記事提供:CuRAZY

1. なぜ、結局芸人と言う「リスクの塊」のような職業についたか。それは、単純に好きだったからだ‐中田敦彦

2. 皆が飲みに行くっていっても、稽古してました。

これだけは自信を持って言えるのが、僕らは同期の中で一番ネタの練習をした‐藤森慎吾

3. 毎日いろんなことがあって上がったり下がったりするけど、

いつか落ち着いてひとつひとつ思い出したら、今の日常は笑えてしょうがないのかも‐中田敦彦

4. しくじらないで生きていける人間なんているか‐中田敦彦

5. お互いのダメなところ、嫌なところも含めて好きになればいいんだと。そうすると徐々にケンカはなくなりました‐藤森慎吾

6. 何が成功するかは誰も分からない‐中田敦彦

7. 青春って定義するのは難しいけど、あえていうなら僕の青春は“いつ死んでもいいって思えてる間ずっと”‐藤森慎吾

8. いくら金と人材を積んでも絶対終わる‐中田敦彦

9. ノンポリシーこそ、僕のポリシー。すべてを受け入れる全能な存在でいたい‐藤森慎吾

10. 天狗の最も的を射た定義は、「特別扱いを当然だと思ってしまっている状況」‐中田敦彦

11. 全てダメになったとしても誰も恨むな‐中田敦彦

12. 誰よりもお互いを理解し合える仲でありながら、一方で最も理解に苦しむ存在であるのも相方‐藤森慎吾

13. 子育てをママだけの孤独な戦いにしてはいけない‐中田敦彦

14. 我に返らなくていい 夢の中で死ね!‐中田敦彦

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス