広島県にある厳島神社でも有名な『厳島(通称・宮島)』。宮島ではこの時期、出産シーズンを迎え可愛い小鹿が生まれます。

観光客で賑わう宮島。その中に愛らしい小鹿がいれば触ってみたくなるのも分かるのですが、ダメ!絶対小鹿に触れないで下さい。「ついつい可愛くて触ってしまった」という行為が、小鹿にとって死を宣告されることにも繫がるのです。

Twitterユーザーのあおのさんの注意喚起。産まれたての小鹿はまだ親すら匂いを覚えてなく、人間が触れてしまうと親鹿が小鹿を育てなくなるとのこと。お乳すら吸えない小鹿が親に見捨てられると最悪、死を待つことしかできなくなるのです。

小鹿は可愛いけど絶対触らないで!

出典 http://weheartit.com

知らなかったとはいえ、人間が可愛いと触れた瞬間、人間の匂いが小鹿についてしまいます。その匂いを嫌う親鹿は我が子に近づけなくなるんです。鹿は人間の何千倍もの嗅覚をもっていると言われています。その嗅覚で危険を察知します。群れで暮らす鹿にとって人間の匂いがついた小鹿は危険な存在になってしまうのです。

もし、触ってしまったら?母親にも見捨てられ、群れにも入れず、どこにも行く宛のない小鹿は行方が分からなくなりただ無事に生きていることを祈るしかなくなるとのこと。こんな悲劇を招かないためにも小鹿を見掛けてもむやみに触ることはやめましょう。

Don't touch deer please

出典 https://twitter.com

【注意】宮島現在正值幼鹿產期

【미야지마에 찾는 분께】

宮島に来る観光客は日本人だけではありません。外国の方々もたくさん来ます。今、Twitterではそれぞれの国の言葉で「小鹿を触らないで」との注意喚起の投稿が目立ちます。小鹿を守る為、拡散を呼びかけている人達もたくさんいます。

観光客の皆様へのお願い

出典 http://small-life.com

宮島の鹿は飼育されている鹿ではなく野生の鹿、観光客へ鹿を触らないように、食べ物を与えないように、ゴミを捨てないでと注意喚起の看板を立てています。けれど、悲しいかな、鹿を触り、食べ物を与えゴミを捨てる人が絶えません。そうすると野生の鹿はますます人馴れしてしまい自然の中で生きていけなくなるのです。

現在の宮島の鹿について

愛嬌のある宮島の鹿は、人から餌をもらうことに馴れ、しだいに餌を求めて市街地へ下りてきました。その結果、市街地に定着する鹿が増え、人馴れした鹿は餌の匂いからゴミをあさってビニールなどを食べてしまい、胃の中にビニールの固まりが堆積し、鹿が長生きできなくなっています。

そのため市は、鹿に食べ物を与えないことで、人馴れしてしまった鹿を自然へ還す試みを行っています。鹿本来の野生のくらしを守るため、観光客の皆様には、ゴミ処理の徹底と鹿に餌を与えないよう、ご協力をお願いします

出典 http://small-life.com

たった今…

先日、アメリカでもバイソンの赤ちゃんが「寒そう」という理由から観光客に車に乗せられて「保護」された結果、母親から育児放棄されてしまい安楽死を余儀なくされたというニュースが話題になりました。

産まれたての動物がとても愛らしく頼りなさげで、ついつい手が伸びてしまう気持ちも分かるのですが、人間が触ってしまった瞬間、産まれたての命が消えてしまう致命的な行動に繫がるのです。母親から子どもを奪わない為にも、生まれてきた赤ちゃんを守る為にも、小鹿だけに限らず野生動物の赤ちゃんを見掛けても無暗に触らないよう心掛けて下さい。

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス