出典 https://www.instagram.com

記事提供:Techinsight

タレントでミュージシャンのつるの剛士が、もうすぐ出産を迎える妻のお腹に描いた絵が話題になっている。この妊婦の大きなお腹に絵を描くことを、海外では安産祈願のおまじない「ベリーペイント」と呼ばれているようだ。

6月に第5子が誕生予定のつるの剛士は、5月25日に出演したレギュラー番組で約1か月間の育児休業に入ることを報告している。もうすぐ対面となる我が子は、12年ぶりの男の子となるらしい。

そんなつるのが、29日の『つるの剛士 takeshi_tsuruno Instagram』に「もうすぐでます!」の文字と笑顔で手をあげている可愛い男の子のイラストを公開した。

一瞬何にこの絵が描かれているのか分からないが、どうやら出産を間近に控えた妻の大きなお腹がキャンパスになっているようだ。

これは妊婦の安産を願いお腹に絵を描く「ベリーペイント」と呼ばれ、2011年3月に米ミュージシャンのマライア・キャリーが自身のツイッターでベリーペイントを施した写真を披露したことから日本でも知られるようになった。

「ベリーペイント」はボディペイント用の水性絵の具を使用し、出産予定日の1~2か月前がベストだと言われている。日本にも専門のアーティストがいるようだが、つるのは自ら絵筆を握り妻と生まれてくる子へ愛情を込めて描き上げたのであろう。

フォロワーからは「私もベリーペイントしたかったー!」「パパの絵かわいいです」「ステキ!生まれてくる赤ちゃんもきっと喜んでるね」といった称賛の声とともに、元気な赤ちゃんの誕生を願うたくさんの声が寄せられている。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス