記事提供:AbemaTIMES

30日放送のAbemaTV『AbemaPrime』月曜日特集コーナー「中2ニュース」で、中学2年生が銀座の高級クラブを訪問。大人たちが織りなすナゾ多き世界に、“中2”ならではのど直球の質問をぶつけた。

同コーナーは、さまざまな現場に中学2年生のリポーターを派遣し、大人の事情は無視してガンガン取材していこうというコンセプト。

この日は夜の街・銀座の高級クラブを、中2リポーターの杉山珠羽くんと遠藤里々花ちゃんが取材。「同伴」からママに密着、日本を代表する高級クラブを有する銀座の魅力とは…?

■「同伴」とは何なのか

取材に応えてくれたのは、銀座の高級クラブ「昴」のママ・高田律子さん。中2の2人による取材は、お客様と一緒に食事をする「同伴」からスタート。

ママといっしょに高級寿司店へ向かうと、待っていたのは某広告代理店社長のAさんと、その社員のBさんだ。

――同伴って何ですか?何のためにやるんですか?

同伴とは、ママがお店に行くまでの時間に、食事をともにすること。

Aさん:一日何百名とお会いしているママに、「お前はちゃんとやってる」って言ってもらえたら自信も出る。働く男の活力。

同伴は19時20分に終了、そのままクラブ「昴」へ。「昴」は1994年にオープンし、芸能界や政界などからさまざまな著名人も来る高級クラブ。Aさんは5年ほど通い詰める常連だという。

■何故オレンジジュースが1杯3000円するのか

中2リポーターは、労働基準法ギリギリの20時までクラブの雰囲気を研究するなかで、オレンジジュースをオーダー。

――一杯いくらくらいですか?

ママ:3000円でございます。

――なんでそんなに高いんですか…。

ママ:儲けようと思っているわけではないの。お姉さんたち、私も含めて、一生懸命着飾って着物を着たり髪を整えたり、お金をかけて空間を作ったりしています。

そこで、3000円のジュースを飲みに来ようと思う男性たちが日本を支えている。(そういう)仕事を頑張る人たちを支えるために、ママという仕事があると思っています。

■ママの「人脈」

30日ゲスト出演した板東英二は、クラブに行くかどうかについて、

「取引先として、なんとかいけないかと(いう人たちがいるクラブに行く)。ママはそういう人たちの人脈をよく知っている」とコメント。

人脈づくりのために行くという目的があるという話を受けて、ジャーナリストの堀潤氏も、長崎で市長が撃たれたときに初めて現地のクラブに行ったと振り返った。

容疑者回りなど人脈が広いためだそうで、クラブには、なかなか表向きには見えないが、“そこでつながる人脈”という一面もあるようだ。

「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス