記事提供:ホリエモンドットコム

自身でグルメキュレーションサービス「テリヤキ(http://teriyaki.me/)」を手掛けるほど、美味しい食事に目がないホリエモン。

しかし、時にはクレジットカードが使えないお店に当たるようで、先日も以下のコメント。

普段現金を持ち歩いている人でも、たまたま持ちあわせが足りないときは困るだろう。

最初からカードが使える店舗しかなければ、現金の持ちあわせを気にして訪れる必要もなくなる。お客さんの利便性を考えれば、クレジットカード決済は導入すべきであり、それを行わない飲食店にホリエモンは疑問を投げかける。

カード決済導入は「コストがかからず、今すぐできる」

ホリエモンは全ての店舗にカード決済を導入してほしいと考えている。何故ならコストがかからず・今すぐできる、から。

古いシステムを利用していれば手数料は比較的高いようだが、「Square」などを利用すれば、端末とアプリがあればすぐにカード決済を導入できる。手数料も3%ほどと良心的だ。

カード使用不可のお店がなかなか無くならないのは、飲食店経営者に「カード決済の導入が簡単でお金も殆どかからない事知らない人が多い」と分析したホリエモン。

更に一部の店舗では「売上の一部を帳簿に書かずに脱税してると思う」「カード決済しちゃうとぜんぶガラス張りになるから困る」と、脱税目的でカード決済を導入していない店舗もあるだろうと持論を展開した。

報道メディアも、パナマ文書のような“合法的な節税”を取り上げるのではなく、こちらの“違法な脱税”にもっと目を向けるべきだろう。社会から脱税を減らすために、カード決済導入は有効な手段であるとホリエモンは考えている。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス