記事提供:conobie

息子が楽しみに楽しみにしていたプール開き。でも、それが明日だと気がついたのは当日深夜…そう、やっちまった事に気が付くのはいつも深夜。後悔の嵐です。

翌日の保育園の準備とか、子どもが寝てからやる派でなんというか、もらった手紙もいつも通りそのまんま放置してたっていうか…。

でも、プールグッスなら去年買ったのもあるはずだし、全然平気じゃ~んって余裕こいてたら、「今日がプール」の当日深夜に去年買って家にあるはずの水泳帽がないことが発覚。

よくある話ですよ。

ムスコは今日という今日を心から楽しみにしてカレンダーにまで書き込んでいたっていうのに…。

私のせいで猛暑の中、一人寂しく皆が遊ぶプールを見学するという…。

拷問を超える罰ゲームを10時から開催するはめに。こうなったら、おかあさん…。

死ぬ気で水泳帽を作ってみます。やらないよりはマシ。

もしかしたら、どうにかなるかもしれない。コレだ。人間正気を失えば絶対不可能にチャレンジする無謀にも何か希望すら見えてしまうのです。

そうこうしているうちに、もう朝。ムスコが起床だよ。

なんと説明をしたら良いんだ。今日、水泳帽が準備できておらずプールに入れないこと。皆の遊ぶ姿を、見学しなくてはいけないこと。

いや…もし、当の本人が今日プールって事実を忘れてさえいれば…?

説明不要っ!サボり決定!コレだ。

ヒデブーーーーーーーーッツ!!!

だいたいね、帽子なんて自作できるわけないじゃないですか!何をどうしたって、できるわけないじゃないですか。こうなったら、早目に登園させてプールまでの時間にどこかで帽子を買って届ける。コレだ。

とにかく、今日の段取りだけは確実にしておきたい。スーパーでもなんでも水泳帽を置いていそうな店をチェックしまくること地獄の数分。

生きた心地は勿論しない。背後では何も知らないムスコがのん気に私を呼んでいる。

「まま~~ね~~~。ちょっと見てこれ~~~」

…。

…?

したく…。

した…く…。

プールの…した…。

「プールの道具が入ってる引き出しから自分で出してバックに入れたんだよ~。メガネとね、パンツとね、タオルとね、あと、ぼうし」

「ままさ~、時々お支度忘れるじゃん?それで、ぼく泣いちゃったりしたじゃん。プール楽しみだからぼく失敗したくなくて、自分でやったら、できたの」

…。

正直、救われた感ハンパなかったです。

それ以来、ムスコはなんでも自分で支度するようになったんですけどね、親が完璧にやってあげるより、結果的には自分で支度できるようになった時期が早かったんじゃないかと思います。

プール、そろそろですよね。

皆さん、試しに子どもに「まま、ちゃんとできるか分かんないから自分でやっといてね」と言ってみましょう。

楽しみのためなら案外、自分でできちゃうかもしれませんよ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス