記事提供:おためし新商品ナビ

「水がつかめる」!?そんなことができるのだろうか。いまSNSなどで話題となっている「つかめる水づくり」を簡単にできるキット『つかめる水』が発売されていると聞き、面白そうなので実験することにした。果たして、水はつかめるのか?

アルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムで水がゲル状に!

雑貨やコスメ、天然石ヒーリング商品などを取り扱う株式会社ライブエンタープライズ(東京都豊島区)の『触れる図鑑コレクション』の新刊『つかめる水』(希望小売価格 980円・2016年6月発売)は、

同社の雑貨事業部が展開する子ども向け実験セットシリーズの雑貨だ。

ここ最近、インターネット上で話題となっている「つかめる水」を簡単に作れるキットとして登場したもので、実際に作ってみると非常に簡単で楽しいキットだった。

では、実際に「つかめる水」を作ってみよう。

開封してみると、アルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムの袋、計量スプーン、スポイト、そして「つかめる水」作りの解説つき小冊子がパッケージングされている。

解説小冊子は主に3見開きで構成されていて、最初の見開きが準備編、次が基本的な作り方、最後が応用編となっている。

オールカラーで写真とイラストを交え、非常に分かりやすい解説となっている。これなら小学校高学年の子どもにも難なく理解できて、失敗することは少ないだろう。

では、これに沿って「つかめる水」作りを進めてみる。

500mlの空きペットボトル2本、1リットル程度の水が入るボール類2つ、作りたい「つかめる水」の大きさのレンゲなど、出来た「つかめる水」を入れるお茶碗や粒などをすくう網などを用意する。いずれも、どこの家庭でも簡単に用意できるものばかりだ。

まずは「つかめる水」の本体とも言えるアルギン酸ナトリウムの水溶液を作る。詳しい分量や手順は実際に商品を購入して参照していただきたい。

ただ、かかる時間は20分程度、作業も簡単なので失敗することはない。

次にアルギン酸ナトリウム水溶液を固めるために乳酸カルシウム水溶液を作る。こちらはボールに入れておき、アルギン酸ナトリウム水溶液をレンゲなどですくい、乳酸カルシウム水溶液に浸すことで「つかめる水」としてゲル状になるという仕組みだ。

仕上げにボールに入れておいた水道水にくぐらせることで完成となる。

実際に「つかめる水」を作るための基本セットができあがったら、さっそく制作スタート!

レンゲにアルギン酸ナトリウム水溶液を任意の分量入れ、乳酸カルシウム水溶液に沈める。

さてどうなるだろうか?

驚きの実験結果。確かにこれなら水がつかめる!

2、3分ほど待つと、あら不思議!水がゲル状となって手でつかむことが可能となる。

ちなみに、持ってみた印象としては、水風船の皮が薄いものという感じ。中身がドリュドリュしていて、それを皮で覆うことで固形として成立しているようだ。その証拠に、薄皮に穴を開けてみると、中からドリュドリュが出てしまった。

小冊子の応用編には、フィギュアなどを入れれば「つかめる水」の中に封じ込めることもできるとのこと。これは面白そうなので試してみることに。

レンゲにフィギュアを置き、アルギン酸ナトリウム水溶液を入れて乳酸カルシウム水溶液に沈めてみた。

おうふ。これは少し大きさが合わず、いまいち上手に封じ込めることができない。

分量などをしっかり考え、大きめに作らなければならないようだ。

そこで底の深い小鉢で作ってみたところ、上手くできあがった。さながら、果実が中に入っているゼリーのような感じ。

このほか、同梱されているスポイトを使えば、小粒を作ることもできるし、絵の具で着色すればカラフルな「つかめる水」も作れるのだ。

まとめ:食物由来の原料で安全に実験ができる夏休みの定番キット!

『触れる図鑑コレクション つかめる水』は、アルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムで作れる「つかめる水」キット。

アルギン酸ナトリウムとは、昆布やワカメなど海藻類に含まれる天然の食物繊維であり、乳酸カルシウムはトウモロコシから採った糖を乳酸菌で発酵させ、カルシウムを加えたもの。

つまり、どちらも食物由来の化合物ということで、万が一口に入れても無害で安全なものなのだ。

環境を破壊せずに捨てられる安全性の高さ

だから、自然に還しても環境を破壊することがないため、作った「つかめる水」は生ゴミとして廃棄可能であり、残ったアルギン酸ナトリウム水溶液は台所の排水口へ、カルシウム水は洗面所やトイレへ流して捨てるように小冊子で明記されている。

ただし、アルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムを同時に排水口へ流すと、そこで固まってしまうおそれがあるため避けたほうがいいだろう。

この商品は子どもの夏休み向け自由研究キットとして定番となるだろう。

ただし、当たり前だが作った「つかめる水」をそのまま提出することは不可能なので、ちゃんと研究ノートにイラスト付きでまとめるのが使い方として正しい。

あるいは、この記事のように写真に収めて、制作までの過程をレポートするのも高評価をもらえるポイントかもしれないゾ!

入手は一部量販店にてすでに可能。またAmazonでの販売も予定している。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス