このほど、ある女性がアメリカの航空会社「jetBlue」に搭乗を拒否されたことが話題に。この女性、ニューヨークからボストンまで同航空会社の飛行機を利用、更にボストンからシアトルまで乗り継ぎをしようと試みた際に、スタッフから「その恰好では搭乗して頂けません」と言われてしまったのです。

「世界中に女性蔑視が広がっているってことね」

出典 https://www.facebook.com

この一件を女性の友人がFacebookに投稿。搭乗を拒否されたのはマギー・マックマフィンさん。彼女はバーレスクダンサーということでこれはその衣装なのでしょうか。ショーツ姿で機内に乗り込もうとしたところを「不適切な格好」として拒否され、「上から羽織るものを用意して搭乗してほしい」と言われたそう。

マギーさんの友人であるモリーさんは、自身のFacebookで「マギーのファッションスタイルは機内で誰に何の影響も与えないのに、航空会社側は女性蔑視で搭乗拒否をした。後日、jetBlueからは200ドル(約2万円)ほどのお詫びを寄越したが、パイロットやスタッフからの謝罪はない。

マギーは、空港で別ターミナルまで行きXLの上着を購入し体をカバーしなければいけない羽目になった。何の害もないこのファッションスタイルのどこが『不適切』なのだ。女性蔑視は世界中に広がっていることに呆れる。」という内容のメッセージを投稿したのです。

さて、あなたはどう思う?

Embraer Emb190-100IGW ‘N198JB’ JetBlue
by Hawkeye UK

この一件はたちまち拡散。アメリカだけでなくイギリスでもメディアで取り上げられました。そしてモリーさんのFacebookには1,500件ものコメントが寄せられたのです。ところが、そのコメントのほとんどは否定的なものでした。

「航空会社の言うように、こんな格好で搭乗する方がおかしい」
「小さい子供も乗っている可能性もあるのに、バーレスクダンサーのパフォーマンス衣装を誰が子供に見せたいと思うんだ?」
「誰が何を着ようと勝手だけどマナーは守ってもらわないと」
「搭乗のルールは守って当然でしょ」
「下着みたいに見えるからこれはダメだろう」

出典 https://www.facebook.com

女性蔑視がどうの、といった問題ではなく「人としての常識とマナーの問題では」というユーザーがほとんどでした。まして飛行機のように他人と狭い空間で乗り合わせる場合は、やはり互いをリスペクトする姿勢も大切。

自分の仕事に誇りを持ち、ファッションスタイルも誰に何を言われる筋合いもないというプライドがあってのこの格好での搭乗となったのでしょうが、やはりこの格好は水着一枚や下着で搭乗するのと同じだという批判を受けても仕方がないのでは、と思う筆者。

モリーさんのFacebookのコメントの中には「これまでにもっと短いショーツを履いた女性を見たことがある」というのもあったのですが、単に長さの問題だけではないという指摘の声も。

筆者としてはもし同じ機内にマギーさんが乗り合わせても、「うわ、露出度高い!」と思うものの、人それぞれなので気になることはないのですが、社会というのはやはりそうもいかないものなのでしょう。

航空会社によってルールも違うように、社会そのもののルールだってあるのです。自分のスタイルを守る姿勢は立派だとは思いますが、他者をリスペクトする気持ちを忘れてはならないのではないでしょうか。

何を着るかは確かに個人の自由。でもその自由は、人を不快にさせたり批判の対象になるべきものではないのでは、と思うのです。それが社会の枠組みの中での「自由」の在り方なのではないかと。

「そんなの面倒くさい。周りの目なんて気にしない」そう思う人もいるかも知れません。でも、社会は常に他人との関わりの上に成り立っているもの。そうした意識を少し持つだけで、マギーさんも自分の機内でのスタイルが果たして適切だったかどうかは理解できるのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス