記事提供:AbemaTIMES

5月30日、在沖縄米海兵隊の教育用と見られるスライドが公開されたことが報じられ、その内容に波紋が集まっている。

このスライドは、イギリスのジャーナリストであるジョン・ミッチェル氏が米軍に対して開示請求した結果、明らかになったもの。

内容には、「沖縄の世論は論理的というより感情的」「『(本土側)の罪の意識』を沖縄は最大限に利用する」「限られた情報源しか持たず独自に情報を探そうとしない」「責任を転嫁する現象がよく起きる」などと書かれていたという。

この件に対し、同日生放送されたAbemaTVの報道番組『AbemaPrime』では、沖縄県出身者も含めて議論が展開された。

3つ目の「限られた情報源」については、主に沖縄の地元メディアのことを指している。

米軍に対して批判的なメディアの論調を情報源にしているというのがここでの指摘だ。これについて、番組コメンテーターでジャーナリストの堀潤氏は、補足の説明をした。

「アメリカの領事館のリクエストで、講演会に行ったことがあります。私がNHK辞めた後に、『フラットに情報を収集したい』ということを言われたんですよ。

さらに『沖縄のメディアが偏っているんですよ。私達が言ってもそのまま報じてくれない』と言われました」

つまり、堀氏のこの話をかみ砕くと、アメリカの関係者は沖縄のメディアは米軍やアメリカについて公正に報じていないと考えているというのだ。

それは、今回明らかになった海兵隊向きの資料の内容と合致する。

ここで、琉球新報社会部の松堂秀樹記者が生中継で登場。今回の資料流出について意見した。

番組キャスターのテレビ朝日・小松靖アナから「問題点はズバリどこですか?」と聞かれ、松戸氏はこう語った。

「問題点は、海兵隊が沖縄を占領地として見ているかのような評価・分析をしている点にもあります。

間違った記述があります。歴史的事実として、沖縄で地上戦があったこと、住民の3分の1が犠牲になったことは正しい。

ただし、沖縄が『差別感情を利用している』『中央との政治の梃子(てこ)に使っている』という評価と、『国からの補助が唯一の収入源』という記述は誤りです」

また、今回の資料には、「沖縄に来ると突然女性からモテるようになる」といった記述もあったようで、

小松アナは「沖縄の人をある種『同じ人間』とも思わない扱いをしているという指摘もありますよね」と松戸氏に問いかけた。そして松戸氏はこう答えた。

「新兵に対する教育はありますが、米兵は、日米地位協定で保障されている特権があります。基地に逃げ込めばいいとか本国に帰ればいい、という意識があるんです。沖縄を見下すマニュアルがあるのが問題ではないかと思います」

・沖縄の情報は関東ではごく一部しか取り上げられない

ここで、堀氏が補足をする。

「アメリカ軍が、若い兵隊をスカウトし、人を集めますよね。アメリカ各地にある米軍の魅力をDVDなどで見せる。沖縄に来たらリゾート感覚で、酒もあるし、基地に来るとこんなにいいことあるよ――みたいなことを伝えるわけです。

ただ、景気が悪くなると、米兵の質が悪くなるものです。リゾート感覚で来る人もいる。

今回(サミットでは)オバマ大統領と安倍首相が会談したが、日米地位協定という不均衡な協定に対する見直しについては話題になりませんでした。これが沖縄の現状について不満や疑心暗鬼を招いています」

また、この日は、横浜の「おきなわ物産センター」の店長で沖縄出身の下里雄太さんの話も中継でつないだ。

小松アナから今回の資料について「沖縄県民の感情を逆なでするものだと思いましたか?」と聞かれ、

「研修内容の本文をちゃんと見てはいませんが、好ましくないなとは思いました。一部内容としては、基地があって助かってる人がいるとか、異性にモテるとかは、まったくないかといえば、そうではない。

だからと言って(日本人を)暴行していいと、問われれば絶対違う。そういったところを教育というか、研修の内容を改善してもらいたい」

今回の資料の中には、「限られた情報源しか持たず独自に情報を探そうとしない」という記述があったが、これについて下里さんは、沖縄にいた時と現在横浜での情報の質・量が異なると語る。

「横浜では情報が少ないな、と思います。中身も、沖縄ではもっと深い話をしていますが、関東では、ごく一部しか放送されていないと感じられます」

また、堀氏が「米兵が沖縄で地元の人に溶け込もうとしている動きもあるのでは?」と聞くと、下里さんは「僕が沖縄にいる時は、学生だったので、あまり関わりはなかったですが、仲良くしようという動きを感じたことはない」と実感で語った。

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス