2011年以降はちょっと残念なイメージになってしまった福島ですが、本来は自然がたっぷり。リフレッシュするにはとてもいいところです。白虎隊やハワイアンズだけじゃない、福島の魅力を再発見いたします!

やっぱり定番!「スパリゾートハワイアンズ」

スパリゾートハワイアンズは、東京ドーム6個分という広大な敷地に遊園地のような温泉プールなど、1日中楽しめる人気のスポットがぎっしり。映画「フラガール」の舞台ともなった有名な場所です。アクセスは東京からの無料送迎バスもあるので、とても便利!

ハワイアンズの新しいホテル棟”モノリスタワー”。「日常の引力から逃れて身も心も浮力に包まれる、もうひとつの住家」をコンセプトにしています。まるでハワイにいるかのような、ウッディーな内装はリラックス度合いを高めてくれます!

圧倒的な温泉量!過去に繁栄をもたらした炭鉱を“すみの湯”に、その後の半世紀の時の流れを“うずの湯”として、モノリスタワー内にメモリアル的にリニューアル!半露天風呂の“半外気浴”を採用しました。外気が入ってくるので気持ちのいい温泉です。

裏磐梯レイクリゾート 本館 五色の森

「裏磐梯猫魔ホテル」として親しまれていたホテルが、2015年にリニューアルオープンして「裏磐梯レイクリゾート」として生まれ変わりました。なんと東京駅発着の送迎バスも出ているので、アクセスは抜群!五色沼から徒歩5分の立地、磐梯山と桧原湖両方を臨むというロケーションに加え、裏磐梯唯一のかけ流し絶景温泉もありで大人気のホテルです。

裏磐梯唯一のかけ流し温泉。温泉に浸かりながら、五色沼や磐梯山を眺めることができます。またとない贅沢!

リノベーション後にホテル内に出来た、ハンドドリップのコーヒーをも楽しめるカフェ。都会のカフェとなんら遜色のないおしゃれさです!

市場で働く人も行く食堂だから美味しい!「市場食堂」

やはり海の幸は市場でなくちゃ!どどーんとうにがのったうに丼をはじめ、海鮮丼も大人気です!

小名浜魚市場前2階にあり、観光客はもちろん、市場で働く人にも利用されています。人気は「目光定食」で、小名浜の魚として知られるメヒカリの唐揚げが楽しめます。市場に行く食通が利用するというだけあって、味には定評あり。

せっかくなんで朝飯はホテルではなくて漁港でリッチに食らう事にしてみました!
車で30分ほどの小名浜漁港にGo!です。
漁港と言えば、ベタですが「海鮮丼」!!
出てきてビックリ、どこにゴハンがあるの!?というくらい刺身が盛り盛り状態!

出典 http://tabelog.com

三春ハーブ花ガーデン

各種ハーブ、花苗のほか、イギリス直輸入のガーデニンググッズなどを販売する、老舗のハーブ園。ハーブの香りにつつまれて、楽しく園芸グッズを選ぶことができます。

園内にあるレストランでは地元農家作の野菜や手作りパンなどのバイキングが大評判です。(大人1650円税込)極力農薬を使っていないので、ほっこりやさしい味。

透明度も世界有数!猪苗代湖

日本で4番目に大きい湖である、猪苗代湖。実は透明度も世界有数の湖なんですよ。後ろに聳え立つ磐梯山との風景が美しく、見るだけで心が癒されそうです。意外と知られてないですが、湖水浴や水上スポーツ、フィッシングなどが楽しめるんですよ!


雪を頂いた、冬の磐梯山も圧巻!スワンが湖に渡ってきます。

「猪苗代町ハッピートラベルチケット」
2,000円で4,000円分の宿泊補助券が買える!!
お近くのコンビニエンスストアで、ハッピーチケットをお買い求めください!

出典 http://www.bandaisan.or.jp

これはお得!

◼︎住所 福島県耶麻郡猪苗代町猪苗代湖地区
◼︎お問い合わせ 0242-62-2048((一社)猪苗代観光協会)
◼︎アクセス JR磐越西線猪苗代駅から磐梯東都バス長浜・金の橋行きで15分、長浜下車すぐ

ひろびろ古民家のほっこりカフェ「空カフェ」

いわゆるリノベーションした古民家がカフェになった場所。土湯温泉に程近く、自家農園のブルーベリーに野菜、そして地元で採れるものを主に使用「ゆるベジランチ」を提供してくれます。あまりのリラックス度合いに帰るのも忘れそう!広い庭では時々イベントなども行われます。

ブラウニーもナチュラルなお皿にもってホイップクリームを添えるとなんだか和風のデザートに見えますね。

福島市と猪苗代を結ぶ土湯峠。
最近では道路も広くなり、ますます速く行けて近くなりました。 

が、そんな便利さの影でひっそりと、しかし確かな存在感を放っているのがこちら。

ここにはゆっくりとした時間が流れ、日常の喧騒を忘れさせてくれる力があります。

出典 http://tabelog.com

しとしと降る雨の庭を眺めながらいただく飲み物、そしてスイーツ。
静かに、ゆっくりと流れる時間。
気の合う方と、またお一人でゆっくり過ごされるには最適の空間が、ここにはあります。

出典 http://tabelog.com

いかがでしたか?定番ではない福島の魅力はまだまだ語りつくせません。福島に行く機会がありましたら、立ち寄ってみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

zuenmei このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。食べること、踊ること、アジア大好きです。わかりやすい記事を目指します!よろしくお願い致します。instagram: https://www.instagram.com/zuenmei/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス