【朝倉秀雄の永田町炎上】

■官僚出身の知事は不祥事が少ない

昨年4月の統一地方選前半の知事選の結果、47名の知事のうち29名をキャリア官僚出身者が占めるようになった。実に62%の比率である。

もっとも関東8都県に限れば、官僚出身者は茨城県の橋本昌知事たった1人しかいない。

東京都にいたっては昭和54年4月から平成7年4月まで4期、16年間務めた元内閣官房副長官の鈴木俊一知事を最後に官僚出身者は誰もいない。

要するに官僚出身の知事は都市部では少なく、どちらかといえば「地方」に集中しているわけだ。

理由は簡単。

地方では県内トップの進学高校を出て東大や京大に進み、難しい国家公務員I種試験(現在の「総合試験」)に合格し、中央省庁に採用されるような者は「地元の誉れ」であり、自分たちと同列の人間だとは考えず、

ほとんどの有権者が尊敬の念さえ抱いているからだ。

そうした人物を県のトップに戴くのはいわば自然の成りゆきだと言っていいだろう。

自治体の首長というのは、政治家であると同時に地方行政庁の最高責任者でもあるから、何より行政手腕に優れていなければならないが、官僚は行政のプロであるから、まさに適任だと言っていいだろう。

それに日本の官僚は「世界一優秀」と言われるくらい知的水準に恵まれ、何より国益・公益を重んじ、公私を峻別する習性が付いており、かつ遵法意識が高い。不祥事も少なく、政権も安定する。

いずれも旧自治省出身の橋本茨城県、谷内正憲石川県両知事などはもはや6期目にも及ぶ。

汚職も少ない。過去には竹内茨城県知事のようにゼネコン汚職で捕まるような不心得者もいないではなかったが、近頃、そんな人間は滅多にいない。

かえって旧厚生省出身の元浅野史郎宮城県知事や旧建設省出身で、第一次安倍内閣や福田康夫内閣の総務大臣を務めた増田寛也元岩手県知事、

旧自治省出身で、菅直人内閣の総務大臣に抜擢された片山義博元鳥取県知事のような行政手腕に選れ、識見の高い、優れた人物が多い。

■都会の有権者はなぜか問題児がお好き

ところが都市部ではそうはいかない。

メディアは誰に頼まれたわけでもないのに、「権力者を監視するのが我々の使命だ」などと称し、執拗に「官僚」を攻撃する。

都会の有権者はそんなメディアから洪水のように発信される情報に触れる機会が多いから、知らず知らずのうちに「官僚嫌い」に「洗脳」されてしまう。

しかも比較的高学歴な人間が多く、自分たちをいっぱしの「知識人」だと思い込んでいるから、官僚に対して対抗意識を剥き出しにし、

「官僚」と聞いただけで「天下り」などを想い描き、常に「役人どもは民間の俺たちよりも甘い汁を吸い、いい思いをしてやがる」といった妄想を逞しくし、敵愾心を抱く。

結果、政治的資質や行政手腕などはいっさい考えず、単に「知名度」があるという理由だけで、

青島幸男、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一、横山ノック、黒岩祐治(神奈川県)、森田健作(千葉県)、

橋下徹などといったモノ書きやニュース番組のキャスター・コメンテーター、お笑い芸人、俳優、タレント弁護士などといった連中に好感を抱き、票を投じる。

つまり教養水準の低い田舎の人間のほうが自称「インテリ」のはずの都会人よりもかえって堅実な投票行動をするというわけだ。

■誰よりも倫理観に乏しく、遵法意識が低い舛添知事

民間出身の首長の特徴は、ひたすら私益私欲を追求する事に明け暮れてきた者が多いから、「公」の概念がすこぶる希薄で、公私の区別ができず、官僚とは反対に倫理観に乏しく遵法意識が低いことにある。

あるいは「官僚だって問題を起こしたり、悪いことをする奴がいるではないか?」という意見もあろう。

だが、名門企業の東芝や三菱自動車の例からも解かるように不祥事を引き起こす確率は民間のほうが圧倒的に高い。

だから強制ワイセツ罪で起訴された横山ノック元大阪府知事や「政治とカネ」の問題で辞任に追い込まれた猪瀬直樹前東京都知事のような不埒な輩が現れる。

そんなタチの良くない大都会の首長の代表が舛添要一東京都知事であろう。

舛添は海外視察での公金の無駄遣いや公用車使用の公私混同、政治資金の私的流用などで毎日のように槍玉に挙げられているが、

具体的なことは週刊誌や新聞報道で周知のことだから、改めては書かないし、政治資金の私的流用など永田町では当たり前。ほとんどの議員がやっているが、舛添の「無節操ぶり」は桁外れだ。

■林文子横浜市長よ、お前もか?

そんななか、林文子横浜市長にもヘアメイク代を公費で賄っていたという問題が吹き出した。

日本の女性政治家の特徴は、恐ろしくカネに細かく、かつ公私の区別ができないことだ。

これは学歴や知能とは関係がないようで、本来は国会議員の「職務手当」であるはずの「文書通信交通滞在費」でおよそ似合いもしない奇抜な原色のブランド物の洋服を買ったり、せっせと貯蓄に回し、通帳を眺めてニンマリほくそ笑むといった具合だ。

なかには舛添ほどは露骨ではないが、山東昭子や谷亮子、三原じゅん子らのように政治資金をヘアメイク代やゴルフクラブ代、将棋セットレンタル代、舞台チケット代にしてしまう者もいる。

彼女たちはともかく自分の器量で稼いだ政治献金だが、林の場合は市民の税金が原資の公金なのだから、たとえ少額とはいえなおさら悪質だ。

そもそも市の広報番組などに出演するとはいえプロのスタイリストを付けて髪のセットをするなど時間とカネのムダだし、そんなものは私費で払うべきだ。

いずれにせよ都会の有権者はもっと人を観る目を養う必要がありそうだ。

文・朝倉秀雄(あさくらひでお)

※ノンフィクション作家。元国会議員秘書。

中央大学法学部卒業後、中央大学白門会司法会計研究所室員を経て国会議員政策秘書。衆参8名の国会議員を補佐し、資金管理団体の会計責任者として政治献金の管理にも携わる。

現職を退いた現在も永田町との太いパイプを活かして、取材・執筆活動を行っている。

著書に『国会議員とカネ』(宝島社)、『国会議員裏物語』『戦後総理の査定ファイル』『日本はアメリカとどう関わってきたか?』(以上、彩図社)など。

最新刊『平成闇の権力 政財界事件簿』(イースト・プレス)が好評発売中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス