでしょうし、『こんなことすると喜んでくれるんだ!自分も嬉しくなるな!』と思えることがあれば、自然と人に優しくなるでしょう。

そんなものです。

だから、僕たち大人が本当にしなくちゃいけないことは、無理に、強引に「社会性」「協調性」を学ばせることではなく、

そういったものに自然に触れられる環境を作り、それに触れるのを待ってあげることです。

長くなってしまうので、続きはまた!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス