生粋の大都会育ち!って方でなければこんな感じの野菜の直売所(自動販売機)を見たことがあると思います。

筆者の地元では自動販売機ではなく野菜と代金を入れる集金箱が直に置いてあるスタイルの直売所が多くありました。

まさにこのスタイルですね。今考えると直売所は無人なことが大半ですから、防犯上大丈夫なのか心配になります。(この写真の直売所はよく見るとおつりが直に置いてります)

直売所の野菜は安くて量も多い上に穫れたて新鮮でとても美味しくて最高ですよね!近所にあればどんなにいいことか…

そんな無人の直売所にかんしてツイッターユーザーの「Rie Okamura」さんがツイートした”あること”が話題を呼んでいます。

■そのツイートがこちら

大振りで美味しそうなキャベツですね、しかし筆者には普通のキャベツに見えますが?

■拡大してみると…

出典 https://twitter.com

こ、これは?

キャベツにお釣りが挟まってる!いや、丁寧につまようじで固定してあるのか!

これは斬新なお釣りの渡し方は初めて見ました。

■まさかの光景にみんなざわつく

Licensed by gettyimages ®

なぜ刺した?

その発想に圧倒される…

大事な部分(芯)に…

日本もまだ捨てたものではない

こんなのも期待しちゃいます

合理的?

テープでよかったのでは?

確かにつまようじで固定させるのはかなり難易度高いですよね、技術を要しますw

■そこにはこんな工夫が…

Licensed by gettyimages ®

どんな値段設定にも対応できる

確かに元々は200円の設定のようですね、コインロッカーと同じ原理みたいですからお釣りを出したり値段の設定を変えるのは業者に依頼するしかありません。

安くて美味しい野菜を提供するための知恵なのかもしれません。

安く提供したいという姿勢が良い

いっそのこと200円に値上げしてしまえば?と、思うところですが、そうしないところに優しさと誠意を感じます。

工夫しているところにニコッとなる

無人販売なのに作り手の優しさが伝わってきます。


でもキャベツって意外と量がありますよね、とくに一人暮らしの人はその使い方に頭を悩ますのではないでしょうか?

■そんなキャベツを使い切れない人のためにオススメの保存方法があります

Licensed by gettyimages ®

キャベツは今の時期特に安くておいしいんですが、なかなか1玉使うのは至難の業。

買ったはいいけど使い切れなくて結局ダメにしてしまいそう…

そんな時は冷凍保存がオススメなんです。

方法は簡単!そのまま切ってジップロックに入れるだけ

しんなり塩もみのような状態になるので、あえものやコールスローにおすすめ。
1㎝幅やざく切りなど使いやすい大きさに切って、「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れて冷凍保存。

出典 http://www.asahi-kasei.co.jp

使うときは

電子レンジで軽く解凍して水けをしぼれば、塩をふらずに、しんなりとした塩もみのような状態になります。コールスローや塩こんぶあえ、ごまあえ、からしあえなどにすぐに利用できて便利です。
炒め物や汁物に使う場合は、凍ったまま調理します。しんなりした食感になるため、生の時の歯ごたえはなくなりますが、ソース焼きそばやあんかけ焼きそば、パスタ、スープ、みそ汁などに利用できます。
その他、軽く電子レンジで解凍し、そのままお好み焼きや餃子の具にも利用できます。

出典 http://www.asahi-kasei.co.jp

これなら無駄になることはありませんね!さらに茹でてから冷凍すれば、すぐにそのまま使うことが出来ますよ!

作り手の工夫と優しさが詰まった野菜の直売所、そのいでたちやシステムは千差万別です。

見かけることがあったら是非利用してみたはいかがでしょうか?

こんな記事も読まれています!

この記事を書いたユーザー

マスターお肉 このユーザーの他の記事を見る

頑張ります!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • スポーツ
  • 育児
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス