梅雨は「カビ」の季節!

出典 http://nichiiro.com

寒い冬から春になり、だんだん夏らしくなってきているこの時期。でもその前に毎年のように「梅雨」がやってきます。ジメジメで「カビ」の多い季節。

出典 http://item.rakuten.co.jp

そこで今回は、梅雨が来る前に、「カビ」が一番発生しやすい「浴室」の掃除場所をご紹介します。浴室は掃除しているようで、結構うっかりやらずにいる箇所もあり、そういうところにもカビはどんどん生えてきます。カビ予防にも、浴室の掃除はしっかりしましょう。

出典 http://rikon-isharyou-anshin.com

浴室は、家の中でも一番「水」を使用する場所。密室なので、かなり気を付けないと、カビはすごい勢いで広がっていきます。カビは健康にも大変悪いので、カビのない浴室作りをしたいですね。

「カビ」はどんどん繁殖する!

出典 http://www.kis.gr.jp

カビには、生育条件というものがあります。浴室というのは、その条件を満たしやすいと言われています。条件が満たされると、早ければ6時間ほどでカビが生え始めます。

酸素

出典 http://f.hatena.ne.jp

人間と同様、カビは酸素がないと生きられません。

カビが発育するためには酸素を必要とします。毛皮のコートなどをしまうのに、密封して「脱酸素剤」を入れておくことがあります。酸素がなければ、カビも生えないし、虫も生きられないので、カビ、虫の被害もありません。

出典 http://mh.rgr.jp

温度

出典 http://aiwilcock.exblog.jp

カビが一番活動的になるのは、温度が20度を越えたころから。でも涼しい場所やもっと暑い場所でも繁殖するものもあります。

カビは5~45℃で繁殖します。冷蔵庫の中の食品を考えれば、かなり低い温度でもカビが生えるのがわかると思います。ただ一般にカビは20℃を越えると急に活気づき、28℃前後がもっとも繁殖が盛んになります。

出典カビは5~45℃で繁殖します。冷蔵庫の中の食品を考えれば、かなり低い温度でもカビが生えるのがわかると思います。ただ一般にカビは20℃を越えると急に活気づき、28℃前後がもっとも繁殖が盛んになります。

湿度

出典 http://www.mobypicture.com

カビは湿度が高い空間を好みます。浴室はカビにとって、とてもいい環境なんですね。

カビには水分が必要で、湿度60%以上で繁殖しますが、80%を越えると猛烈な勢いで繁殖します。もちろん100%でもOKで、排水口などのヌルヌルしたぬめりもカビです。

出典 http://mh.rgr.jp

栄養分

出典 http://blog.livedoor.jp

カビは人間と同様、「栄養分」も必要です。でもカビの栄養分というのは、ホコリなどもそうなんです。浴室にあるさまざまなモノが、実は「カビ」の栄養源となってしまうのです。

カビが繁殖するには、栄養が必要で、ホコリ、汚れも栄養源。なんと塗料、接着剤なども栄養源です

出典 http://mh.rgr.jp

そんな恐ろしい「カビ」ですが、浴室では、カビ対策にどんな工夫を心掛けるといいのでしょうか。

天井もしっかり!

出典 http://www.alldenka.jp

浴室の「天井」は、けっこう掃除を忘れがち…、というか、面倒であまりやらない人が多いようです。でもその天井には、人間の目にはハッキリと見えていないカビが存在します。

出典 http://www.care-goods.lixil-online.com

カビというのは、胞子をまき散らします。天井にカビがあると、人間に降ってくることとなりますので、しっかりとした掃除は絶対です。

壁の高い位置や天井は、長い柄の付いた専用のスポンジやモップを使用するとキレイにできます。

出典 http://www.bellemaison.jp

さまざまなタイプの掃除用具が市販されていたり、ネットで購入もできます。

出典 http://plaza.rakuten.co.jp

もし専用の道具がなくても、フロアー用のワイパーのシートや雑巾をお風呂専用のに付けかけて、使用するという方法もあります。たくさん掃除道具を買わなくても、これ1本でいろいろ使えちゃいます。

出典 http://marylaine.com

洗剤を直接浴室の天井に吹き付けると、顔や体に降りかかってきますので、洗剤は直接モップの先(スポンジや雑巾など)に吹きかけておきましょう。

出典 http://kanegongon.at.webry.info

天井にカビ専用の洗剤を使用する場合は、これも大変強力なため、顔や体に落ちて来ないように、モップの先に直接吹き付けてから掃除をしましょう。そして、カビ殺菌にはある程度の時間が必要なため、5~10分ほど放置してから、すすぎましょう。

※商品はイメージです。

シャンプーボトルの裏

出典 http://ameblo.jp

浴室掃除のときは、シャンプーボトルなどの容器類もきちんと持ち上げて、掃除していますか?置いてあった場所を掃除するだけでなく、その容器の裏側もキチンと洗ってください。シャンプーボトルの裏ってかなりヌルヌルしているんです。

出典 http://ameblo.jp

浴室に、もう使っていない空のボトルがあることも。そういうものは、すぐに捨てて下さい。カビの繁殖のお手伝いをしてしまいます。

※商品はイメージです。

出典 http://nettosyuunyuu2012.blog.fc2.com

お風呂グッズやおもちゃを漂白剤などで除菌する際に、シャンプーボトルなど容器の裏側も浸けておくといいでしょう。

お風呂場や洗面所などの水回りのヌメヌメや黒カビには、やっぱり塩素系洗剤が一番効果があると思っています。
つけ置きするだけで手間要らずだし、水で洗い流すだけで、すっきりきれいになります。

出典 http://nettosyuunyuu2012.blog.fc2.com

さまざまな洗剤が出ていますが、迷ったら「塩素系洗剤」もいいようです。

出典 http://arakarika.com

シャンプーボトルをそのまま浴室に置いていると、ヌルヌルが付いて、カビが生えてきますが、直接置いていなければ、その問題もありません。最近では、詰め替えシャンプーに専用のアイテムを取り付けて、吊るして使用できるとっても便利で衛生的な商品もあります。そうすることで、直接置きも回避でき、掃除のときもいちいち持ち上げるなど手間を省けます。

出典 http://reminoheya.exblog.jp

または、ボトルをカゴに入れておくと、お掃除が楽になり、乾燥させるのも早くできます。特に、お風呂場と接する面がなくなりますので、ヌルヌル防止にもなりますね。

それでもボトルは、上から水分が垂れて来るので、掃除のたびに、カゴの裏側から除菌洗剤などをボトルに向けてスプレーすればOKです。

浴室グッズやおもちゃのお手入れも

出典 http://otowa5.exblog.jp

浴室には、いろいろな洗面用具や、子どものいるおうちでは、浴室にいっぱい「おもちゃ」があるのでは??それらは、きちんと洗っていますか?そしてそれをきちんと乾燥させていますか?

出典 http://pantry123.com

よくありがちなのが、浴室グッズやおもちゃを触ってみると、ヌルヌルしていること。その正体は、細菌や酵母、カビなどが増殖するときに出す粘着物です。

出典 http://bluesky35.blog115.fc2.com

小さいグッズやおもちゃ類は、それが入るくらいのバケツでもいいのですが、たくさんある場合は、こんな感じで浴槽を使って、お湯を張りグッズやおもちゃを浸しましょう。重曹を入れるだけでもキレイになります。

バケツに入れる場合も、同じようにヒタヒタにお湯を張り、台所用漂白剤でもOKですので投入し、5分ほど浸けておくといいでしょう。ゆすぎもしっかりしましょう。

雑巾やスポンジの交換

出典 http://www.best-buy-products.net

浴室掃除をするときに使う雑巾やスポンジも、長年愛用している家庭も多いようですが、それはカビを余計に繁殖させてしまう危険性も大きいので、定期的に新しいものに交換することをおススメします。

お風呂も水分、温度ともに菌が繁殖する条件にピッタリなので、浴槽、床、浴用いす、洗面器、掃除用スポンジともにカビをメインに大腸菌も繁殖しやすいところです。

使用した後はできるだけ早く乾燥させること、そして、殺菌ができるものはこまめに行いましょう。

出典 http://ure.pia.co.jp

毎回掃除の度に浴室、イス、床は全て殺菌します。
台所用塩素系漂白剤を水で薄めたスプレーを全体に掛けます。
その時、スポンジも一緒に掛けるので結果、スポンジも殺菌されるかな?と。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

出典 http://plaza.rakuten.co.jp

また、掃除用のスポンジ以外にも、体を洗うスポンジもきちんとお手入れが必要です。カビの温床にならないようにしましょう。

使い終わったら、しっかり乾燥させることが重要です。

洗濯できるタイプのものはこまめに洗濯してください。洗濯ができないタイプのスポンジは使ったあと、石鹸をよく洗い落してしっかり水を切り、風通しのよい日陰に干すというのが基本的なお手入れ方法です。

出典 https://feature.cozre.jp

出典 http://www.rakuten.ne.jp

赤ちゃんや子どもの繊細な体に使用するスポンジも、忘れずに洗浄、除菌、乾燥をこころがけましょう。

スポンジを交換するのに明確な時期はありませんが、衛生面を考えると適度に交換したいですね。スポンジの素材によっては使っていると割れてしまうものもあります。そういったタイプのものは割れたら交換すると良いでしょう。

その他のタイプのものは使っていて「なんだかごわごわしてきたな」と感じたら交換の目安です。

出典 https://feature.cozre.jp

換気扇の取り外し掃除

出典 http://osouji.e-joho.jp

換気扇は定期的に簡単に掃除する人も多いとは思いますが、きちんと取り外して掃除していますか?換気扇は、浴室のカビとも深い関係にあります。


出典 http://hyanry.blog122.fc2.com

換気扇にカビが生えるのはもちろんNGですが、換気扇内にホコリや汚れがこびりついてくると、浴室の換気が正常に出来なくなります。換気がきちんとできないと、浴室内にカビが生えやすくなり、どんどん繁殖してきます。

出典 http://www.gizmodo.jp

掃除機で専用のノズルを使用して、換気扇についたホコリをたまに吸い込んだり…

出典 http://okinawa-osouji.com

換気扇のタイプごとに、適切な掃除方法に沿って、キレイにしましょう。

換気扇の取り外し方や掃除方法は、取扱説明書に記載されています。浴室掃除専門の業者にお願いするという手もあります。

出典 http://item.rakuten.co.jp

換気扇内にホコリが入り込まないようにするフィルターもあるようです。こういうのも併用するといいかもしれません。

冷水シャワー

出典 http://how-why-what.com

最初の記載しました、カビの繁殖しやすい条件。あれらの条件が簡単にそろってしまう浴室です。

さまざまな対策を記載してきましたが、実は「冷水」を浴室にかけるというのもいい方法です。

出典 http://item.rakuten.co.jp

浴室で体を洗ったり、シャンプーしたりすると、その泡が飛び散ります。カビはそれをも栄養源にしてしまいます。それらを溶かして落とすには温水がいいのですが、完全に浴室から出るときには、冷水を全体にかけて、温度をさげましょう。そうすることでカビの繁殖をおさえることができます。

出典 http://ameblo.jp

しかし、カビは高い湿度も好みますので、冷水後にサっと乾拭きをすると完璧です。毎回は大変だと思いますので、特に梅雨時期や雨の日などはやってみるといいでしょう。

出典 http://item.rakuten.co.jp

ドライタオルを用意して乾拭きするのも大変かと思いますので、そんなときは、水切りワイパーを浴室に置いておくと便利です。出るときに、サっと壁などの水気をとりましょう。これなら、面白がって子どももやってくれると思いますよ。

出典 http://jtm.kilo.jp

また、浴室乾燥機をお風呂から出た後、2時間ほど稼働させておくという方法もあります。少々家計の負担になるようでしたら、風通しを良くするため窓を開けたりも1つの方法です。

心地よい浴室づくりを!

出典 http://www.re-homekumamoto.com

本来は、その日の汚れをキレイさっぱり落として、リラックスできる空間、「浴室」。でも大敵「カビ」が生えやすい場所でもあります。日々のちょっとした心遣いで、カビ予防もでき、常に衛生的な場所にもなります。梅雨が始まる前から始めてみましょう♪

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス