「メルセデス・ベンツ」

とてもいい響きですね。

日本では高級車の代名詞とされ、まぁ世界でも一般的にはそうでしょうが、この車に乗ることはお金持ちにとってステータスとされていますね。

今回、運転免許の試験に行くのに、運転手つき8000万円するベンツで行くというツイートを見つけましたので、ご紹介させていただきます。

ツイッターユーザー「巫女巫女インバータ(@miko2inverter)さん」のつぶやきに添えられた画像を見て、「あ、これ、幕張で見たことあるわ~」と心の中で叫んでしまいました。

いったいどんなつぶやきなの?

そのつぶやきは、

女「今日、免許の試験があるんだって」

出典 https://twitter.com

という書きだしで、1枚の画像を伴い構成されております。
女性に、運転手つきの高級車に乗って試験場に行くことを告げております。

現在、4900を超えるリツイートを獲得し、人々の関心の高さをうかがわせております。

それでは、つぶやきをご覧ください

◎ツイートはこちら

まぁ、ベンツといってもいろいろありますからね(笑)
間違いなく運転手つきで8000万円のベンツですからね。

ツイ主さんの笑いのセンスの良さに脱帽です。

◎このベンツのバスはいったい何なのでしょう?

メルセデス・ベンツ・シターロ (Mercedes-Benz O530 "CITARO") はダイムラーグループのエボバス (EvoBus) が製造する大型路線バス。
ノンステップ構造を標準で採用し、1997年のシュトゥットガルトUITPでO405Nの後継モデルとして登場、2007年までの10年間で1万7500台が生産されている。
製造工場はドイツ・マンハイム、フランス・リニー=アン=バロワ、スペイン・サマーノ(エボバス・イベリカ社 (EvoBus Ibérica S.A.))。

出典 https://ja.wikipedia.org

ちなみにこのバス、日本では、神奈川中央交通、京成バス、岐阜バス等などが導入しております。
京成バスが積極的に導入しているようですね。

この「新都心・幕張線」、現在は以下の9系統体制で運行されています。
幕01:幕張本郷駅 – NTT – 海浜幕張駅
幕01:幕張本郷駅 – NTT – 海浜幕張駅 – 幕張メッセ中央
幕01:幕張本郷駅 – NTT – 海浜幕張駅 – QVCマリンフィールド
幕01:幕張本郷駅 – NTT – 海浜幕張駅 – 医療センター
幕01急行:幕張本郷駅→NTT→海浜幕張駅(急行)
幕03:幕張本郷駅→IBM→キヤノンマーケティングジャパン→海浜幕張駅
幕03:テクノガーデン→キヤノンマーケティングジャパン→IBM→幕張本郷駅
幕03急行:幕張本郷駅→キヤノンマーケティングジャパン→テクノガーデン(急行・富士通は通過)
幕04:幕張本郷駅 – IBM – 若葉三丁目

出典 http://hiroshi-project.jp

京成バスでは、この9系統体制の運行で、15台の『メルセデス・ベンツの「シターロ」連接バス』が使われているとのことです。

◎ツイッターでの反応は

幕張名物ですね。
まだ乗ったことはないのですが、いずれ乗りたいと思います。

確かに間違ったことは言ってませんね。
ツイ主さんのセンスが光るツイートですね。

確かに、2車両分ありますからね。
バックなんかは職人技だと思います。

間違いなくベンツですからね(笑)

間違っている箇所はありません(笑)

間違いなく運転手つきのベンツですからね(笑)

それにしても運転手さん、慣れるまで大変だっただろうな…
慣れても大変かな。

◎動画もありました

出典 YouTube

ハイスピードで走ると、転びそうですね。

芋虫みたいです(笑)

◎ベンツといえばトラック!?

ベンツというと高級車といったイメージばかり先行しますが、ベンツは世界的にトラックメーカーとしても認知されているようですね。

【世界的にはベンツがトラックメーカーとして有名】
 日本ではあまり見かけませんが、実は世界的に見るとベンツはトラックの販売に関しては最大手として認知されています。

出典 http://torack7.blog.fc2.com

ベンツがトラックを販売していたなんて知りませんでした。
個人的には、ベンツとトラックというのは最もかけ離れた存在に思えていたからです。

◎ベンツの救急車も

他には、救急車両でも実績があるようですね。
ベンツの救急車の存在は知っておりましたが、見たことはありません。

救急救命士法施行に伴い全国に初めて配備された高規格救急車の代表車両。メルセデス・ベンツ社製で、前述の307D型の後継車両である。
車両のサイズや車内の広さなどバランスがとれており、現在の高規格救急車の手本になった。また、ベンツの救急車として当時雑誌やテレビで紹介され話題になった。
この車両は1991年(平成3年)頃より導入され始め、1995年(平成7年)まで政令指定都市やその周辺都市に配備され、自治体以外にも3次医療機関のドクターカーとして導入されていた。

出典 https://ja.wikipedia.org

ドクターカーとしても活躍しているようですね。
当時としては、そういったノウハウが日本車よりも長けていたのでしょう。

今回のツイート、肩すかしをくらった方も少なくはないと思われますが、何ひとつ間違ったことは言ってないので考えぬかれた高度なつぶやきだと思いました。

幕張名物でもある「京成バス 連接バス ベンツシターロ」。

千葉へお越しの際は、乗ってみてはいかがでしょう。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス