近年、男女の婚姻率が低下していることが知られている。また、せっかく結婚しても夫婦関係が上手く行かず離婚してしまう男女も少なくない。

こうした風潮に対して、様々な対策を講じているのがブライダル業界だ。コストを抑えた結婚式を提示し、若い利用者の負担にならないようなプランを提示したり、結婚を前提にしている男女に式場を開放し、内覧に招くなど、努力の方法はさまざま。

前者については「ジミ婚」として認知されてきたきらいがある。後者は後者で、ブライダルフェアと呼ばれて各地で実施されている。

実はこのブライダルフェア、結婚を考える男女にとっては、ほぼコストゼロで楽しめるデートであり、結婚式のイメージトレーニングにもなる素敵なイベントだということをご存知だろうか。

ブライダルフェアは結婚式の予行練習!しかも無料♪

各地で開催されるブライダルフェアには、今後結婚し、式場を利用するつもりの男女が参加し、どのような結婚式にするかの参考にできるイベントだ。

しかし、実は結婚する予定が当面の間はないというカップルでも参加可能という。ブライダル業界としては未来の顧客獲得にも繋げたいため、特に参加制限を設けるようなことはしたくない。だから事実上、男女のペアでの来場であれば歓迎するのが通例だ。

では、ブライダルフェアでは何が体験できるのか。たとえばウェディングドレスの試着や、式場の設備を見ることができる。模擬的な結婚式を2人で眺めることで、当初は結婚式の予定を立てていなかったという男女も、結構その気になる場合があるらしい。

無料で豪華な料理を食べよう!

さて、男性にとってブライダルフェアの最大の魅力は食事だ。実際の披露宴で提供される料理が無料で提供されるケースが多く、実質無料で男女2人分の食費が浮くデートをすることができるというわけだ。

ぶっちゃけて言えば、男性にとっては彼女のウェディングドレス姿なんて1秒見ればもう満足だし、この手のデートは女性に対してのご機嫌取りだったりする。

買い物デートと同じで、主役は自分ではない。だから下世話な話だけども、式場側としては、せめて食費ぐらいはタダにして、男性のお財布を軽くしないという配慮もあるのかもしれない。

お財布が苦しいときのデートにぜひ!

ブライダルデートが真価を発揮するのは、事実上お財布の中身は心許ないとき、そして交際している女性のご機嫌を取るとき。この2点だろう。

なんにせよ、歓待されて食事まで振舞ってもらえるイベントはそうそう多くはない。給料日前で手持ちがないという場合のデートとして、今後結婚したいと思える異性といっしょにブライダルフェアデートをするというのも悪くないはずだ。

この記事を書いたユーザー

HOW MATCH このユーザーの他の記事を見る

あなたの年収、副業、節約、貯金、貯蓄に関する悩みを徹底的に追求するWebメディア「HOW MATCH」です! http://how-match.jp/

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • キャリア

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス