記事提供:子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法

オムツにハッキリおしっこライン!うんちでオムツがモッサリ~していて「オムツ替えるよー!」と呼んでも、きゃー!と逃げ回られたり「かえたくなーい!」と拒否されることってありますよね。

そんなオムツを替えるのを嫌がる子どもたちに私がしていたことは『お店やさんごっこ』。

はい、こんにちは~。

いらっしゃいませ~♡

こちらお店屋さんでーす。

お客様、サイズはMですか?Lですか?

一緒におしり拭きも売ってますがいかがですか?

今こちらのオムツが大人気で!

お客様のおしりにぴったりだと思うんですが~♡

などなど。

オムツソムリエになったつもりで接客開始です。笑

すると面白がって子ども、来ます♡

もしそれでも来てくれなかったら!!

「あぁぁぁぁ~…。今日はお客さん来てくれなくて暇だなぁ~…。

どこかにおしっこして『替えてよー』って言ってるおしりはないかなぁ~…。

あぁぁぁぁ~…オムツ替えたいなぁ~。

もう暇過ぎてつまらないからこのぬいぐるみちゃんのオムツ替えようかなぁ~…」

とか演技してると笑って側まで寄ってきてくれました。

「はき心地はどうですか?」

「あら、とてもお似合いですわ~♡」

「今日はお尻ふき1枚サービスで拭きますね♡」

などなど、色んな言葉をかけて子どもが面白がっているうちにパパパっと替えてしまいました。

オムツ替えの時間って過去のママちゃん育児法でもお伝えしたように子どもからしたらただ寝っ転がってるだけでやっぱりつまらない時間なのではないかなぁと思います。

おしっこやうんちをそのままにしたら気持ちが悪いという感覚が持てたり、オムツを替える意味や理由がはっきり分かるようになって、

汚れたオムツは寝て替えてもらうという流れが身につけば、あの手この手使わずに呼べば寝転んでくれるようになるかと思いますが、替えよう?と呼びかけても逃げ回られてしまうような時には押してダメなら引いてみる。

ならぬ、『追いかけるのをやめて、座ってお店やさん開店』。

是非、試してみて下さい♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス