記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
みなさんはデリケートゾーンがかゆい!と感じたことはありませんか? デリケートゾーンのかゆみは実はよくある症状で、乾燥や蒸れなど様々なことが原因で起こります。かゆみがあったり、においが気になったりすると、気にして石鹸やボディソープでデリケートゾーンをしっかり洗われることも多いのではないでしょうか。

しかし、あまり洗いすぎてしまうと、逆にかゆみが増すことがあったり、カンジダ膣炎や他の感染症になってしまったりすることがあります。これは、どうしてなのでしょうか?

今回は、カンジダ膣炎と石鹸やボディソープなどでの洗いすぎとの関係について医師に解説していただきました。

カンジダは誰でも持っている菌?

カンジダは、カンジダ・アルビカンスなどのカビの一種である真菌であり、健康な時でももともと皮膚にいるもので人からうつる性感染症ではありません。風邪や様々な病気、妊娠、ストレス、寝不足、疲れなどで体力が落ちると、体の抵抗力が落ちてしまい、膣内の自浄作用も落ちるためにカンジダが増殖して症状がでます。糖尿病などがあったりして、免疫力が落ちている人も繰り返しやすいといえます。

また、
・ピルの内服中
・膀胱炎
・淋菌
・クラミジア

など、様々な感染症の治療で抗生物質を服用した後などにもカンジダ症になることがあります。

知らない間になっていることも?カンジダ膣炎の症状は?

軽い症状としては、おりものが少し増えたり、かゆみが少しでたりします。進んでいくと、外陰部や膣の入り口付近にかゆみや、ほてるような灼熱感を感じるようになり、おりものも、白色や、うすい黄色のカッテージチーズ状だったり、糊のような状態になって増え、白くこびりついたような状態になることもあります。

男性の場合も、かゆみなどがでる亀頭包皮炎を起こすこともあります。また、赤ちゃんが生まれる時にカンジダ膣炎を起こしていると、赤ちゃんが産道感染を起こして、口の中などに感染を起こす鵞口瘡(がこうそう)などになることがあります。

デリケートゾーンを洗いすぎてはいけないワケ!

本来の健康な状態では、膣の内部は強い酸性に保たれています。強酸性であるため、外からカンジダなどの細菌は入ることができません。たとえ膣内に入ってきたとしても、細菌や真菌は強い酸性下では生きていけないために、すぐに死んでしまいます。

このように、酸性であるため、膣は感染症から自分で身を守っている自浄作用があるといえます。膣内がこのように、強い酸性なのは、デーデルライン桿菌という特殊な乳酸菌が本来膣内にいるためです。この乳酸菌のはたらきによって、膣内は細菌や真菌などの進入、感染から守られています。

ところが、石鹸やボディーソープでデリケートゾーンや膣を洗いすぎてしまうと、この大切な乳酸菌が流されてしまったり、ボディーソープなどの成分が酸性を弱めてしまい、殺菌作用を弱めてしまいます。そのため、カンジダが膣内に入ってきて、増殖し、カンジダ膣炎になって症状がでることになります。デリケートゾーンを洗うときは、洗いすぎず、特に症状がある時は専用のソープを使うのがおすすめです。

選ぶべき石鹸3つのポイント

デリケートゾーンを日々洗っているのになんだか臭うなぁ、なんて思っておりませんか?

もしかすると間違った洗い方をしているからかもしれません。普通の石鹸やボディソープでデリケートゾーンを洗うのは禁物なんです。
デリケートゾーンを洗う場合は、普通の石鹸や、ボディソープでは成分が強すぎることがあり、デリケートゾーン専用の石鹸で洗うのが好ましいでしょう。

デリケートゾーン専用の石鹸の選び方で、重要なポイントは次の3つです。
(1)弱酸性であるか
普通の石鹸・ボディソープでは、「アルカリ性」のものが多く、洗浄力の強さから、膣内の粘膜を溶かしたり、膣内の常在菌を流してしまう恐れがあります。毎日洗うことで、だんだんと皮膚が薄くなり、炎症、かゆみ、などを起こしてしまうので使用は避けましょう。
(2)天然成分で作られているもの
人口添加物(合成界面活性剤、防腐剤)などが含まれていない天然成分配合の石鹸を選ぶようにしましょう。
(3)善玉菌を洗い流してしまわないか
善玉菌は、膣内部を清潔に保つ働きがあります。良い菌まで洗い流してしまうと、雑菌が繁殖してしまい、臭いや病気の元になるので、弱酸性の洗浄力が優しい石鹸を選びましょう。
また、膣内を洗う場合は、石鹸ではなく、膣内洗浄剤を使って洗うようにしましょう。

≪あなたのデリケートゾーン緩んでいませんか?≫
女性にとって老化やゆるみが気になる【デリケートゾーン】の老化を診断!

医師からのアドバイス

女性であれば一度は気になったことのある方が多いデリケートゾーンのにおい。しかし、過剰に気にして洗いすぎてしまうことが、かえってにおいを強くしたり、カンジタなどを引き起こしてしまうことがお分かりいただけたと思います。もちろん清潔を保つことは大切ですが、デリケートな場所だけに、丁寧に優しく洗うことを心がけましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス