■セクハラの定義は難しい

非常に線引が難しいと言われる、セクシャルハラスメントこと「セクハラ」。

セクシュアルハラスメントの略で、「職場において、労働者の意に反する性的な言動が行われ、それを拒否するなどの対応により解雇、降格、減給などの不利益を受けること」又は「性的な言動が行われることで職場の環境が不快なものとなったため、労働者の能力の発揮に悪影響が生じること」をいいます。男女雇用機会均等法により事業者にその対策が義務付けられています。

出典 http://kokoro.mhlw.go.jp

厚生労働省のHPより。

このように、一般的にはされている側が「不快」であると感じるか否かという点で判断されますが、これが個人の感覚次第という事もあり基準は曖昧です。

それだけに、セクハラの定義に関しては常に疑問符が

このように、セクハラの定義に関して分からないという方も多くいらっしゃいます。


そんな人達に向けた、自分の行動がセクハラかどうかを判断する一つの基準が、Twitterで話題になっています。発信されたのは、Twitterユーザーの「きのにゃん」さん。

■その判断基準というのがこちら

上司の娘さんとイメージして扱う

Licensed by gettyimages ®

会社にいる女性を、自分の上司の娘さんと思って扱う。確かにそれなら、滅多な対応は出来ませんね。

■この判断基準に同意の声

非常に分かりやすいです。

親しくなるまでの基準としてはこれで良いかもしれませんね。

もう一つ付け加えよう

確かに、「上司の目の前で」なら、更に行動が制約されそう。

同じような対応を取る方も

大切な友人の彼女。それは丁重に扱うしかありません。

女性も同じ

お互いにそう考えると、必要以上に近い距離感で発生する問題はなくなるかも。

■一方、それでもセクハラする人種には通じないとの声も

奴らは上司の娘でも対応が変わらない

Licensed by gettyimages ®

常識が通じない相手という前提だと、この基準すらも理解できない??

上司の娘でも対応が変わらないというのは、ある意味一貫していますね…。

それでも、一つの判断基準を設けるのは大切かも知れないですよ。

賛否両論ありますが、当然、こんな基準を考えなくとも、セクハラと判断される様な安易な行動を取らないのが一番に決まっています。それでも、「セクハラ」という曖昧な物事を考える判断材料として、こういった例があるのは非常に重要だと思う次第です。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス